FC2ブログ
剣客商売 隠れ蓑
剣客商売〈7〉隠れ蓑 剣客商売〈7〉隠れ蓑
池波 正太郎 (2002/12)
新潮社
この商品の詳細を見る

  七冊目の剣客商売です。

  隠れ蓑とは、(それを着ると、からだがみえなくなるという蓑。

      本心・本質を見破られないようにするための手段の

      意にも用いられる。)という意味なんですが、

  木の名前でもあります。常緑の喬木で、淡黄色の小さな花を

 つけるとある。このまえ、ブログで大きくでておりましたので、

 うれしかったです。


  敵と付け狙われている人が、病み衰えた討つ人の世話をする

 というのが、「隠れ蓑」の話です。


  どこにいったかわからない敵を探して、歩きまわり、討つまでは、

 藩に、家にかえれないという残酷な敵うちです。

  忠臣蔵をはじめとして、かずかずの敵討ちの話があります。

  剣客商売にもたくさんの、敵討ち話がでてきます。



  現代の敵討ちは?

  

  
【2006/11/15 15:21 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム |