計算上は
 本が好きです  借りても  買っても 読みます。

 二週間 20冊 貸してくれる図書館と 12冊 貸してくれる図書館に

 真面目に通えば  計算上は 一か月 64冊

 一年で 700冊 程 借りられる計算です。

 決して 「読める」 計算ではないです  旅行だの 植物だの レース編みだのと

 見る本が 主ですし  借りても 一回も開かない時も

 ありますが  図書館で本を 探す時間は  至福の時です。

 長く続けた趣味は  読書だけに なりました。

 今は   「フェルメールの街」    櫻部 由美子

 を、 読んでいます。

  暮れの 十月桜
 寒空に  華やかに咲く    暮れの 十月桜

 満開でございます

 好きなもので  頻繁にアップ してしまいます。

 淡く 小さな花びらは くる春を おもい 寒さも

 飛んでいくようです。


    暮れの 十月桜



  

  

 




【2017/12/26 00:00 】 | 本 折り紙 美術 | コメント(6) | トラックバック(0) |
のせ猫
博多に観劇にいくと 必ず 大きな本屋を のぞきます。

8月は ジュンク堂   9月は 博多駅の 紀伊国屋

レジに行きかけて ちらっと見えた この本に

捕まってしまいましたにゃ。
     

続きを読む
【2017/09/12 00:00 】 | 本 折り紙 美術 | コメント(2) | トラックバック(0) |
奇跡の青
福岡市美術館で 奇跡の青と言われる

国宝  窯変天目茶碗

を、見てきました。 見たいと思ったら どうしても 見たくて。

   
  窯変天目茶碗は 天下三椀 日本に 三個しかありません。

  (この地球に 三椀しか存在しないといわれてる)

  このお茶碗を 所有する 大阪の 藤田美術館

  京都 大徳寺 龍光院

  そして 東京 静嘉堂文庫美術館 です。

  家康が愛し 水戸・徳川家に譲った 天下の名椀

  今回 四方から 見えるようになっておりますので めったにない機会と思います。

  もう一度 行ってみたい! 

  斑紋の周りの オーロラのような 青い虹彩

  LEDの光のような 水色? 紺?  群青色?

  そして輝く すごく美しい 銀色の覆輪

  小紋の目には すこし 右に傾いているように思いましたが

   掌に乗る ちいさめの茶碗に 宇宙が入っている。

   小さい欠けは 漆で塗っています。 

  側面にも 窯変が表れております  立ってみて 座ってみて

  なかなか 離れられませんでした。

                         IMG_1883.jpg

【2015/10/31 00:00 】 | 本 折り紙 美術 | コメント(6) | トラックバック(0) |
九博
螺鈿紫檀五絃琵琶 (らでん したんの ごげん びわ)  と、読みます。

福岡県 太宰府市の 太宰府天満宮の奥にある 九州国立博物館に

九博 開館 10周年記念展 「美の国 日本」 を 見に行ってきました。

正倉院展には 入ったことがないので 正倉院御物の本物を見るのは

初めてです。

この琵琶は 「 正倉院宝物の トップスターが来るよ!」と カタログに あります。

正面は ラクダに乗った人  背面は 一面の華麗な 花々の 螺鈿細工

包んだ 精緻な織のすばらしい布も 展示されています。

どんな人が どうやって 海を越えて 運んできたのでしょうか。

シルクロードのはるか向こうから 来たものでしょうか? 

京都 神護寺 「釈迦如来像」 も 見たかった 截金(きりがね)の 技法を

使っております。

遮光器土偶の 圧倒される 力強さ でかさ 面白さ

火焔型土器の 二重になった 上のほうの縁の 造形美

東大寺最高に 命を懸けた 重源(ちょうげん)上人座像 運慶作か?の 

リアルさ     技あり 日本!  です。

  太宰府天満宮の宮司さんの尽力あって 建てられた 九州国立博物館外観
【2015/10/27 00:02 】 | 本 折り紙 美術 | コメント(6) | トラックバック(0) |
一昨年 草刈り機で きれいに刈った人がいて 昨年は咲かなかった

ヒマラヤ雪ノ下ですが 年末から きれいな花を 付けています。

まだ 花首が短いですが この後の成長が 楽しみです。

地元の図書館は 二週間に 二人で 十二冊

遠くの図書館は 二週間に一人 二十冊 貸してくれます。

計算上は 一か月 何冊 借りられますでしょうか ! 

読まないでも 置く本や  積む本 パラパラとめくる本が

たくさんあると この上なくうれしい 小紋です。

近頃のお気に入りは  「極上の世界旅行」

「ワインのおつまみ」  「お寺の奥さんがつくるおかず」

「世界の美しい書店」  「みんなの手作りステテコ」・・・・・まちまちやね

知らない世界へ 知らない時代へ 知らない場所へ 誘ってくれる 

極上のアイテム 

短い期間ですが 図書クラブにも在籍したことのある小紋

本を読む時  至福の時です。
2015-01-12 001 002 (427x640)
【2015/01/13 00:00 】 | 本 折り紙 美術 | コメント(6) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