FC2ブログ
洲本城
   
渦潮見物で 目が回って?  早く 宿に入りたい 一行ですが

孫が どうしても行きたいという  洲本城を 目指します。

あっちこっち 走りましたが  結局は ホテル ニューアワジ から 

すぐの場所でした。

予想をはるかに超える 立派な 石垣 縄張りで びっくりしました。
     IMG_5070.jpg
石垣に興味のある人には  たまらない すごい所ですよ。

     IMG_5081.jpg
 苔むして 落ちそうな石も  注意して歩きましょう。
 
     IMG_5092.jpg

                      濃淡の紅葉と 山茶花   



【2018/12/01 00:00 】 | 旅  趣味 | コメント(8) | トラックバック(0) |
渦潮
   
 淡路島の 花さじき には 来たことがあるのですが

 渦潮を見るのは  初めてです。

 橋の 手前が 淡路島   向こうが徳島県です。 
   IMG_5050.jpg

 飲み込まれそうに立派な  渦潮  

 小さめの船  ヘリオス号に 乗ったので  迫力満点です。

IMG_5040.jpg

 手前が 瀬戸内海  向こうは 太平洋

 太平洋は満潮  瀬戸内海は干潮 と聞きました 

 鳴門海峡に 1,3メートルの落差ができて 大小無数の

 渦が 発生します。

 油を流したような海と 渦巻く海

 境目があるので  よくわかりますが  すごく不思議です。
IMG_5049.jpg

【2018/11/29 00:00 】 | 旅  趣味 | コメント(6) | トラックバック(0) |
有馬の紅葉
    

娘の 舅 姑 娘一家に 小紋が 加わって 

総勢7人の旅に ご招待を受け  行ってきました。

有馬川にかかる赤い橋で ねねさんんも 紅葉を めでておいででしたよ。

    IMG_4997.jpg

   一泊目は  有馬温泉です 有馬温泉といえば 炭酸せんべい

   連休 晴天で たいそうな人出 そぞろ歩くというか 

   人を かき分けて あるくというか   お昼ご飯の場所も 行列で 

   なかなか 決まりませんでした。

 
   IMG_5008.jpg

  24日夕食は 美味しい神戸牛のすき焼きを 満喫

  二日目  残念ながら  仕事のある婿殿とは  新神戸駅で別れ

  淡路島に 向かいます。 
   IMG_5010.jpg
  明石海峡大橋です

  淡路サービスエリアは  大きなエリアで 観覧車もあります。

  しっかり乗ってきました。

  ここから見る橋  素晴らしいです。

  

【2018/11/27 00:00 】 | 旅  趣味 | コメント(6) | トラックバック(0) |
松尾寺


猛暑で 運動会を 11月に 伸ばした 孫の小学校ですが

初めの予定の 9月29日当日は  参観日に変更ということで 台風前の 

雨の  びしょびしょ降る日  学校に 参観に ついて行ってきました。

1日は 台風も落ち着いて 九州に帰る日ですが  午前中  

奈良は 大和郡山市の 

松尾寺に  お参りしました。

最古の 厄除け霊場として  地元でも 有名です。

婿も 厄年のお参りを。  ここは一度お祓いを受けると

一年間何回行っても よいのだとか。    

   IMG_4750.jpg
 石段が あるので どうかなと思いましたが 大丈夫
 
 息切れしないで 登れました。

   IMG_4751.jpg

これから  まだ上ったところに  松尾神社があります。


【2018/10/04 00:00 】 | 旅  趣味 | コメント(8) | トラックバック(0) |
地獄めぐり

 結果的に 最高に暑い日になった 26日 

 大分温泉県は  別府の 地獄めぐりに 行ってしまいました!

 海地獄 鬼石坊主地獄 かまど地獄 鬼山地獄 白池地獄 

 血の池地獄  竜巻地獄などがあります。

 これは 鉄分を含む 血の池地獄です。

IMG_4494.jpg

 竜巻地獄とは 間欠泉です。  一定の間隔で 熱湯と噴気を 噴出

 世界の 間欠泉の中でも 休止時間が短いのです。


IMG_4496.jpg

 昔は あったっけ  かまど地獄
IMG_4497.jpg

 ここも かまど地獄  とにかく暑いですから ここで食べた 

 ソフトクリームが 最高の ご馳走でした。

 クールダウンできました。

 地獄蒸しの卵  サイダー  ソフトクリーム  石垣団子

 観光客と 売り子の間に  韓国語が 飛びかうのです。

続きを読む
【2018/07/28 00:00 】 | 旅  趣味 | コメント(6) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