FC2ブログ
ピエタ
月のしずく月のしずく
(1997/10)
浅田 次郎

商品詳細を見る
この本には七つの物語がはいっています。

 一番目の 「月のしずく」も とても泣かせる 物語なんですが

 「ピエタ」は もっと なみだが出ます。

 6歳のとき別れた母親と イタリアのスペイン広場で 会う友子の話です。

 パソコンで目が疲れているときも 盛大に涙が出てきます。

 サン・ピエトロ寺院の 嘆きの聖母(ピエタ)の前で ミケランジェロの作品の前で

彼と同じ境遇の友子は とうとう うずくまってしまいます。

 母の愛が 母親がほしかった 友子。

 なぜか定期的に この物語が よみたくなってきます。

 感傷的でいやな方は 「天国までの百マイル」を どうぞ。

 タオルが いりますが・・・・ 
続きを読む
【2008/07/30 06:36 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(20) | トラックバック(0) |
| ホーム |