FC2ブログ
使い切る
魚柄仁之助の楽膳のすゝめ―安い、早い、簡単、うまい、そして体にいい-めしの極意 魚柄仁之助の楽膳のすゝめ―安い、早い、簡単、うまい、そして体にいい-めしの極意
魚柄 仁之助 (1997/06)
マキノ出版
この商品の詳細を見る


  買ったもの、いただいたもの、食材を、余すことなく、使って
 
 いるかというと、そうではない。

  あきたり、腐らせたり、多くつくりすぎたり、お恥ずかしい

 かぎりです。

  丁寧に、もったいないを唱えながら、全部つかいきるように

 改めて、決心した次第です。

  乾物も、在庫を確認。早速椎茸を、もどし、若芽の汁を作り、

 昆布は煮物の出しに。

  粉はだめでした。

  缶詰もチェック、白桃は寒天でかため、蟹はコロッケに。

  小人数だと、袋を開けて、とっているうちにだめになります。

 新しいうちに、貪欲にたべあげてしまわなければ。

  魚柄さんは、材料を活かし、使いきり、安く、丁寧に美味しく

 つくります。

  時々、読み返して、慌てて食材の点検をする本です。

  
  貰った、いぼのように小さい馬鈴薯も、肉じゃがになりました。

  

  
【2006/07/03 20:14 】 | 家事 | コメント(4) | トラックバック(0) |
| ホーム |