国 (こくどう) 銅 (上)
国銅〈上〉 国銅〈上〉
帚木 蓬生 (2006/02)
新潮社
この商品の詳細を見る

 奈良の孫のところにいくと、必ず東大寺にいく。

 二月は二月堂をみたので、今回は本殿を。

 大仏さまに向かって左に、すごく急な木の階段のようなものがあり、

何に使うのかと疑問に思った。


 図書館で前に見ていたが、あまりに厚いので、手にとらなかった

この本ですが、表紙の大仏をみて、借りました。

 
 主人公の国人が、大仏つくりのために都にのぼり、大仏を作る

苦難の物語です。

 ぼろを着て、一椀の粥に飢えをしのぎ、舟に酔いながら、平城京まで

つれていかれる。

 
 あの広大な東大寺の参道。鹿と紅葉の道は、人足たちが、土を運び、

大木を運び、銅をとかし、作り上げた道のあとに出来た汗と涙の道

なのだ。

 春日大社へのうっそうとした道もまた、国人のような、つれてこられ

た、人々の力の結晶かもしれないのです。


 大きな木は、山ほどあったでしょうが、伐るのも運ぶのも、大人数

で、大変な労苦と、危険のもとに、なしとげられた偉業です。


 大きければ、大きいほどその成り立ちの苦労がおもわれ、有難さと

どうやってなりたったのかを、しりたいおばばです。


 木の階段は、落慶式に、でてくるようです。

 


 
【2006/11/30 13:33 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(4) | トラックバック(0) |
江戸の暗黒街
江戸の暗黒街 江戸の暗黒街
池波 正太郎 (2006/02)
角川書店
この商品の詳細を見る


 池波正太郎氏の、

 梅安、鬼平、小兵衛、以外の本にとりかかりました。

 昔よんだ記憶のあるもの、ないもの、喜んで読んでいます。


 昨日の雲ながれゆくは、登場人物がよく買い物する、飴の笹屋の

ことですし、ここでは、羽沢の嘉兵衛などが、出てきます。

街の名前、東海道の名前が出れば、そこを歩いているような気に

なります。

 本当に面白い。



 今日は、働いて、働いて、働きぬいた近所のおばちゃんの、

お葬式です。通夜は雨、今あがっているようです。

【2006/11/27 06:31 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(2) | トラックバック(0) |
雲ながれゆく
雲ながれゆく 雲ながれゆく
池波 正太郎 (2006/02)
文藝春秋
この商品の詳細を見る


 4ヶ月の孫は、ぷぷぷと、唇で音をたてるのが、面白く一日中

やってる。いわゆるマイ・ブームらしいが、上手ねと手をたたき

つづけるのも、疲れる。

 が、うれしい成長でした。首もすわり、色白の小型朝青龍ですな。

少しでもおしっこがついたら、泣くのでわかりますが、

自分の興が乗った時は、しらせません。

 
 新しく来た人を、観察し、害がないとしるや、愛嬌ふりまく。

 小さい人の、安全へのなみなみならぬ感を知るおもいです。


 自分の子のときは、忙しく、どうだったかなと、おもうくらいです。


 順調にいくとこのみ、祈ります。



 お歌が、主人亡き後、忙しさに翻弄されつつ、自分の子を持ち、

やがて、笹屋を継ぐまでの物語。
【2006/11/26 08:18 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(4) | トラックバック(0) |
ないしょないしょ
ないしょないしょ―剣客商売番外編 ないしょないしょ―剣客商売番外編
池波 正太郎 (2003/05)
新潮社
この商品の詳細を見る


 主人公はお福という女だが、剣客商売番外編ゆえ、秋山小兵衛が

登場する。

 お福のあだ討ちの、てだすけをするわけです。

 
 新幹線にのりましたので、読書が出来るわけです。

 往復だいぶ読めました。

 うれしいたびでした。
【2006/11/25 19:11 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(2) | トラックバック(0) |
金時人参
 小さい時に味覚は、発達するといいますが、金時人参、水菜、

