FC2ブログ
浅草
  あれは、仲見世の、どのあたりだったか。

  迷い子みちしるべ石の、大きな石が、あった。浅草仁王門前、とか

 仲見世前とか、かいてあるが。

  江戸の元号だったようなきがする。遊びに来て、はぐれ、

 あるいは、さらわれ、気もくるわんばかりに、声張り上げて、子の

 名をよぶ母の声が、聞こえる。

  石には、探す方と、預かっているほうの、面があり、名前や、

 特徴を、書いた紙を、はるのだろう。

  みつかればいいが、何度石の前に立っても、みつからぬ時はー


  デパートや、行楽地でも迷う。

  勝手に、食料品売り場にいった、母を、どれだけさがしたことか。

  家で、順番を待ちきれず、ポン菓子屋の、前に座り込みにいった

 息子を、さがしまわったこともある。


  ましてや、30年。


  
  
  
【2006/04/29 09:34 】 | 裂織り | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |