FC2ブログ
兵どもが夢のあと


 詩人ホメロスが著したとされる叙事詩「イリアス」を信じた

 ドイツ人ハインリッヒ・シュリーマンは とうとう トロイを発掘します。

 トロイ戦争の発端は トロイの王子パリスがスパルタの王妃へレナを誘拐した

ことに始まるとありますが ほとんどは謎につつまれているようです。

 遺跡も9つの時代が 折り重なってよくわからないようです。

 ドイツに持ち帰ったものが 第二次世界大戦で破壊されたこともあり、わからないこと

ばかりのようです。

 息子の年と同じ 1975年につくられた木馬は ここにあります。

 巨大な木馬に入った敵に火をかけられてトロイは陥落します。

 木馬の中の人のご飯はトイレは? といって、わらわれました。

 そんな暇もなく 祝宴を挙げているとろいトロイ軍を深夜 やっつけたのでしょうか。

 日本の松とは違いますが 松やどんぐりの木があります。

 海岸で重要な地のため 戦いが激しかったのに、堆積物でだんだん

埋め立てられていくにつれ 奥地に成り その重要性が薄くなったこともあったようです。

 いまだに謎に包まれた トロイ  不思議発見をお願いします。

 日本の古城のように 松風寒く身にしみるところでした。
CIMG1993.jpg
CIMG1994.jpg
CIMG1996.jpg
CIMG1997.jpg
CIMG1998.jpg

 野生の無花果の木が 怪しくみえます。
CIMG1999.jpg
CIMG2000.jpg
CIMG2001.jpg

 上から3枚目の写真は 現代の石積みかもしれません。

 最後の写真右側の茶色の葉は 大きなどんぐりの葉 秋リスがあつめてるそうです。
 
 つい口から でます  崩れたままの 石垣に~~




続きを読む
【2008/01/29 20:42 】 | 旅  趣味 | コメント(29) | トラックバック(0) |
| ホーム |