ちしゃ等の素材もまた、うつくしい色とともに、脳裏にやきついている

ようです。


 この人参をみると、買わずにはいられませんようで。

 病院回りで疲れて、あまりたべたくなかった昨夕、白い大根と、

真っ赤な人参を薄くきり、昆布とともにさっと煮てみました。

 おかわりしちゃった。


 感染症も全快して、元気になった孫の、いけなかった見舞いに

出かけることになりました。

 二、三日ですがちょっと、お留守させていただきます。

 風邪、インフルエンザ、その他もろもろ、なにとぞお気をつけ

くださいませ。

 わたしも、階段,人ごみきをつけます。


 
【2006/11/22 04:54 】 | 食べ物 好きなもの | コメント(6) | トラックバック(0) |
剣客商売 暗殺者
暗殺者―剣客商売 暗殺者―剣客商売
池波 正太郎 (1996/09)
新潮社
この商品の詳細を見る


 たまたま聞いた「・・秋山 大治郎を斬る・・」という言葉に

小兵衛が苦悩する。

 力になりたいが、一人前の男としてたっている息子に肩入れしても

いいものかどうか、小兵衛さん悩むのであります。

 
 どちらかというと、獅子の如く、谷底に蹴落とすがごとく育てた

息子である。

 が、しかし親として、陰になり日向になって見つめるありがたい

姿もまた随所にみせるのであります。


 親はどうあるべきか、また子はどう成長し、離ていけばいいのかを、

学ぶことができるのも、このシリーズの大きな魅力のひとつなので

あります。

 
【2006/11/21 06:53 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(0) | トラックバック(0) |
デイ・アフター・トゥモロー
デイ・アフター・トゥモロー [ベストヒット50] デイ・アフター・トゥモロー [ベストヒット50]
デニス・クエイド (2006/08/04)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


 昨夜の日曜洋画劇場40周年特別企画の映画です。

 ごらんになりましたか。

 
 北海道で2回。沖縄でも竜巻が起こりました。

 温暖化によるのか?何なのか?

 恐ろしい瞬間の出来事で、どこにでも起こりうるとか。

 一瞬にして、命を、家を、財産を取られてたまるものかと思う

ものの、防ぎようのない事をどうすればよいのか。


 映画は、突然の大寒波で大水がでます。予報官?科学者?の父親の

子供を思う筋立てで、火山の爆発、「ディープ・インパクト」などの

部類の映画ですが、とても絵空事とはおもえなかったです。


 いつも万が一の備えをためされるわけですが、いつかあることと

いつも思えないことに弱さというか、難しさを感じます。

 
【2006/11/20 17:36 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(2) | トラックバック(0) |
いものてんぷら
 少人数になってから、天ぷらをめったにしなくなった。

 揚げる手間を考えると、ついたくさん作って余すからでしょうか。


 一度にたくさん食べられない母親を連れて行くときは、たいてい

うどん屋になる。ミニうどんという、女性・お子様用も、やっと

たべるからです。

 

 新製品がでてました。紅さつまいもの天ぷらです。

 単品で頼めるので注文したところ、一番最後に出来上がりました。

 あつさ1センチはありそうな、ほくほくの揚げたてが二枚。

 実においしかったです。分けて食べました。


 
 福岡名物は、厚めに斜めのささがき?に切った牛蒡を天ぷらにした、

ごぼ天うどんです。拍子木に切って揚げたところもある。


 土曜日はサービスデイなので、お得です。ここのカードは、毎回

10%引いてくれます。

 
 父が生きている頃、杖であがりにくく、車椅子のあがる

スロープにしてと、意見の紙をだしたことがありましたが、今年

実現いたしました。母親に間に合いました。

 まいど。

【2006/11/19 08:42 】 | 食べ物 好きなもの | コメント(6) | トラックバック(0) |
海老
 地の海老、カニの季節が来た。

 雑魚海老っていうのかな、ざっこえびといってますが、細く小さい

のです。てんぷらにと買ったけど、酒でさっと煎って、

あたまをはずし、好みで皮ごと。

 残りは、かき揚げか、煮るか。


 
 12~13センチくらいの海老も、皮をむいて、刺身のようにして

食べてみた。

 海老フライにとおもったが、しゃぶしゃぶにして、さっとくぐ

らせるといいだろう。

 おおきさが、車海老くらいだから、いまからいくつか買って

冷凍しておけば、正月用にもなる。

 吸い物も、赤がきれい。

 

 ここの渡りがにも、今からおおきく、おいしくなる。

 竹崎にいかなくともいいのです?

