FC2ブログ
感謝
  雨が降ると、水が天から降ってきて、それがながく続くと、

 川も水かさが増えることにきづかなかったので、家人の大事な

 大事な鯉が、流れた重石の上から出て行くなんて非常事態が

 起ころうなんて誰も想像できなかった。


  でもでも、おばばは、ほっとしているんです。

  かりに5匹全部ではないにしろ、あの硬いうろこを取って、

 さばく事態になったときの、あとかたずけのこと、においのこと、

 そのたもろもろのこと。


  鯉さん、ありがとう、いってしまってくれて。

  本当にありがとう。

  早く禁猟の下流に逃げて。

  パンの耳持って、孫と会いにいくからね。

  柳の大木の下には、津和野にはおよぶべくもないが、沢山の

 鯉が集まり、餌を遣る人がたえません。

  まごを連れ、鯉を寄せる。一幅の絵のようでもある。

  あこがれでしたな。


  それにしても、火曜夕方でかい図体で、おばばを、睨み付け

 ながら橋の上を、闊歩する猫をみた。

  まさかね。



 

 
【2007/01/18 06:42 】 | 動物 生き物 虫 その他 | コメント(4) | トラックバック(0) |
| ホーム |