おせわになりました
   この一年 大変おせわになりありがとうございました。

   御礼申し上げます。

   なにとぞ 来年もよろしく お願い申し上げます。
                         CIMG5296.jpg
   この写真が 呼びこめなくて フリーズして 随分時間がかかりました。

   来る年の 波瀾を予想するような 成り行きでした。

   などと 愚痴らず 最後に届いた プレゼントの紅茶など優雅に飲みながら

  ねじり鉢巻で 年末の仕事に 邁進することを誓います!

   病気になる前に 体の手入れにも行ってきました。

   裂織りしすぎて 肩が悪くなったときにかかった (父がとぼけたとき

 一緒に探してくれた) 鍼灸院に 時々行っています。

   転ばぬ先の杖 健康先取り 自分の体は自分で 面倒みたいです。

   どうぞ 良いお年を。

   ありがとうございました

   ではまた明日。

   
【2008/12/31 09:56 】 | 友達 | コメント(16) | トラックバック(0) |
かわせみを見る
 川土手を歩いていたとき 目のはしを掠めるものがあって あの色は

かわせみ
 
 静かに近寄ってみましたら   いました!!!  いました!!!

                    


  横の川で見たことがあって けっこう小魚もいるので きているとは思うものの

 なかなか お目にかからない。     やっと 久しぶりに 会えたね。

  息を殺してにじり寄るのを 待っていたかのように 私が来た方向の水面に

ダッシュ。

  獲物を取ったかどうかはみえませんが 至福のときを もてました。

                       

  この日は朝から 葉書を持って回り 出し忘れて 結局近くのポストに入れての

帰りに かわせみに あえたのです。

  こういう運命なのか  あ、そういえば あれはそういう意味だったのかと あとで

 合点がいくことがあります。

   3ヶ月で 病院をかわり お見舞いしなければと思いながら そのままになって

いた人も 見舞うことができました。 ご褒美もらいましたよ 翡翠さん。

  
【2008/12/30 07:47 】 | 動物 生き物 虫 その他 | コメント(18) | トラックバック(0) |
イチゴを買う
   28日は母親 29日は叔母を買い物に連れて行く予定だったのに 

 「いまから買い物に行く」と 母が叔母に電話したため 婆さん二人連れて 

 混雑の中動き回りました。

  年寄りは 車のドアの開け閉めから 注意が必要です。

  手の力が無いために 何も見ずにあけますから 外からあけるまでは 

降りてはいけないと 決めています。
                     CIMG5290.jpg
   リードが  クイックルが   だし用のあらい鰹節  のど飴・・・・・・

   なんども通路を 駆け回り? ました。

   昼は うどん屋さんで すませます。

   夜は 美味しい牡蠣を頂きました。

   見るだけで美しい 幸せを運ぶようなイチゴは 母親から。 
【2008/12/29 07:55 】 | 家事 | コメント(8) | トラックバック(0) |
DVDを見る
  DVDを返しに行って 今回は借りないつもりだったのに

 「幸せになるためのイタリア語講座」というのを見つけ また借りてしまいました。

  8人の男女の物語りですが ああ、ここにも親の病気や 愚痴 口やかましさと

戦うというか 生活している人が居るんだなと 思いました。 
                    
                     CIMG5287.jpg
  母親が出て行ったあと、 父親の毒舌に耐える娘は 後に 母親が連れて行った

姉が居ることがわかります。

  フランシスコザビエルのような 白いカラーをつけた自信のない新米牧師

  元サッカー選手  気のいいホテルマン

  みんな悩みを抱えて イタリア語講座にかよう(外国人だから)のです。

  最後に ヴェニスに 旅行しますがが この風景を見たくて借りたのに

 いろいろ考えることが 多かったです。

  小紋も 悩みの一つやふたつ もってまーす。

  
【2008/12/28 06:23 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(14) | トラックバック(0) |
かもめ食堂
  昨日の題を おしめにしたのは この映画をみたからです。

  家人の誕生日で 赤ちゃん→おしめ  となりました。

  もたいまさこ が 両親の見取りを終えてから来るんですが  さりげなく

 「父のオムツを替えているとき。。。」というせりふを 言います。
            
かもめ食堂 [DVD]かもめ食堂 [DVD]
(2006/09/27)
小林聡美片桐はいり

商品詳細を見る

  以前でしたら ここのところは  あまり記憶に残らなかったでしょう。

  荷物がなくなっても 穏やかに おだやかに 携帯で話します。

  彼女の 来し方がしのばれる 場面です。

  実際に この前の旅行でも ミラノで ある人の荷物が一つ消えました。

  二日後くらいに転送されてきましたが 空港で下着とかを あわてて

買っていました。

  帰りの空港では ある人の バスから降ろされたスーツケースの角に傷が。

 いろんなことが起こります。

  シナモン・ロール おいしそうでした。有名な珈琲も出てきますね。

  今日のお八つには いまはまっている 葡萄パンを 作りましょう。

  

  
  
【2008/12/27 07:02 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(14) | トラックバック(0) |
おしめ
  いよいよ押し詰まってきました。

  ごみ収集の休みをチェック お飾りの準備 半紙も新しくしました。

  年賀状 今年は早めに書いてくれたので 安心です。

  クリスマス 美味しいお菓子や キャロルと言う名の紅茶をいただきました。
  
  キャロルは 山下達郎の歌の 出だしでもあります。祝歌という意味ですね。
                       
 
  そんなこんな 忙しいときに 生まれたのが 家人です。

  暖房がきいてたから おしめは 〇組でよかったと 耳にたこができるくらい

きかされたのに 歳ですね マルに入る数字を忘れました。

  お義母さーん 何組だっけ!

  私も 12月です。今日は お寿司屋さんで いっぱいたべることにいたしましょう。

  でも あまりたくさんは 入らなくなっています 残念。 ほんと?


  (念のためです 昔 布のおしめは 二枚で一組にして使ってました。

   紙おむつしか知らない方も  いらっしゃることと思います)
 
【2008/12/26 08:23 】 | これから 健康  散歩 | コメント(18) | トラックバック(0) |
キウイ
  外見からは あの美しい緑色が かくれているなんて思えませんね。

  翡翠色に変身するキウイは まだ硬いので 林檎と一緒にいれて 食べごろに

なるのを待ちます。

  キウイは 雄株 雌株を植えて 確りした支えが要るのです。

  近くに 確り成る家がありますが・・・・やってきません。

  姑は せっかく植えたキウイを いつの間にか切ったのです。

鉄のしっかりした手を作り ならせて ちぎる 手に余ったのだと思います。

  これは 毎年今頃届く キウイです。
                           
  一度は 深くしまいすぎて 失敗したこともあります。すかすかに なります。

  上手に 熟れさせて 美味しいデザートにしたいですね。

  ブログに 登場させたいです。

  
【2008/12/25 08:48 】 | 食べ物 好きなもの | コメント(16) | トラックバック(0) |
 近くの店で買った ヒヤシンス  レディダービー 濃いピンクらしいです。
 
 玄関の 目立たないところにおいていたのですが 根がいっぱい出ています。

 生産地は オランダとあります。

 遠く欧州から 輸入されて やってきたヒヤシンスさん。

 早く おおきくなあれ  1月下旬 部屋に入れると 芽がどんどん伸び

2月ごろ花が咲く!

 露地のヒヤシンスと競争だあ。
                       
【2008/12/24 08:48 】 | 木  植物 花 野菜 | コメント(20) | トラックバック(0) |
華族夫人の忘れもの―新・御宿かわせみ華族夫人の忘れもの―新・御宿かわせみ
(2008/10)
平岩 弓枝

商品詳細を見る

  何一つ長続きせず たった一つ 何とか続けているのが読書なのですが

 (ア、今のところ 裂織りは 不思議に続いています)

 年末年始のお楽しみに 図書館から仕入れてきた本の 一つがこの 

かわせみです。 この前の巻きから 時代が 明治になりました。

  神林麻太郎は英国留学して 医者になっています。

  その背景には 従兄弟の死が あります。

  源太郎も 花世も活躍します。  が、東吾は 行方不明です。

  千春は 慕っている麻太郎が 実の兄であることを 知ってしまいます。


  大河ドラマ 篤姫で 幕末の模様がある程度は わかりますが ここでもまた

 世の中がひっくり返ってしまって 人々の生活が 逼迫したことや 

ついていけなかったことなど 激動の時代が すこしうかがわれます。

  親子のこと  きちんとすることなど 本から学ぶことも 多々あります。

  今回は いい本ばかりありました。 積読に ならないようにしなくては・・・

   

  

【2008/12/23 02:00 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(18) | トラックバック(0) |
月桂樹
  親の家の月桂樹 あまりに背が高くなったので 切ってもらいました。

  これでもかというくらい枝や葉が ついております。

  ご存知のとおりオリンピックやマラソンで勝者の冠として使われることは

 有名です。

  良い香りがしますが クスノキ目クスノキ科 クスノキも樟脳使われるくらい

 香りの木ですね。
                    CIMG5267.jpg
  小さな小さな蕾が いっぱいついています。

  4,5月に 黄白色の花を咲かせるとありますので 楽しみです。

  直立した高い木で 葉をむしることはあっても 花を見たことはないのです。

  咲くかどうか 気にしたこともありませんでした。

  根は深く張り 枝や葉が 木陰を作り 地球を守る。 

  木さん ありがとうと思った 一日です。
【2008/12/22 06:51 】 | 木  植物 花 野菜 | コメント(16) | トラックバック(0) |
ポン菓子
 とにかく懐かしい食べ物の一つが このポン菓子ではないでしょうか。

 友達のところで出されたので 作ってもらうよう お頼みしていたのですが やっと

出来上がったということで 昨夜取りに行きました。
                   
  おこしのように 固めていますから 食べやすいのです。

  もう少し早くできていたら・・・・と、思わずにはいられません。

  米一升   砂糖一キロ  代金  以上で  両手に抱えるほどあります。

  息子が小さい頃 ポンの音に引かれて

 こちら迄 回ってくるから待っていて という言葉を聞かず  少し向こうの機械の前に 

座り込んで みていたのです。

  いないと 青くなって探し回り もしかしてと 行ってみたら おりました。

  食べ物に弱いのは 母親譲りでしょう。

  
【2008/12/21 06:46 】 | 食べ物 好きなもの | コメント(10) | トラックバック(0) |
シルバー・ブルーニア
  丸いシルバーの玉のようなのは シルバー・ブルーニアといいます。

  かわいいでしょ。

  オレンジのは ピンクッションです。

  まだ首飾りも取ってないのは 大好きなガーべラさん。
                     
  そして真ん中の 白い薔薇は ノエルさんのばらです。

  この薔薇を 生かせないかなと思って なじみの花屋で 探してみました。

  お花も次々新しいのがでますから とても覚えられません。

  包装紙に書いて 忘れないようにしました。

  でも あれにしようか これにしようかと うろうろ迷うのは楽しみの一つです。
【2008/12/20 07:51 】 | 木  植物 花 野菜 | コメント(18) | トラックバック(0) |
集まり
  人が集まると 一つ一つが 勉強になります。

  ものの言い方 受け取り方 違う取り方 受け止め方

  強弱 アクセント 10人ちょっとの集まりでも こうです。

  おおきな催しをなさるかたの 心労はいかばかりかと存じます。

  また多数ではなく 家族という小さな集団でも そうですね。
                           CIMG5255.jpg
  気の張る 集まりばかりではありません。

  来週は 一年に一度しか集まらないのですが 楽しみにしている元英語倶楽部の

忘年会があります。

  ここは凄い人の集まり。ほんまに勉強しにいくようなものです。

  居酒屋で ひたすら食べながら(お酒が だめ) 盛り上がる小紋です。
【2008/12/19 07:53 】 | 家事 | コメント(20) | トラックバック(0) |
ラスク
 ラスクは昔からあり 好きなお八つですが これは金澤の

 和麩らすく です。  とても軽くて すぐにとろけます。

      すみません すぐにはとけません

 赤いのは 干しトマト  甘みが強いです。
                       
  今日は 地区の催しがありますので 朝から ばたばたしています。
【2008/12/18 09:27 】 | 食べ物 好きなもの | コメント(14) | トラックバック(0) |
赤壁の戦い
 中国後漢末期の208年 長江の赤壁の 曹操軍と 孫権・劉備連合軍の戦い

 John  W oo監督 「レッド・クリフ」は この戦いの映画です。

 大軍を迎える 連合軍の同盟からが 描かれ 劉備の軍師 諸葛孔明を 

金城武が演じます。

 孫権の将軍 周瑜との腹芸。  笛・琴の音色のわかる相手かどうかなど

細部まで 手が込んでおります。

 病気をかかえながら医師に見せない敵方曹操に 病への恐れを抱かせつつ

超大軍(映画では80万ーーー兵糧はどうするんだろ!)と、踏み潰されそうな 

2万の兵。 でも 頭を 十分に使った作戦が 始まります。

  ウー監督 おなじみの白い鳩も もちろん出ます。 スローモーションも。

  血が飛び出そうな場面は 下向いてみてませんが 音で聞かせます。

  最後の歌は哀切があって よかったですよ。

  「ブロークン・アロー」 「フェイス・オフ」 「МI:2」も ウー監督の映画です。 

  この前テレビで 「ウインド・トーカーズ」が あってましたね。

  来年4月には パート2が封切られます。

  女優さん 美しかったです。 

 
【2008/12/17 13:39 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(15) | トラックバック(0) |
冷静と情熱のあいだ
 わらわら母さんから フィレンッエを舞台の映画があると教えてもらいました。

 そういえば添乗員も話していたなと思い つたやで 借りてきました。     
冷静と情熱のあいだ [DVD]冷静と情熱のあいだ [DVD]
(2005/03/02)
竹野内豊ケリー・チャン

商品詳細を見る

 始まってすぐ 長い廊下を歩くシーンがありますが あれがウフィツィ美術館です。

 天井にも絵  棟にも絵・額に入った絵 ずらっと並ぶ彫刻の群れ!

 もう一度 あの廊下が 写されます。

 特徴のある色の屋根の遠景が 込み入った露地が ドゥオモが 美しく

撮られています。

 「めぐりあい」のような 恋物語

 ちょっと長い映画ですが 紺のジーンズに白 白と緑と柿色など色合いの勉強に

なりました。 祖父役の絵描の 黄色のセーターも素敵でした。

 いつも植木の手入れをしている庭がでます。
【2008/12/16 08:49 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(12) | トラックバック(0) |
ポンペイ
  紀元79年8月24日午後1時
 1277メートルの ヴェスビオス火山爆発   3日3晩 真っ黒な灰が降り

 2千人の人が死に ポンペイは壊滅しました。

  昨夜のテレビを見た方もいらっしゃるでしょうが つい合掌してしまうような

 恐ろしい光景です。
                      
  海の波が そこまできていたこの頃 写真のようなレンガ作りの 文明が 

輝いていた 裕福な街だったようです。

  火山は 今は沈黙していますが ポンペイを囲むような 見下ろすような

 山すその広い 魔の山のようにおもわれます。

  ナポリの南に当たりますので 親戚が 取引先が 遺した文章が その事件を

 書き残していたことでしょう。

  1700年後 農村での井戸掘りの際 大理石の柱が出てきて カルロス3世が

 探させたとか 宝など・・・・

  1944年 フィレオにより 発掘がはじまると 説明がありました。

  広大な土地は 眠りから覚めて 当時の有様をすこしずつあきらかに

 しているようです。

  ただただ いまものこる 無念の思いに 頭をたれるのみです。

  
【2008/12/15 08:15 】 | 旅  趣味 | コメント(26) | トラックバック(0) |
ちょっと一服
 師走  何かと忙しいですね。

 大方半分過ぎて お掃除や 買い物 あれやこれやで てんてこ舞いかと存じます。

 ちょっと 好きなお菓子を買って 美味しいお茶を入れて 一休みいたしましょう。

 今日は 少し良い珈琲など 買ってみました。
                 CIMG5249.jpg
 あとで 挽いて淹れてみましょう。

 フルーツタルトです。      搗きたての あんこ餅も 売ってたので。。。。。
【2008/12/14 16:57 】 | 食べ物 好きなもの | コメント(8) | トラックバック(0) |
メモ帳
                    CIMG5226.jpg  
  一週間の間 たくさんコメントをいただき ありがとうございました。

  ささやかなプレゼントですが 4人の方に差し上げたいと思います。

  抽選の結果 梓の小鳥さん  君平さん  信さん micoさんに 

当たりました。

  ご住所を 教えていただければ 送らせていただきます。

  よろしく お願いいたします。  
【2008/12/13 16:39 】 | 旅  趣味 | コメント(13) | トラックバック(0) |
ピエタ
  ローマの中にある ヴァチカン市国 パスポートはいりませんが 900人が

居住する一つの国です。
                     CIMG5157.jpg
  屋上に 彫刻の建つ 偉大な建物 入ると右側にミケランジェロの「ピエタ」像が

 あります。

  見たかったこの彫刻は 若いミケランジェロが ミケランジェロここにありと 

 聖母の衣に自分の名を刻んだ 像でもあります。

  壮大 壮麗な建築 彫刻 絵画 黒い像 天蓋 黒いらせん状の柱も有名です。

  法王が祈りをささげる間には 6本のろうそくが立ち いろんな国籍の人々が

 祈りをささげておりました。

  短い時間なのに 帰りにまたピエタに見とれて 添乗員と家人が 探しに来たのです。
            CIMG5161.jpg
上の写真 最上階右から2番目の窓は 法皇様の居室とか。小さな灯が見えますね。

 ドイツ出身の法王様は 日曜日にお説教されます。

 パナソニックの超大のテレビが 立っていました。

 この広場は何十万という信徒が 集まる広場でもあります。

 世界中からの 観光客・信徒が 集います。
                CIMG5163.jpg
  柵の手前はイタリア 向こうはヴァチカンです。
                CIMG5153.jpg
 少し小さいですが 左の二人は ヴァチカンの衛兵 むかしから傭兵はスイス人

 紺にオレンジの襞いりの衣装は 雨のため紺の素敵なマントに隠れています。

 金の縁取りもおしゃれな 粋なマントです。

 いまも900人のうち 100人はスイスの兵とか。

 これも ミケランジェロのデザインとか なんにでも優れた不世出の人。

 


【2008/12/13 09:32 】 | 旅  趣味 | コメント(7) | トラックバック(0) |
ローマ
 フィレンッェからバスで4時間半 ローマに着きました。

 ここは生憎の雨模様です。

                     
  コロッセオ   何万人もの人が入り 戦いを楽しんだといわれます。

  人と人 人と猛獣  勝者も勝ちとは限らないとのこと 皇帝が 親指を下に

向ければ 戦い方が気に入らないから 殺せ を意味します。

  なんと残酷な・・・ 

  ヴァチカンを作るとき 再利用で 使われたというここの石 少しずつ 

 朽ちていくことでしょう。

  この右側には 古いふるい 凱旋門があります。

  フランスの凱旋門は ナポレオンが これより大きい すごいのを作らせたとか・・・・

  さっきというのが 紀元前だったり 紀元何年だったり しますね。

  トレビの泉は あめが降る中 また来ることができるように 日本のコインを

 投げました。

  一つはまた来るように 二つは恋の成就 そして三つは別れられますように

 ・・・・・とか

   スペイン大使館がすぐ横にあるため つけられた スペイン階段は映画

  「ローマの休日」で アン王女が アイスクリームを食べたことで有名ですね。

  

 
【2008/12/12 17:30 】 | 旅  趣味 | コメント(14) | トラックバック(0) |
いまごろ ひまわり
                  CIMG5237.jpg
  10万本のひまわりが咲いている とラジオで聞いたという友人を乗せて 情報なら

 市役所と 聞きに行きました。

  ありました 休耕田にはじめて植えた 100万本のひまわりが! 

  で、季節が ずれて 今満開 今から咲くのが ずらりと並んでいます。

  でも ちょっとさびしかね。

                   CIMG5242.jpg
  この派手な建物は 大分は宇佐にあります宇佐八幡宮です。

  まえから 紅葉狩りに行こうと言いながら なかなか実現せず やっと時間が

あいましたので お参りに行きましたのです。

  途中 ひまわりにビックリして やっとたどり着いた次第です。

  年始は渋滞がひどく とてもおまいりできませんから 日にちをずらして 

うかがうのが良いですね。

  紅葉の名残や 川の鯉を寄せたりして ゆったり ゆっくり観て回ります。

  池のほとりは マムシやスズメバチが出るかも との看板がありましたので 

ちかよりませんでした。
 
  季節には 蓮の花がきれいなことでしょう。

  三々五々 団体や観光客 背広に白いものを羽織った 神社参りのお遍路さん

のような人も居ます。

  彼我 姿かたちは かわれども ありがたいところに お参りする善男善女は 

つきません。

  親の代参でもあります すこーし納めて 名物宇佐飴を 頂いてまいりました。 



 

 
【2008/12/11 08:14 】 | 旅  趣味 | コメント(16) | トラックバック(0) |
検診
 母親の 乳がんの検診は 4月と10月です。

 10月に診て貰い 検査の日にちが決まり それが11月末。

 昨日は検査結果を 聞きに行く日でした。

 おかげさまで 「じゃあ次は4月に来てください」 ということでしたので 一安心です。

 次から次へと 患者さんが押しかけます。

 いかに多いかを 実感いたします。

 待つあいだに たいがい飲み物を一本あけます。

 これでも 私 緊張しております。

 
 無事半年過ぎた祝いにと 親の大好物の お寿司を食べに行きました。

 それは ほっぺたが落ちるようなおいしいおすしでしたよ。

   (小倉魚町2-5-17-2F   もり田) 

                  

 

 
【2008/12/10 08:25 】 | これから 健康  散歩 | コメント(16) | トラックバック(0) |
ピサ
   ピサは  13世紀 ジェノヴァやヴェネツィアと並ぶ 海運都市として 

 地中海に君臨した 歴史ある街です。

  ピサ・ロマネスク様式の最高傑作のドゥオモ そして鐘楼として

もっとも有名な斜塔があります。
                     CIMG5140.jpg
  北側と南側では70センチの差があるとか。

  建設を始めて下の何階かを作ったところで すでに工事中止になったくらい 

昔から傾き 設計者の名前も 書かれてないそうです。

 でも ガリレオ・ガリレイが「落下の法則」の 実験を行ったといわれているそうです。

  どうすれば 倒壊をまぬかれるかのアイディアに 南米の少女が寄せた

 高いほうの砂を取れば・・・・を、実際にやって 今の補強工事が叶ったとか。

  現在は予約すれば 上に登れるそうですよ。
  
  洗礼塔は 昔天井がなく 雨水を貯めて 洗礼に使っていたとか。

  ドームを覆ってからは 二重天井になっているので 歌声が渦を巻いて登り

それはそれは ありがたく 余韻のある 素晴らしい歌声であります。
                 
                    (洗礼塔)
                   

【2008/12/09 20:24 】 | 旅  趣味 | コメント(12) | トラックバック(0) |
ウフィツィ美術館
 ミケランジェロの「聖家族」  

 ボッティチェッリの「春(プリマヴェーラ)」と「ヴィーナスの誕生」 ダ・ヴィンチ 

ラファエロを、はじめとして 約2500点の展示を誇る この美術館は、

 事務所という意味なのです。

 威勢を誇る メディチ家の事務所として作られたようです。

 事務所といっても そんじょそこらの事務所とは違うよ というくらい広く

 はじめは 薬そして商売を広げて 広げて 法王まで出した家です。

 フランスに興し入れした娘も。

 彫刻も広い廊下に 山ほど ずーーーと並び 額には人物画がずらーと並び 

一息入れなければ 何がなんだか わからなくなります。

 で、撮影してもいいポイントで 外の景色を写させてくれます。

 小紋は 団体の少ない時間に入れたので 一番前で 各 襖4枚ほどもある 

この2枚の絵を 堪能しました。でかいです。

 いかにこの家に 財力があるか 絵の大きさでもわかります。

 丁寧に観ているうちに みんなと はぐれますね やっぱり。

 まだまだ美術館 教会だらけのこの街ですが 次回これたら見ましょうね!
                    



【2008/12/08 19:55 】 | 旅  趣味 | コメント(10) | トラックバック(0) |
フィレンツィエ
 フィレンツィエの街並 山の上ミケランジェロ広場からの眺めです。

 よく映像で流される ドゥオモと レンガの美しい町並みはここからです。
 
 それと ドゥオモの 屋上テラスからも。

 ここには巨大なダビデ像のレプリカが あります。後ろから 見てきましたよ。

 実は 前日に ストライキの情報があり この広場も農夫のトラクターと黄色の旗が

並んでいたのです。
                       
  テープをくぐっての 眺望をみ・撮影です。

  ドゥオモは 「花の聖母教会」 サンタ・マリア・デル・フィオーレとよばれ

フィレンツィエの シンボルです。

 1296年から175年かけて建設  400段ちょっとの階段を登れば屋上に。 

 私たちの前の組の人は 失神したとかで 入り口で またされました。
 
 クーポラ内部の ヴァザーりとその弟子によるフレスコ画 「最後の審判」は 

必見です。

 穴を開け 丸太を渡して それにのっての作業は 命がけ 怖さを減ずるために

ワインを飲んでの仕事だったと聞きました。

                      CIMG5121.jpg
 これは ヴェッキオ宮殿 ウフィツィ美術館のすぐそばです。

 フィレンツィエは観るべきものが たくさんあります。 また明日~~~


【2008/12/07 14:03 】 | 旅  趣味 | コメント(20) | トラックバック(0) |
初雪・そしてメモ帳のこと
                  初雪ふってます。

 屋根にもうっすら 雪が。。。。。

    
   15時 雪は消えています。

   書きましたように 11月末で ブログも4年目に入り 毎日コメントいただき嬉しく

 思っています。

   イタリアで 好きなサフランや 紫の花のメモ帳を見つけて 買ってきました。

   よろしかったら コメントいただいたかた

             いるって言ってくださった方   4人に 

  差し上げたいとおもいます。

   読んでくださったかた どなたでも結構です ちょっとコメ欄に お願いします。
                            CIMG5226.jpg

   何日かまとめて 多いようでしたら 抽選にさせていただきます。

 

 




【2008/12/06 07:49 】 | 天候 気候 | コメント(26) | トラックバック(0) |
ベネチア
  べニスとも ベネチアともいいますね。

  砂洲に 松の大木を打ち込んで基礎を作り その上に建てられた島・街の

ようですから 鉄道ではいるか 対岸から船で入ります。

  石畳の道は 高潮の時期で 波が打ち寄せています。

  ぬれそうなところはすべて 足場が組まれていますので その上を歩きます。
        
  これは ゴンドラからみた町並みです。

 狭い水路は 高潮のため入り込めません。
                            CIMG5093.jpg
  ゴンドラは 船頭の趣味で 飾られています。
 
  白黒の横じまのティシャツの上に黒の上下 夏はおなじみの カッコいい

かんかん帽ですね。

 乗船代のほかに チップを ひとり1ユーロくらい 置きます。
         
 サンマルコ広場 サンマルコ寺院  ドッカーレ宮殿とならんでいます。

 サンマルコ寺院は 壁面のモザイク画が すばらしいのです。

 ドッカーレ宮殿で 有罪判決を受けた被告が 牢獄に送られるとき通った

 ためいき橋ゴンドラ遊覧の人気コースですが 

水位が高いため 見るだけでした。

 先日載せたように 水びたしでした。 水が来るたびに 美術館関係の人は

特になやまされると 読んだことがありますが 

貿易・ガラス・絹等々 非常に栄えたところのようです。

 ヴェネツィァングラスの島 ムラーノ島   レース編みの島 ブラーノ島はまた 

船で 行かなければなりません。



【2008/12/05 13:17 】 | 旅  趣味 | コメント(16) | トラックバック(0) |
ヴェローナ
  ヴェローナは シェークスピアの「ロミオとジュリエット」の舞台となった町です。

  ローマ時代のコロッセウム(ローマのより 小さい) 中世の街がそのまま残る 

ミラノからバスで 2時間30分も かかる所です。

  石造りの街の一角に ジュリエットの家があり 出窓がありますが これは

後から作られたものとか。

  像があり 恋愛成就を願う人がなでるので その胸は ピカピカ光っています。

  映画 オリビア・ハッセイのジュリエット   ディカプリオのロミオを 思い出します。

  本は キャピュレット家とモンタギュー家の争いの 悲恋物語ですが 実際にあった

 話を 下敷きにしているそうです。

  立派な家の屋上のMの飾りは 〇〇派と わかるようにしているとか・・・
                    
 これは 簡単な 鍋つかみですが ジュリエットの家のすぐ横の ジュリエットと

いう店で買いましたので 載せてみました。 

 シニョーり広場は 露天商がいっぱい ゆっくりオレンジや林檎などの果物を 

買ってみたかったです。

 小紋の好きな アーティチョークが山盛りであり 感激です。

 家で育てたのとは色が違って 緑濃い色でした。

 
【2008/12/04 13:53 】 | 旅  趣味 | コメント(12) | トラックバック(0) |
ミラノ
  ミラノはファッションの町 おしゃれな街として知られています。

  ビットリオ・エマルエーレ2世ガッレリアは モザイク模様の床とアーチ型の優美な

ガラス天井を備えた アーケードです。

 中央十字路の天井には 四大陸を 象徴的に描いたフレスコ画があります。

 ドゥオモ広場と スカラ広場を結びます。

 ブランドの 商店街といって良いでしょう。

 教会を意味する ドゥオモは各地にありますが ここのドゥオモは 500年の

歳月をかけて作られ 3,400体の彫像 150本の尖塔を持つ

イタリア ゴシック建築の傑作です。 

美しいステンドグラスは いつまでみても見飽きません。

 薔薇窓の美しさも 特別です。

 いつもでも みていたい教会でした。↓の写真です。
                          
  サンタ・マリア・デッレ・グラッツエ教会は 教会付属の修道院の食堂に

 ダ・ヴィンチ生涯唯一の壁画 ルネッサン期の最高傑作最後の晩餐が 

ありますが 事前予約が必要です。

  「ダ・ヴィンチ コード」で人気沸騰 なかなか取れないと 聞きました。

  ここに確実に入れるコースは 旅費が2倍でしたので あきらめました。

  14~15世紀にミラノを支配していた ヴィスコンティ家とスフォルッア家の居城

 だった スフォルツェスコ城も 見所です。
 
  今は市立博物館として ミケランジェロの「ロンダニー二の ピエタ」の展示が。

  外観のみだったので 見たかった!

  
【2008/12/03 12:18 】 | 旅  趣味 | コメント(20) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