花を植える
 地元のお宮のそばには 水仙をはじめとして チューリップ・パンジー・マーガレット

 クレマチス それは色々 とりどりに 咲いております。

  これを 管理しているのは ある夫婦。

  ちょっと年代が上の ご夫婦が 毎日毎日 手入れをして あれよあれよという間に

 それはそれは うつくしい 花畑になりました。
    CIMG5782.jpg
          CIMG5787.jpg
                CIMG5790.jpg
                     CIMG5804.jpg
  私の腕では きれいさをあらわせませんが 昨夕 撮りに行ってきましたので

 その一部を。  見習って 家の庭の草取りに 励みます。
                     CIMG5802.jpg


【2009/03/31 08:14 】 | 木  植物 花 野菜 | コメント(22) | トラックバック(0) |
二胡のしらべ
 今 浅田次郎の 「中原の虹」や 「蒼穹の昴」を 読んでいます。

 長い物語なので どのくらいかかるか分りませんが 作者の対談集をよんで
 
取り掛かりました。
                         
  老人が 二胡を弾く 場面も出てきます。

  二胡の演奏を 聞いてきました。

  独特の調べに はるか遠い草原を あるく自分を 想像します。

  日本の音楽とも 西洋の楽器とも 違和感なくあい 壮絶技法も披露

  聞くのは 3回目ですが 飽きることはありません。

  「ひばり」と言う曲の 田の中で くさはらで ひばりが鳴いているような

 おおらかな うららかな 奏で 素敵です。

  海をへだてた 大きな国の 歴史を 国土を思う 壮大な物語

 その地にたってみたい すぐその気になる小紋です。
【2009/03/30 09:23 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(10) | トラックバック(0) |
芍薬
  芍薬  東洋の花というかんじがする とても美しい花です。
                     
  是は いつ植えたかわからない芍薬ですが 毎年出てくれます。

  もうひとつのが 枯れたようなので 冬 3株を 新たに植えてみました。
                     CIMG5773.jpg
  おかげで このくらい新芽が 出ています。

  花は まだまだあとでしょうが ボクに小さな赤い芽が 引っ付いているだけ

 だったのが こんなに成長して 嬉しい限りです。

  毎日の 庭の見回り 新たな花や芽の発見 嬉しい日々です。

【2009/03/29 11:03 】 | 木  植物 花 野菜 | コメント(14) | トラックバック(0) |
山椒
 大好きな 利休梅よりも
       
 きれいなかわいい 桃よりも
                 CIMG5769.jpg
  ならんだならんだの チョーリップよりも
                              CIMG5771.jpg
 なんかちょと うれしい 山椒の葉 お寿司に 混ぜました。
         CIMG5768.jpg


【2009/03/28 14:32 】 | 木  植物 花 野菜 | コメント(18) | トラックバック(0) |
山吹
  風つよく 桜も もう少しの 昨日今日ですが 確実に開花する数は

 増えております。

  土手の花を見に来る人も 増え始めました。週末お天気が良いことを祈ります。

  お隣から 挿し木でついた 山吹さん。

  きれいに咲きました。
                          山吹

  この花が 好きで ほしいなと思っていたのです。

  もう何年にもなりますが 花がつくと 父の家の裏手に咲いていたことを

 思い出します。

  醤油屋でしたから 室で遊んだり かくれんぼをしたり おてんばで 楽しかった

 少女時代を 思い出します。

  このときに 覚えた花の名前 記憶は わすれがたく 狭い庭に植えて

 喜んでいます。

   いつもご覧いただき 


  拍手いただきありがとうございます。,

    
【2009/03/27 11:46 】 | 木  植物 花 野菜 | コメント(16) | トラックバック(0) |
ルッコラ
   ハーブの種を何種類か まきました。

   時期が過ぎていたのですが ルッコラとチャイブが 出ています。

   嗅ぐと ゴマの香りがする ルッコラは 食べやすいですね。

   今日は ひき肉とパセリを刻み込んだコロッケの 付け合せにしました。
                       ルッコラ
    蕗の若い葉も 出ました。
 
    佃煮や お寿司の具に これから活躍いたします。
   
    明日は 蕗 土筆 菜の花を入れた ばら寿司を 作ります。
【2009/03/26 12:57 】 | 食べ物 好きなもの | コメント(8) | トラックバック(0) |
  飛行機が ひっくり返る事故があって 肝が冷えました。

  亡くなった方の冥福を祈るとともに 早朝のことで ほかへの影響が少なかった

ことで ひと安心しましたが ダイヤのみだれは すごかったですね。

   昨日今日 あたたかいものの花冷え。

  土手も桜も いまひとつ咲ききれません。
                       
  チューリップが 風にゆれ たくさん咲きました。

  長い間 地中ですごし 忘れた頃 葉をだし 見事に咲く。

  野球選手の 日ごろの鍛錬を思います。

  いかなごのくぎ煮も 到着 春 爛漫の季節まで もう少しです。
【2009/03/25 15:37 】 | 天候 気候 | コメント(10) | トラックバック(0) |
平成筑豊鉄道
  JRの 伊田・田川・糸田線を ひきついだ 平成筑豊鉄道は 日豊線行橋駅

 5番ホームから 1両で 出発です。

  高齢の親をもつ友人と 月に一度 お昼ごはんかたがた 近くのあまり

行ってない所を 訪ねております。

  先月は 大分県中津市の お雛様と 池大雅の襖絵を見ましたから

 あっという間の 一ヶ月ですね。

  一日フリー切符 千円で 直方まで なんかいでも乗り降り自由ですが

 約1時間の 「田川伊田」で 下車しました。
                     CIMG5748.jpg
  この車両は 田川伊田のホームで。 乗ってはいませんです。
  
  炭鉱時代の 繁栄はいかばかりか いまでは人通りも少ないのですが

 「日帰りグルメツアー」のパンフレットでみた 「あをぎり」と言う料亭での 

 お昼を目指して 歩きます。

 なんとここは くじら料理が うりものとか 友人は 鯨の立田揚げ定食を 

私は 普通の定食を 頼んでみました。
 
 おいしゅうございました。

 地元の神社に参拝して 帰路に着きましたが 菜の花の真っ盛り 田園と山並み

桜の白と 山の青 小旅行に 満足です。

  お土産はもちろん 「黒ダイヤ」という 石炭のかたちの 羊羹です。

【2009/03/24 15:49 】 | 旅  趣味 | コメント(15) | トラックバック(0) |
たまには
  たまには 裂織りも アップしないと!
             お雛様の色
  大好きな お雛様の 菱餅カラーで おりました。

  若草 ピンク 白 この組み合わせ 元気も出ますし 映えます そして

 美味しい 幸せな気分に なりません?
                              紺がうきでます
  黒の経糸に 黒の布を入れました。

  横糸は 水色のぼかしにシルバーを 組み合わせて ちかっと光るように

しています。

  リバーシブルで 花紺が 浮き上がるようにも。

  マフラーは いろんな色の組み合わせや 冒険ができて とても楽しいのです。

【2009/03/23 11:40 】 | 裂織り | コメント(8) | トラックバック(0) |
オオゴマダラ
  福岡の 人口島 アイランドシティ 「ぐりんぐりん」であってる 

 Design Review 2009in Hakataに 行ってきました。

 姪が 作品を出していますので のぞきに行ったのです。

デザインの勉強をしています。

 ここアイランドシティは 植物園 公園 水辺 遊歩道と そろっていますから 

家族で楽しめます。

 3連休の 真ん中の日でもあり たくさんの人が 楽しんでおりました。
                        オオゴマダラ
 この オオゴマダラは  えらい大きい蝶や位にしか思ってなかったのですが 

さなぎを見て ビックリ仰天金色なのです!

