FC2ブログ
国 (こくどう) 銅 (下)
国銅〈下〉 国銅〈下〉
帚木 蓬生 (2006/02)
新潮社
この商品の詳細を見る



 二巻目は、銅を鋳込み終わった大仏を囲む、大仏殿を建て、さらに

奥州からの、金を塗る。

 巨大な仏と、広大な建物。何回みてもあきることがないし、

解らない。だから好きな場所なのかもしれない。

 柱に穴があき、くぐれるようになっているのだが、小学生の山で、

待つのもいやで、今回は止めた。以前は、11年前、母親とくぐった。

 さっとおわらせるきずかいもなかったし。


 正倉院の御物の写真をみてもわかるが、シルクロードをはじめ

遠方からきたものだ。いまだに舶来(古いね)ものを、ありがた

がってるのですが。

 つまり外国と貿易があり、ものと、人もろもろが、入ってき、また

出て行ったということだ。いまから、約1300年も前に。

すごいことです。ビックリする。

 
 10歳ぐらいかな、「古代文化の驚異」という厚い本をかかえて

まわっていた。親と暫時はなれていたので、寂しさしのぎであった

ろうが、今大仏ひとつとってみても、古代のすばらしさに頭が下がり

ます。

 せいぜい奈良に通い、たてかえられたとはいえ、あのすばらしい

ひろい、ひろすぎるお寺にまた、参詣したいものです。

 

 
【2006/12/01 06:21 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(6) | トラックバック(0) |
| ホーム |