 シャトー飯店の上海蟹にも負けないとおもいます。あれは、完全に

冷めていたので、茹でたてを食べられる家が一番なのかもしれません。

 上海にいけば、あつあつがでるのかな。


 寒くなるいまから、食べ物がさえる、おいしくなる。

 さくっと包丁の入る大根も、昆布と煮たら、おかわりして

食べちゃいました。

 ごちそうさまでした。


 



 



 



 


 
【2006/11/18 07:24 】 | 食べ物 好きなもの | コメント(4) | トラックバック(0) |
剣客商売 3 陽炎の男
陽炎の男 陽炎の男
池波 正太郎 (2002/10)
新潮社
この商品の詳細を見る


 アマゾンでひいた写真は、三冬が、風呂場で襲われる場面だが、

よんでいるのは、小兵衛を乗せたおはるが船を操る絵なんです。

 同じ文庫でも出たときによって、カバー絵がちがうのであれば、

これもまた、楽しみなとこであります。


 「赤い富士」という編では、珍しく掛け軸に執着する小兵衛が。

 2巻で、放火され新居を建てているさなかの、出来事です。

 実に面白い。



  火曜日に裂織りで、山織り、谷織りを、習いました。

 ただ織るのではなく、絵のように山や、谷を作り、埋めていく技法

 です。

  絵織りといいますか、布で絵がかけるようで、アイデアいっぱい、

 手はなかなかといった所です。

  富士山ならぬ、きった草の山くらいの山を織ることができました。


 
    いつか作ろう  「山下白雨」


    好きなんです  北斎の富嶽百景

 
【2006/11/17 06:07 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(0) | トラックバック(0) |
牛乳を温める
  大失敗しました。

  何も考えずにコーヒーカップに牛乳を入れ、電子レンジで、

 温めたのはいいんですが、花模様の飾りに金がつかってありました。

  レンジには金のついたものを使うなとありますが、どうなるかは、

 知りませんでした。

  

  熱ーくなるんです。チーンとなるまで熱くせず、温める程度で、

 扉を開けたつもりなんですが、取っ手をつかんだ左手(ぎっちょ)

 の熱いこと、熱いこと。


  今も氷で冷やしております。

  場所がないということで、電子レンジを置いてない友人の顔が、

 目に浮かびます。

  友よ  あんたは  えらい !!!


  皆様

  どうぞ しっかり目を開けて レンジ使ってくださいませ。

  お願い いたします。

  
【2006/11/16 08:57 】 | 家事 | コメント(8) | トラックバック(0) |
剣客商売 隠れ蓑
剣客商売〈7〉隠れ蓑 剣客商売〈7〉隠れ蓑
池波 正太郎 (2002/12)
新潮社
この商品の詳細を見る

  七冊目の剣客商売です。

  隠れ蓑とは、(それを着ると、からだがみえなくなるという蓑。

      本心・本質を見破られないようにするための手段の

      意にも用いられる。)という意味なんですが、

  木の名前でもあります。常緑の喬木で、淡黄色の小さな花を

 つけるとある。このまえ、ブログで大きくでておりましたので、

 うれしかったです。


  敵と付け狙われている人が、病み衰えた討つ人の世話をする

 というのが、「隠れ蓑」の話です。


  どこにいったかわからない敵を探して、歩きまわり、討つまでは、

 藩に、家にかえれないという残酷な敵うちです。

  忠臣蔵をはじめとして、かずかずの敵討ちの話があります。

  剣客商売にもたくさんの、敵討ち話がでてきます。



  現代の敵討ちは?

  

  
【2006/11/15 15:21 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(2) | トラックバック(0) |
本のお口よごしですが
本のお口よごしですが 本のお口よごしですが
出久根 達郎 (1994/07)
講談社
この商品の詳細を見る


  西新の西沢は、手芸品や、布を置いてあり、つい買いこんで

 しまう。

  最近は、つむいだ毛糸で、マフラーを織るのが楽しい。

  紫系がきにいっているのだが、今回はいい色の、黄緑、淡い緑と、

 黄色のぼかしを、求めた。

  裂き織りとはまたちがって、いろいろな色で遊べるので面白い

 物である。


  

  出久根さんのほんを、久しぶりに読み直す。

  「宝の紙片」というところにポストイットがはってある。

  何回よんでも、胸がせまる。

  この本は、Nさんにもらったようなきがするが、もうわすれた。

  学校に行きたくても行けなかった、集団就職の氏は、古本屋で、

 小僧からたたきあげ、直木賞作家となる。


  受賞パーティで、店であつかった本の作者がいるいると、

 感激されたテレビ番組をみてからのファンである。

 自分もその一人になられたのに。



  今、学校にいけるのに、問題ばかりおこり、そして死人がでる。

  何年かすれば、孫も学校に行く。

  小さいころから、自分の問題として、よくかんがえないと

 いけないだろう。

  
  ひとりひとりが、自分たちの問題として、考えないといけない

 だろう。

  

  
【2006/11/13 17:14 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(0) | トラックバック(0) |
おれの足音  大石内蔵助 (上 下)
おれの足音―大石内蔵助 (上) おれの足音―大石内蔵助 (上)
池波 正太郎 (1977/12)
文芸春秋
この商品の詳細を見る


 あっという間に11月も10日。

 すぐに12月。14日が来る。赤穂浪士討ち入りの日です。

 数えきれないほどの本がでていることでしょうが、やはり

池波正太郎の内蔵助を。

 筋を、辛抱強く通し、待って待って、まったあげくの挙行。

 何回見ても、聞いても面白いのは、やはり史実にもとずいて

いるからでしょうか。

 
【2006/11/11 07:32 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(6) | トラックバック(0) |
たまには車で
 そろそろ、社宅のいらないものを、はこばないといけないので、

車で博多に。

 北九州空港ができてからは、北九州JCから、高速にのりいれ

できるようになって、とても便利になりました。

 おまけに、あまり車が通りませんから、楽なのです。

 今頃の暖かさで、紅葉はまだまだ。何本か、朱がみえる位でした。

 今の季節は、いつも車を使い、紅葉見物と、しゃれますが、残念。


 向こうでつかったものは、おおよそ処分してくれば、引越しの

わずらわしさ、いらないものを、あちこちがないのでしょうが、

やはり愛着があるようで、もちかえってから処分するかどうか、

かんがえるそうです。先にしてくだされ。


 それにしても、いかにおおくのものがつまっているか。

 感心します。

 剣客商売や、鬼平で、小さい葛篭ひとつなんてかいてあるのが、

うらやましい。自分の、材料と称すもの、いっぱいの癖に、夫の

荷物だけ処分なんていけませんね。



  はい、12月は自分のものを、仕分けして、大掃除いたします。


 
 



  


  

【2006/11/10 16:00 】 | 乗り物 | コメント(2) | トラックバック(0) |
剣客商売 何冊?
 1--剣客商売  2--辻斬り   3--陽炎の男

 4--天 魔   5--白い鬼   6--新  妻

 7ーー隠れ蓑   8--狂 乱   9ーー待ち伏せ

 10--春の嵐  11--勝負  12--十番斬り

 13--波 紋  14--暗殺者 15--二十番斬り

 16--浮 沈

 黒  白(上下)--剣客商売 番外編ーー

 ないしょ ないしょーー剣客商売 番外編ーー


 と、16冊目の浮沈の裏  

 新潮文庫池波正太郎の本  というお知らせにでています。

 何回よんでんも、どこからよんでも面白く、時をわすれます。


 まだまだ、でていてほしいのです。

 17、18があったら、お教えくださいませ。


 あれあれ、剣客商売 包丁ごよみ  も、ありましたぞ。

 
【2006/11/09 08:47 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(2) | トラックバック(0) |
こたつ
  一気に冬が来た。