  蝶の記事で 読んだような気がしますが まさか自分が

 見るとは思わず ぶら下がったさなぎに 口ポカーンです。

  まるで 金色のイヤリングが 下がっているような 素晴らしい自然の

 デザインです。

  めずらしい植物・動物・土地・習慣  日本にも 世界にも いっぱいあります。

  たくさんのめずらしいものを みたり あじわったり 写真に取ったり 調べたり

 これからも たくさん経験できるといいなと 思っています。  

【2009/03/22 13:00 】 | 動物 生き物 虫 その他 | コメント(10) | トラックバック(0) |
しまらっきょう
  石垣島直送の 島らっきょうを 土筆と とり変えました デパートで売ってる

 ものより細く ちいさいのです。

  オリーブオイルで かーるくいためて 塩コショウでと 教えられました。

  おいしゅうございます。 が、小紋は 振り掛けすぎました。

  ここちよい 噛む音と さわやかな島の香りが 届いたようです
                            
  モズクも ものすごくながく ねばりがすごい、。塩もすごいので 流水で20分ほど

 洗ってから 頂きます。

  暑い土地のこと この刺激と 栄養ですごさないと 体力がもたないのかも

 しれませんね。

  石垣島で 食べてみたいです。
                        しまらっきょう



【2009/03/21 16:46 】 | 食べ物 好きなもの | コメント(14) | トラックバック(0) |
椎茸
 干し椎茸は おだしとしても 煮物としても よく使いますね。

  なましいは 鍋物に。

 今回は ホームセンターで売っている ほだ木を買って 育ててみました。

 と、いっても 家の裏に 置いてるだけです!
            しいたけ ほだ木
  椎茸の菌を 塗りつけたところから 椎茸が生えてきます。
            しいたけ,
どんこといわれる しゅるいのように 厚いでしょう。

   ちょっと だいじにしすぎると 大きく開きます。

   是は 炭火焼きならぬ 卓上ガスで 焼くのですが  まっしろなみを 

おいしく頂けます。香りも グッドです。

    レモンか す橙があると よりいいですね。

    ほだ木に自分で 菌を塗ることも できるそうです。

    この次は やってみるそうですから そのうち 椎茸やさんに 

  変身かもしれません。
【2009/03/20 17:01 】 | 食べ物 好きなもの | コメント(18) | トラックバック(0) |
慶ぶ(よろこぶ)
  今日は 母親の 誕生日です。

  父親と同じ日にちの 誕生日なので 慶びをこめて 慶子(よしこ)と

 なずけられました。まず 読めませんから どんな字ですかといわれて

 慶応のけい と言いますが それも最近は 怪しくなりました。

 (よし)の読み方は 武将の名前などに たまに見かけますが 名前は 

誰もが読める字が 一番いいようです。
                         ばら
  舅・姑の墓  父のお墓にもおまいりしてから 好物の 寿司屋に 

 連れて行きました。

  食べられない とか言いながら 握り寿司は 結構いただきます。

  菓子屋で 祝いの 小さなケーキを買いました。

  おかげで今は 少しくらいはあるけますので ありがたく思っています。

  昨日も実家の近くで 車の事故がありました。

  いつ 事故が起きるかわかりません。 きをつけていても 起きますね。

  皆様もどうぞ お気をつけくださいませ。

  鮭のあらを たくさん貰いました。夕食は 鮭のほぐし丼なんか どうでしょうか。

  
【2009/03/19 14:07 】 | これから 健康  散歩 | コメント(18) | トラックバック(0) |
はなにら
 足を どこにおいたらいいの? と思うほど 沢山出てくれた はなにら

いよいよ春の到来!を 通りこして 晩春の温度のようにあります。

 昨日も 昨日も 5月並みの 暖かさ 暑さでした。

 お寺の 枝垂れ桜は 2分から3分咲きです。

 大木の白もくれんは 今を盛りと咲き誇り お墓の掃除も すすみます。
                          花韮
 家の墓の 掃除も   姪の卒業作品の 展示(デザイン系の学部です)も

見に行かなければと またまた あわただしくなってきた 小紋です。



【2009/03/18 19:07 】 | 木  植物 花 野菜 | コメント(22) | トラックバック(0) |
土筆
 秘密の場所や 行き合わせたところで いるだけ摘んで 季節の味として 

楽しんでいた土筆ですが 知り合いが 作日行っていっぱいあったからと 

地図まで書いてくれたので 出かけてきました!
                           土筆
  自然の物は 採るのは面白いのですが ツイたくさん採りすぎて はかまを取ったり 

 手のいることが多いので 一度に食べれるだけ採るように決めているのですが

 土手いっぱいの土筆に 感激の家人が 帰るといわず スーパーの袋に4杯。

  帰りに 二軒に無理やり置いてきて 又友人に電話して 取りに越させています。

  孫が摘んできたのも まだ 茹でていません。

  明日は スギナに変身しているかも知れない 小紋です。
【2009/03/17 16:32 】 | 食べ物 好きなもの | コメント(16) | トラックバック(0) |
木瓜
  自分の言ったことを 正反対の意味にとられていても それは違うと いえないときや

 言わないままに 物事が進んでいく ことがあります。

  そういうことを一つ一つ乗り越えて 捌いていくのが 人生かもしれません。 
                      木瓜
  そんな浮世の 出来事に 「なんですかぁ」と もくもくと自分の勤めを果たし 

 今年もきれいに咲いた 赤の木瓜。

  介護保険の 更新の 病院審査に 付き添ってきました。

  デイ・サービスに 行けて また お友達に会えるようになると いいですね。

  

  

【2009/03/16 15:23 】 | 木  植物 花 野菜 | コメント(16) | トラックバック(0) |
快晴
 種類の違う水仙が 咲きました。 珍しいのは 何本かしかありません。

  菜の花と この水仙を入れますと 玄関は 良い香り 強い香りです。
                     水仙
  金曜日の 強い 昨日の強い風も ほとんど おさまり 今日は快晴

  車に乗っていると 暑いくらいです。

  北九州から 羽田に飛ぶ人たちの お見送りに 北九州空港に。

  開港3年目の今日は イベントがあっていて たくさんの人でした。

  30メートルの ロールケーキも 作って配っていました。

  日ごろ 静かな小さな空港も 今日は 満員です。

  駐車料金(一日390円)も安く ちょっと遊びに来るのも いいものです。

  これから爺さん 婆さんの生活に戻ります。

  さて、中断していた 裂織りでも やりましょうか。
【2009/03/15 16:44 】 | 家事 | コメント(10) | トラックバック(0) |
銀河鉄道999
 銀河鉄道999の作者 松本零士さんは 福岡県久留米の出身です。

 北九州空港に メーテルの人形を おいて居ることは この前書きました。

 お迎えに行ったので 約束どおり やっと アップ出来ました。
                     メーテル
  小紋さんはね お昼のお寿司屋さんで いっぱい食べたのと 疲れで 横になって

 いたのですが 土筆取りに みんなで出かけたので 是を 書いていますよ。

  孫二人の 御守は 久しぶりで 老体に こたえてるようですね。

  夕食?  焼き牡蠣  鱧のみんちのお澄まし サラダ・・・・・ 

  子供たちは  なにがいいでしょうかね。
  
【2009/03/14 14:24 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(14) | トラックバック(0) |
姫路城
 見事なお城です。

 石垣ひとつにも 人々の汗の結晶が みえます。

 石が足らず 石臼を 使っているところもあります。

 まずは 石の美を ご覧くださいませ。
                       CIMG5627.jpg
       CIMG5625.jpg
              CIMG5623.jpg
                     CIMG5626.jpg
                                 CIMG5628.jpg

【2009/03/13 15:50 】 | 旅  趣味 | コメント(26) | トラックバック(0) |
アーモンド
 今年も かわいらしい アーモンドの花が 開き始めました。

 おちょぼ口のような 先が紅の 蕾も愛らしく 春の訪れを 知らせます。
                 アーモンド
                                アーモンド
  花の咲く間が 長いので 毎日見るのが楽しみです。

  ちょっと忙しく ばたばたしていますが 昨日撮ったので 見てくださいね。
【2009/03/12 19:46 】 | 木  植物 花 野菜 | コメント(12) | トラックバック(0) |
天の橋立
 3日目は 城崎から 蕎麦で有名な 出石  日本三景 天の橋立 そして

世界遺産 姫路城によりました。
                     CIMG5610.jpg
  小京都のひとつ 出石は 城下町 家老屋敷や 辰鼓楼(時計) 沢庵和尚のお寺

