FC2ブログ
十時半睡 事件帖
十時半睡事件帖 東海道をゆく 十時半睡事件帖 東海道をゆく
白石 一郎 (2006/02/16)
講談社
この商品の詳細を見る



 1-十時半睡事件帖 おんな舟   白石 一郎

 2-モラルの罠          夏樹 静子

 3-絵本屋の日曜日        落合 恵子

 4-湯布院花紀行         高見 乾司

 5-すごいグーぐる術       津田 大介

 6-十時半睡東海道をゆく     白石 一郎


 この6冊がお正月用です。

 おもに郷土の作家コーナーで、さがしてきたのです。

 ジャンルも趣味もいい加減。

 なるべく読んだことのない本にしたいけれど、やはり好きな傾向は

あるようです。

 
 ととき はんすい と読みます。

 テレビドラマで昔、島田正吾が演りました。

 その時きにいったのは、「走る男」


 なにをしても、すぐ飽きる男がいて、半睡がそうだんを受ける。

 かれは男に走ることを勧める。

 毎日距離が伸びて、マラソンですな。

 そのときには真似する人が増えて、城下のひとが走り出す。

 つい半睡も裃のまま一歩ふみだして、アイタタとなるーー。



 福岡赤坂の蕎麦屋。宇野重吉が好きで来てるという評判に

ミーハーのおばばは、なれない蕎麦を戴きに。

 ありがとうございましたの声にこたえる、すばらしい声に振り向いた

のですが、姿はみえず、しーーーーーーーだよという客のつぶやきを

耳にしました。

 お店は、郊外に移り、あとは、定食やになりました。



 

   
【2006/12/28 08:16 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(4) | トラックバック(0) |
| ホーム |