FC2ブログ
まびき菜
  秋野菜を蒔くのは、九月の初めごろから。
  
  大根、小松菜、ほうれん草、春菊、白菜、その他。

  今年は大根だけ蒔いた。

  上手にまけなくて、ひとところにかたまるので、間引いてやら

 なくてはならない。

  すこしづつ、すこしづつ引いていって、最後に大きく太くする

 のを、残すのです。


  この間引いた菜に塩をして、浅漬けにしたのは最高においしい。
 
  なにか、命をたべているという感じさえする。

  大きくなるにつれ、その感じは減っていく。

  

  ライオンは獲物を倒したとき、なぜ腹から食うか?

  草食動物のたべた、内臓の草をたべるからと、きいたことが

 あります。

  塩味の濃い緑の小さい菜を口に運ぶとき、命とかんずるのは、

 種からでたての食物の生命をたべているからでしょう。



  3回に分けて、浅漬けにし、いためて味醂、醤油で煮転がし、

 やっとおわった今日、「間引き菜もっていきー」という、

 近所のおばちゃんの声に、ことわりきらず、また、一山。



  剣客商売にでてくる菜飯にでも、いたしましょうね。

 

 

  
【2006/11/01 12:46 】 | 木  植物 花 野菜 | コメント(6) | トラックバック(0) |
| ホーム |