FC2ブログ
土筆
 春の、訪れを、かんじさせるかわいい、つくし。

 田の、あぜや、道の、端を、ビニール袋持って、移動する

 人がいたら、それは、土筆摘み。

 
 ここも、道路拡張中で、電信柱の下、田の、畦と、コンクリートに、

 変身して、土筆の、姿は、消えた。

 かろうじて、舗装してない、重機置場に、ありました。

 30本摘んだ、摘んだ。

 今年も、春がきた!

 あとは、線路の、道と、少しおくに、はいったやはり、田のあぜ道。

 楽しみに、探しましょう。

 幼いころの、体験は、いつまでも鮮明で、売るほどとった土筆、

 親は、はかまを、とってくれたのだろうか。

 7月たずねた、故里は、やはりコンクリで、かためられていたように

 おもう。

 川の、ほとりも、のぞこう。

 いつまでも、この土筆が、顔を、のぞかせる大地でありますよう。

 

 
【2006/03/11 16:39 】 | 裂織り | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム |