FC2ブログ
歌劇
  ソプラノ 吉原 圭子さんの歌をききました。

  玉を転がすようなと形容されるとおり、すばらしい歌声にききほれ
 
 ましたが、小さい音楽界でパンフレットもなし、造詣も深くなしで、

 「バラとうぐいす」「春の声」だけしか、題名をおぼえてなく、

 残念。


  九州交響楽団メンバー中心による室内オーケストラは、


  オペラ座の怪人 メモリー  サウンド・オブ・ミュゥジック

  トウーランドット  アメジング・ブレイス 冬のソナタ 

  他です。


  オペラ座の怪人の、あの有名な音楽がしみわたりました。

  気合もはいっていた。

  四季で見た、バージョンアップのキャッツは、すばらしく、

 猫共が客席に。

  自分の前にきたときは、えさをもってなかったので、顎を

 すりすりしました。


  あまり難しくない音楽会これからも行きたいです。

  

  
 


  

  
【2007/01/23 06:33 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(7) | トラックバック(0) |
| ホーム |