FC2ブログ
サン・ジャックへの道
 なぜか気になって 見たくて 載っていた記事を いつまでもバッグに

いれていました。うさみさんが 見て記事を書いていましたので 是非にとおもって

いましたが 昨日やっと 借りてきました。
        
                                サン・ジャックへの道サン・ジャックへの道
(2007/09/26)
ミュリエル・ロバンアルチュス・ド・パンゲルン

商品詳細を見る

  いさかいが絶えない 兄・姉・弟の3人に 亡き母より フランスのル・ピュイから

スペインの聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラ間での1500キロの道を 一緒に

歩かなければ遺産は相続させないと言う遺言が届く。

 つまり 親の死に目にさえ 会わない親子と言う設定がまず 最初です。

 ポストに入れられた 黒枠の手紙が 郵便局の機械の中を走り回り 

配達されて3人に届く。 始まりから 並々ならぬ手腕をみせつけられます。

 巡礼の旅は ガイドも含めて9人。

 美しい 美しい 自然の中を 9人はいさかい 喧嘩しながら まとまっていきます。

 黄金色に輝く海と空の中で 言葉を使わずに 少年の母親の死と その悲しみを

表し あとの人は静かに見守ります。

 アラブ系は泊められないという言葉に怒り 身銭を切って皆をホテルに泊める 

長男の会社社長のピエール。自分のことしかいわない 偏狭な性格でした。

 荷物の重さに シャンプーもリンスも捨てた女の子も 男もバスタブで髪を洗い

やわらかいベッドに 飛び込みます。ここは 解説を読んだときから みたい場面でした。

 アル中で お金がなく 身一つで参加 替えの下着さえ持たずに参加した 次男

木の切れ端に パンツを干して 時には ズボンも干して 肩に担いで旅を続けます。

 この人に 巡礼旅の心が 象徴されているように思います。

 1500キロの道のりは フランスの西の端から スペインを横切って 国の

西の端までです。

 おすすめの映画です

 
 

 

続きを読む
【2008/08/27 06:41 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(16) | トラックバック(0) |
| ホーム |