  天気予報で温度が下がる、天気が悪いといわれても、この日曜の

 夏のような天気からしたら、わるいといわれても、すぐ反応

 できませんでした。


  退院から二週間目の検診に、付き添いで、小倉までいきましたが

 寒い寒い。

  季節でいえば、今は晩秋?冬?ってかんじです。

  傷のなおり具合もよく、採血(一時間待ち)だけで終了。

  二週間後の予約をして、うどんやに飛び込みました。


  
  午後、何でも屋で、コタツ購入、組み立て、二台。

  おなじものを、実家と、家に。

  75x75センチの小さく、しっかりした足のこたつで、冬支度

 できました。


  九州場所のときは、つららのさがった時もあったとか。

  温暖化で、季節がくるいはじめてるいま、本来の姿にもどった

 時、感覚が麻痺しているおばばは、あたふたするのであります。

 

  

 
【2006/11/08 06:58 】 | 天候 気候 | コメント(10) | トラックバック(0) |
スリーメン&ベビー
スリーメン&ベビー スリーメン&ベビー
トム・セレック (2003/01/17)
ブエナビスタ・ホームエンターテイメント
この商品の詳細を見る


 フランスの映画のアメリカ版で、3人の優雅な独身男が、

かかわった?女に赤ん坊を、置き去りにされる。


 どうしていいかわからず、呪いながら、へましながら、なんとか

あかちゃんの面倒をみていくのです。


 3人のうちの一人が、ポリス・アカデミーで主演の、

スティーブ・グッティンバーグです。


 てんやわんやで、どうにかあかちゃんの世話をし、最後に

かわいさのあまり、あかちゃんを、とりかえしにいくところは、

ほろりといたします。

 


 
【2006/11/07 14:03 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(0) | トラックバック(0) |
 剣客商売 (十人斬り )  白い猫
十番斬り 十番斬り
池波 正太郎 (2003/01)
新潮社
この商品の詳細を見る


 珍しく目がさえてきて、眠れない。

 

 猫好きなので、猫のブログをみているうちに、この本に出てくる

かわいい白い猫のことを、思い出した。

 おとなしい真っ白の猫を助けたために、果し合いの時間に遅れる

小兵衛。

 12巻目の、一話である。

 池波先生は、大の猫好きで、やさしい猫や、凄い猫、赤猫が

出てくる。

 
 実家の近くに猫を飼っているところがあり、今日も子猫を連れた

のが、うろうろしてた。
 
 また、たぬきのような顔で、ひそかにたぬきとよんでいるやつや、

要領よく、役場まででかけて愛嬌ふりまくのもいて、いつかは、

から揚げまでかってやった。


 畑を掘るため、結構うるさいこのごろ、家で猫を飼うのが

夢ですー。


 

 

 
【2006/11/05 03:03 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(6) | トラックバック(0) |
お土産
  Mに、10月に電話したとき、明日からフランスにいくと

 いってた。

  16年ご主人退職の年に言った道を、再び歩きたいと。

 イギリスでのテロのこともあり、行き先変更したらしい。

  
  ルーブルの絵葉書、ハーブティやコーヒーを見ながら気がついた。

  うちの退職旅行の予定は?


  
  母の手術、孫の病気で、てんやわんや。

  孫は、落ち着いたらしいから、見舞いにもいかなくては。

  

  取り寄せたパンフレットはどこだ?

  荷物を運ぶ日が大体決まった今、あとはその予定だが、今のところ

 無理だし、来年かな。


  8日の、日米野球取れれば行き、九州場所をみて、ゆっくり計画

 しましょう。


  チョコレートは苦手なので、一歳になる二番目の孫への荷物に

 いれさせてもらい、今日宅配便屋さんに、もっていきます。


  いれるものを整え、箱を決め、詰めてゆく。

  至福のときといってもいいでしょう。

  ゆうことを聞かない5さいの孫は、宅急便で送り返すぞ!

