FC2ブログ
耶馬溪
父帰る・恩讐の彼方に 父帰る・恩讐の彼方に
菊池 寛 (2005/07)
舵社
この商品の詳細を見る
 カラオケはやめて、雨の中紅葉の済んだ耶馬渓に行く。

  いつも、早いか遅いかで、ちょうどいい時期にいったことがない。

 あの深耶馬溪の、一目八景の渋滞をかんがえたら、無理無理。

  
  でもご褒美があった。

  山は霧に包まれて、まるで墨絵の世界。

絵や、掛け軸でみるモヤットした有様は、写実だったんだと、

いまわかりました。

  青の洞門を彫った禅海さんも、磐と,この気候になかされた

人々を救いたくて、発願されたのでしょう。

  
  一度引き返したことがあるくらい、この山の雨はすごいので、

 深耶馬にはいらず、山国までいって、「椿」で裂織りと、大島の

 作品を見てから、へ屋傳六で食事。

  12時をまわっているにもかかわらず、部屋に暖房が

 はいっておらず、傘たてもなく、ふるえながら料理を待つ。

  ここは、予約しなければたべられないのか?

 

  トイレに母を連れて行き、このまま脱走しようかとも、

 いいあった。(駐車場までいかないと、といれがない)

 が、もどったら、ちゃんと料理が並べてあった。

  炭火で、田楽をやき、鶏肉を焼く。量だけはたっぷりあるのに、

 ことさら寒い山まで来るひとへの配慮がかけて残念だった。

  柿のお菓子に、佃煮、寿司の元と、いつもは、山ほど買って

 かえるが、今日は、よりたくないとパス。


  椿は来るかもわからない客のために、快適な暖房をほどこして

 いたことを思えば、次回を考える客あしらいでした。

  店も人も、第一印象と教えられました。

  山の気候と、下の気候、体感温度がちがうのかな。

  

  

  
【2006/12/08 05:41 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(6) | トラックバック(0) |
| ホーム |