FC2ブログ
パパ
 男の人の多い店には、女の客が、多く、女の人の、店には、男の客が、集うように、おもわれる。

 老若男女誰でもきてくれるのが、一番だが!

 私が、よく行く店は、洋服一般なので、女性客が、おおいが、下着を、かいにきた、おじいさんに、あった。

 あれじゃない、これじゃないと、気の短い店主は、いらいらしていると、みたが、用のすんだ私が、これから銀行に行くというと、誰の給料?ときかれた。

 よせばいいのに、パパよ!と、ふざけたら、じいさん、のたもうた。

 おりゃ、いままで、ぱぱとよばれたことがねえ。

 なりゆきで、そうよんであげたが、目を、ぱちくりしておった。

 一人ぐらしかな、下着を、かいにくるので。
 
 など、おもいながら、としをへて、杖が要り、回りに人もいなくなったとき、パパどころか、よんでも、答える人がいなくなったとき、どういきるか。

 パパ爺さんの、おかげで、またひとつ、いまからの、課題出現。

 シャッターの、おりた商店街が、ニュースになるが、ひまを、つぶしたり、うわさ、経験、役に立つことなど、いろいろな、情報もふくめて、基地となる店が、なくなってるんだなと、おもいました。

 

  
【2006/01/29 07:49 】 | 裂織り | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム |