FC2ブログ
シントラ王宮
    
リスボン  リベイラ市場の フードコートで 各自

自由に ランチを取った後は  シントラ王宮へ
    IMG_5532 - コピー
少なくとも 15世紀初頭から 19世紀後半にかけて

ポルトガル王家が 住み続けています。

ゴシック様式 マヌエル様式 イスラム風建築が 混在しています。

シントラ宮殿の歴史は イスラム教徒が イベリア半島を 支配していた時代から

始まります。  
IMG_5538.jpg

白鳥の間や  紋章の間があります。

IMG_5543.jpg

非常に手の込んだ 箪笥飾り棚が 目を引きます。

ここには 有名な 保存の効く エッグタルトがありましたが

バスを待つ間食べた  元祖 カステラが 非常に おいしかったです。





続きを読む
【2019/02/19 00:00 】 | 旅  趣味 | コメント(2) | トラックバック(0) |
リスボン
         ベレンの塔
     
もう 2月1日   6日目は  首都 リスボン観光です

ポルトガル語で リスボンは  リスボア と いいます。

大西洋を 見張る塔  ベレンの塔です

16世紀に マヌエル1世によって ヴァスコ・ダ・ガマの世界一周の
偉業を記念して 作られた テージョ川の 
出入りを監視する目的の 要塞
マヌエル様式です
IMG_5511.jpg

  発見のモニュメントは  1940年の 国際博覧会の象徴として

  制作された。   エンリケ王子没後500年 記念行事として

  1960年に コンクリートで 再度作成

  エンリケの後ろに  探検家 芸術家 科学者

  地図製作者 宣教師らの像が並んでいます。 


    ジェロニモス修道院
     ジェロニモス修道院   壮大な建物です

     マヌエル様式の 最高傑作
   
     大航海時代の 富をつぎ込んで 制作されました。
    ジェロ二モス修道院
     ジェロニモ洲修道院  ファザード

     ここのおかげで  バターリャ修道院の 一部は  未完成です。

続きを読む
【2019/02/17 00:00 】 | 旅  趣味 | コメント(6) | トラックバック(0) |
オドビス
5日目 1月31日は ジョアン二世の王妃

レオノール・デ・ヴィゼウが 世界最古の 鉱泉治療病院を建てた

「王妃の湯治場」 という意味の  カルダス・ダ・ライーニャへ

陶器の工房  ボルダロ・ピ二ェィロ あります。

朝市  楽しみました。

         
      そして オドビスへ

     
谷間の真珠と言われる 城壁に囲まれた町  オドビス 

片側は 手すりがありません 自己責任です
そろそろ歩きます
    IMG_5482.jpg

教会は どこにもありますね
IMG_5483.jpg

スリルありましたが  歩いてみました。
IMG_5481.jpg
両方に石がある所は  ほっとします。

   IMG_5478.jpg
ここは チョコレートで作った器に ワインを注いで 供します
苺を入れたのは 少し高め でも  お酒をやめた家人も 私も不調法で
ワインより高い  水ばかり 飲んでおります。

続きを読む
【2019/02/15 00:00 】 | 旅  趣味 | コメント(4) | トラックバック(0) |
バターリャ
1月 30日 コインブラのあとは バターリャへ

ポルトガル語で 戦いの意味です。

バターリャ修道院も   素晴らしい建物でした。

IMG_5432 - コピー
石造りです  何世紀にもわたって 作られることが多いので

ゴシック  バロック  マニエルと 様式が 混在しています。
  IMG_5434 - コピー
マヌエル様式  素晴らしい!

手前の 柱は 植民地で取れる  胡椒を モチーフにしています。

左側の柱は  パイナップルでした。
       IMG_5445 - コピー

 僧が 瞑想する回廊 素敵ですね。

   IMG_5446 - コピー
十字の  紋章入り
         IMG_5455.jpg

非常に 凝った マヌエル様式の柱ですが

リスボンに ジェロニモス修道院を作り始めた ジョアン3世は

ここの建設を やめました で、青空天井です。

マヌエル様式
                      IMG_5458.jpg

続きを読む
【2019/02/13 12:00 】 | 旅  趣味 | コメント(8) | トラックバック(0) |
コインブラ
4日目  1月30日は

大学の街 コインブラへ


紋の鉄格子の 白いひらひらは 伝統で 大学生のマントを

噛みちぎったものを  結んでいます!  女学生  やるぅ!

IMG_5408.jpg

ここには 有名な 書籍30万冊収容の  図書館があります。
紙魚(しみ)対策に  紙魚を食べるという 蝙蝠を 放していたそうで
こうもりのふんを きれいにするために 本を持ち出しており
空いた棚もたくさんありました。 残念ながら 館内は 撮影禁止です。
東洋感覚の 棚 台  ここも 金泥細工です。
IMG_5422.jpg
 16世紀 留学生の中には  ベルナルドという日本人がいたそうですが
日本名は 不詳です。
ああ、 はるばる   きつるものかは。
IMG_5423.jpg
続きを読む
【2019/02/12 00:00 】 | 旅  趣味 | コメント(6) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