 宗鏡寺(すきょうじ)など 落ち着いた町です。

  歩いていますと 出石絹を おる織機の音が きこえてきます。

  出石焼き 白い焼き物もあります。

  是は 宗鏡寺のすぐ下の寺の前に並んだ 二人の お坊さんの左の人です。

  とても愛嬌が お有です。
 
  お蕎麦は皿そば さらに入れたそばにお汁をかけていただきます。
                 天の橋立
  天の橋立は 傘松ケーブルで 傘松公園に登ってみます。

  宮津湾に注ぐ川と 宮津湾から 運ばれてくる土砂が ちょうど真ん中で盛り上がって

 できたのです。宮津湾を横切る3,6キロの細長い砂と 松林の美しい景観です。

  ゆっくり時間をとって 向こうまで歩いてわたりたいですね。

  地球の変動で 島の左右が ぽこっと落ちたなんて 想像していたのですが

 違ってました。
                              餘部
  (鳥取砂丘から 城崎に向かう 途中の 余部鉄橋 高さ40メートル こわ)





【2009/03/11 16:11 】 | 旅  趣味 | コメント(16) | トラックバック(0) |
城崎
 有名な 城崎温泉は 若いお客さんも多く 7つのめぐり湯が あるとかで

狭い道は 行きかう人で あふれています。

 今回は 西村屋招月庭と言うところにとまったので お風呂も広く 露天風呂も

サウナも ジャグジーも付いていて ここだけで ゆっくりすることができました。

 かには もういりませんと言うくらい 付いておりました。
                         CIMG5608.jpg
  お雛様の器が かわいく 撮って見ました。

  かには もちろん お土産のナンバーワンですが 今回はパス。

  干物・練り物・まいたけのからし漬け・それに出雲 彩雲堂の若草

  小さなお土産は やはり旅の楽しみです。 

  


 
【2009/03/10 13:32 】 | 旅  趣味 | コメント(17) | トラックバック(0) |
コウノトリ
 こうのとりと言えば 赤ちゃんを 運んでくる絵を思い浮かべますね。

 何色と きかれれば 白と答えますが はねの先は 黒なんです。

 足は紅色で くちばしは 黒く長いのです。
                        コウノトリ
  「コウノトリの郷公園」は、特別天然記念物の コウノトリを保護・繁殖・野生復帰 

 人と自然が共存する環境づくりの活動を行う施設です。

  水田は 冬でも水を張られ コウノトリの すみやすい環境に 作られています。

  飼育中のコウノトリは 12羽 見ることができます。訪鳥されたコウノトリも

 食事時には 飼育中のコウノトリにあたえられる餌をねらって 帰ってきます。

  青サギも とんびも来るんです。

  柱を立て 丸い円盤のようなものを のせたコウノトリの巣には 赤ちゃんが

 うまれているようです。

  巣立つまでの 2ヶ月間 毎日たくさんの餌を たべます。

  そのため 泥鰌も 飼育しているとか 長いくちばしを器用に使って 泥鰌を

 飲み込む姿を 間近で見ることができます。

  場所  兵庫県豊岡市祥雲寺字二ヶ谷128番地

          0796-23-5660

  
【2009/03/09 13:46 】 | 旅  趣味 | コメント(12) | トラックバック(0) |
ピラミッド
 こうのとりの公園のことを 書こうと思うのですが 少し風邪気味で

 まとまりません。

 3週間かけて 読んだ本です。

 先日 ボッチチェィりの絵を見に行ったのですが これはすべて

 コルシカ島の 美術館から来たものでした。
   
ピラミッド 封印された数列 上ピラミッド 封印された数列 上
(2009/01/08)
ウィリアム・ディートリッヒ

商品詳細を見る

  当然 ナポレオンのものも展示してありましたので 原題に惹かれて

読んだのです。

  ナポレオンのエジプト遠征の頃 主人公のアメリカ人が ふとしたことから 

手に入れた不思議なメダルに まつわる冒険の 物語です。

  ピラミッド 見に行きたいですね。
【2009/03/08 20:12 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(10) | トラックバック(0) |
砂たまご
  2日目は  鳥取砂丘  コウノトリ郷公園をみて 城崎温泉でとまります。

