FC2ブログ
氷室神社
                 孫息子の 撮った写真です
 氷室神社

フェルメールを 見ての帰り 京都の醍醐の桜を見ようと 


天王寺から  特急 はるかに乗る。

京都地下鉄駅で 待っていると  あら 奈良行きの急行が入ったので

気が変わって  呼ばれるように そちらに乗車 

JR奈良駅構内で ビチェリンを ゆっくり いただいた後  

歩いて 東大寺に向かうが 途中 氷室神社で

この豪華な 枝垂れ桜に会い  この人が呼んだのだと 気づく?

もう一本の  若い 濃い枝垂れも みものです。

今の居場所を  娘に知らせると

孫息子が 一人で 奈良公園に向かっているというので

連絡を取って  二人で そぞろ歩きの 素敵な 時間をもちました。



 
【2019/04/09 00:00 】 | 旅  趣味 | コメント(4) | トラックバック(0) |
門司港
    IMG_5772.jpg
   3月15日  長い間かかって  リニュウアルした   門司港駅
IMG_5774.jpg
黒川 紀章デザインのタワーマンション  31階からみる港
    IMG_5776.jpg
 生演奏が あっていて  素敵な時間をすごしました
 
 関門海峡を 眺めながらの ティータイム この空間が好きです。




【2019/04/04 00:00 】 | 旅  趣味 | コメント(4) | トラックバック(0) |
小倉城
   
孫が 来ると 近場の観光に出かけます

北九州市 小倉の 松本清張記念館の中から  小倉城の石垣と桜を

風が強く 花冷えの日でしたが  花見客が 多いこと!
      IMG_5761.jpg
     IMG_5765.jpg
       リニューアルして  新装なった  小倉城

       1607年  慶長7年  細川 忠興が 築城

       のち 小笠原家が入り 維新まで
           IMG_5766.jpg
   小倉の  水環境館    画面の水は 川
   地下にあって  紫川の中が  見えるようになっています





【2019/04/02 00:00 】 | 旅  趣味 | コメント(8) | トラックバック(0) |
伊良原学園
     
     IMG_5661.jpg
ダム建設のため 福岡県最古の木造校舎と言われた学校を

移転新築の  伊良原学園

設計は 有名な 建築家 安藤忠雄氏   小学校・中学校

このあたりの木を なるべく使った建物です。 

(強度のために 鉄骨を使っていますが)

    IMG_5682.jpg
大庄屋 永沼家住宅

江戸時代後期 天保10年  桁行10間(約20メートル)

梁間五間半(約11メートル)  入母屋造り茅葺 直屋(平面が長方形となる家屋構造)

簡素で整った意匠から 国の重要文化財に指定されている

家普請の記録 「家建諸ひかえ帳」があり 貴重な資料です。


    IMG_5664 - コピー
夏は キャンプで 賑わう    蛇淵(じゃぶち)の滝も ちょい見学
    IMG_5671.jpg
昼食は  お食事処  「隠国(こもりく)の食」  にて

手前は イノシシのベーコン  奥は イノシシと鹿のハム

野菜の煮物に 白和え 酢味噌 ごはんにおつゆに漬物

お蕎麦もついて  里芋の羊羹・コーヒーも 付き  

とても 多かったけれど 食べちゃいました・・・

3500円の ツアー代金に 2000円のお料理 いいのかな・・・・
【2019/03/17 00:00 】 | 旅  趣味 | コメント(6) | トラックバック(0) |
ダムカード
      

旅行社の 8人乗り マイクロバスツァーで

福岡県京都郡(みやこぐん)  伊良原(いらはら)ダムを 見に行きました。


1974年委に 事業に着手  竣工時期が 二度にわたり変更

2017年になりました。

水没戸数 86戸  水没総面積 141ヘクタール
      IMG_5648.jpg
ダムカードの事は どこかで読んだことがありましたが

今回 もらって 福岡県は 17のダムの管理をしていることがわかり

ひとつずつ 訪れたいと 話しました  命の水の管理ですもの。

ダムツアーを したら 参加すると お願いしてみました。

      IMG_5658.jpg
門司から 自転車で 二時間で来たという イギリス人と

行橋の サイクリスト。  

写真撮っても 載せてもいいと いわれました。

      IMG_5690.jpg
                          ダムカードです




【2019/03/15 00:00 】 | 旅  趣味 | コメント(6) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