 と、父親にいわれたら、ピタッと黙った時期がありました。

  おどすのもどうかと、おもってみていたが、息子の子、

 息子の子。

  おばばの出る幕ではありません。


 

  


  

  

  

  
【2006/11/04 09:23 】 | これから 健康  散歩 | コメント(0) | トラックバック(0) |
えそ
  えそのミンチがあったので買った。

  私の好物です。お吸い物にする。まるめて揚げて、煮付けると

 おいしいです。

  ほねばかりのような魚で、自分でやると骨を折りますから

 出来上がりを、買ったほうが無難です。

  それでも新しいときは、煮付けたり、うすくそいで刺身に

 しますが、骨がねえ。


  地魚として一山なんぼで、うられている時もある。

  かまぼこのざいりょうとしては、最高とか。

  ハンバーグのように焼いても。

  漁師町ともいえるこの周防灘の小さい町は、宇佐につうずる

 町として、昔は繁栄していたと、お寺のお坊様が話していた。


  

  魚屋が、スーパーにかわり、パックされた魚を買うことが多い

 いまも、

  白いとろ箱だが、

  えそを、かにを、しゅすをザアーと、水かけて、はいなんぼと

 いわれたら、人数も考えず、買った!

 といってしまう、あほな、おばばです。



  だって、ぴちぴちの魚だよ。

  

  




  
【2006/11/03 08:33 】 | 食べ物 好きなもの | コメント(4) | トラックバック(0) |
剣客商売 白い鬼
剣客商売〈5〉白い鬼 剣客商売〈5〉白い鬼
池波 正太郎 (2002/11)
新潮社
この商品の詳細を見る


 幼い頃の味、好み、経験は続くようです。

 この巻「白い鬼」の、殺人鬼金子伊太郎も、幼い頃食べたそばの味を

わすれられず、蕎麦屋に現れたところを、とらえられます。


 冷蔵庫の整理を兼ね、里芋、こんにゃく、金時人参の煮しめを

つくりました。

 こんにゃくを、手でちぎり、茹でて、薄味でにふくめながら、

火をいれ、昆布も油揚げもなしの、簡単煮しめです。


 朝の冷え込みで、熱があるという母に、好物のイカの刺身、

から揚げとともにたべさせましたところ、昔風の煮しめは珍しいと

おかわりしてました。



 インゲンかなにか、青みがないとねと、チェックいれながら。
【2006/11/02 09:15 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(4) | トラックバック(0) |
まびき菜
  秋野菜を蒔くのは、九月の初めごろから。
  
  大根、小松菜、ほうれん草、春菊、白菜、その他。

  今年は大根だけ蒔いた。

  上手にまけなくて、ひとところにかたまるので、間引いてやら

 なくてはならない。

  すこしづつ、すこしづつ引いていって、最後に大きく太くする

 のを、残すのです。


  この間引いた菜に塩をして、浅漬けにしたのは最高においしい。
 
  なにか、命をたべているという感じさえする。

  大きくなるにつれ、その感じは減っていく。

  

  ライオンは獲物を倒したとき、なぜ腹から食うか?

  草食動物のたべた、内臓の草をたべるからと、きいたことが

 あります。

  塩味の濃い緑の小さい菜を口に運ぶとき、命とかんずるのは、

 種からでたての食物の生命をたべているからでしょう。



  3回に分けて、浅漬けにし、いためて味醂、醤油で煮転がし、

 やっとおわった今日、「間引き菜もっていきー」という、

 近所のおばちゃんの声に、ことわりきらず、また、一山。



  剣客商売にでてくる菜飯にでも、いたしましょうね。

 

 

  
【2006/11/01 12:46 】 | 木  植物 花 野菜 | コメント(6) | トラックバック(0) |
| ホーム |