FC2ブログ
靴箱
 玄関に山積みの荷物をやっと納屋にうつしかえて、靴箱を掃除

する。

 2足のつもりの靴も何足も詰め込まれ、草履に下駄も。

 慎重にチェックして、古いものを処分する。

 
 何年か前のお正月に、初詣にいきがけ、古い草履の接着剤がはげて、

上の皮一枚に。

 そのまま、恥ずかしながら実家まで履き替えに、かえったことが

あります。

 長蛇の列の初詣の車を横目にね。

 込むことはわかっていたので、車をはやめにすてたことが裏目に

でちゃった。

 新しいのがあるのにけちったんだ。


 父の葬儀のとき妹がやはりこれを、やっちゃいました。

 注意するのをわすれてました。

 いつも着物を着ない人は、草履のメンテナンスをおわすれなく。


 妹どうしたかって?

 葬儀場の備え付けおかりしました。

 もっていても、貸衣装を使うひとが多いといいますが、こういう

点は、確かにかんがえられていて便利です。


 二つの葬斎場はいつも稼動。

 生きる人と死ぬ人のかずは、大体同じくらいとか。

 二月は父の三回忌です。

 
 いつまでたっても、忙しいのです。

 でも、孫集合の至福のときでもありますので、タノシミ。

【2006/12/27 10:13 】 | 家事 | コメント(4) | トラックバック(0) |
| ホーム |