FC2ブログ
わすれもの
おすず―信太郎人情始末帖 おすず―信太郎人情始末帖
杉本 章子 (2003/09)
文藝春秋
この商品の詳細を見る


 先日載せました「狐釣り」の1巻目です。信太郎が許嫁を捨て、

勘当されたいきさつから、かかれています。

 とてもとても面白いのに、座席から立ち上がるとき、すべったのか、

いねむりしたのか、かえったらありませんでした!

 執着がないといったら、本と、財布に失礼です。

 至福の思いで、本屋で受け取った、本の重みなのに。

 年のせいにして、2巻目にとりかかります。

 
 幸田 文さんの、「あとみよそわか」おもいだします。

 次の動作に移る前、そう唱えて、遺漏がないか、確認すると

いうことでしたでしょうか。

  
【2006/08/07 05:40 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(6) | トラックバック(0) |
| ホーム |