  砂丘は 前の日の雨で 砂が濡れて お砂場状態です。

  どこからか さらさらと 入って来るわけではないので 歩きやすいです。

  時刻表は 愛読書ですが はじめのほうに「おみやげ コンシェルジェ」という

 名物を紹介するコーナーがあります。

  昨年買った号には 砂丘の「砂たまご」を 紹介していました。
                          砂丘土産 砂たまご
  行くことがあったら 買いたいと思っていたので 見つけた時は 嬉しかったのです。

  丘の砂にうずめて 約 250度の熱で 加熱したとか。

  水分が程よく抜け 栗のようなほくほくした食べ応えと 説明にあります。

  燻製のようなかんじで 小紋は大好きです。
                          鳥取砂丘

【2009/03/07 20:00 】 | 旅  趣味 | コメント(14) | トラックバック(0) |
足立美術館
 3~5日 「城崎温泉・皆生温泉 名湯 くつろぎの旅」に 行ってきました。

 新幹線あるトンネルを抜けると 其処は白い世界。

 あのように美しい雪景色は みたことがありません。

 スキーに行く人の気持ちが 分りました。
 
 広島で乗り換えて 中国山脈を バスで越えます。

 ゆっくりの旅の 第一の目的は 足立美術館です。
       CIMG5581.jpg
                     CIMG5584.jpg
                               CIMG5586.jpg
  今回の収穫は 「王昭君(おうしょうくん)」のことを 知ったことです。

  熊本城が昨年4月 新装相成ったとき 「王昭君の間」と言うのが 復活と言うか

 作られて 見事な襖絵が 書かれています。 うかつな小紋は ふーんで 終わり

 いつか行こうか と言うくらいだったのです。

  安田 靫彦(ゆきひこ)の「王昭君」の絵を 見るまでは まったくその美しい姫の  

 潔い生き方を知りませんでした。人の名前かどうかも しらべて見なかったのです。

  旅は 何でも教えてあげるよ おいでと 招いてくれるような気がします。

  ちなみに 熊本の しょうくんは 将軍に通じて 秀頼が 頼ってきてもいいように

 作られたとか・・・・・・
【2009/03/06 17:10 】 | 旅  趣味 | コメント(18) | トラックバック(0) |
紅色馬酔木
 コメント有難うございました。 少し留守にしました。

 これは 播州 姫路は、姫路城そばの好古園の

 紅色馬酔木です。  きれいでした。
                      紅色馬酔木
【2009/03/05 21:50 】 | 旅  趣味 | コメント(18) | トラックバック(0) |
また雨
 「冬知らず」は、元気な花で 名のとおり 冬をしらずに 咲き続けてくれます。

 金盞花を 小さくしたような花です。

 何年かは 貰っても 付きませんでしたが 今は どんどん増殖中です。
                            冬知らず
  花のないときは 丈が短いながら ありがたく 冬の衣を脱ぎ捨てだした今 

大株になって ちょっと 邪魔なんですが そんな薄情なことはいったらいけませんね。

  予報どうり雨となりました。



  

  

    
【2009/03/03 05:21 】 | 木  植物 花 野菜 | コメント(24) | トラックバック(0) |
一朝の夢
  3月3日といいますと 上巳の日 そして桜田門の変を

 思い浮かべます。

  主人公は 跡取りではないゆえに 好きな朝顔の栽培に 打ち込むのですが

 兄の死により 家を継ぎます。

  同じく 一番下の弟で 茶の湯などに打ち込んでいたのですが これも 

思いがけず城主となり 大老にまで 上り詰める 井伊直弼と出会います。
                        
一朝の夢一朝の夢
(2008/06/24)
梶 よう子

商品詳細を見る

  朝顔にかける 情熱は それはなみたいていではありません。

  一生一度 ご褒美に咲くという 黄色の朝顔 是を めざして 刻苦勉励

 あさのひと時 一仕事済ませてから 本来の仕事にまいります。

  黄色い朝顔とはもうしません
 
  昨年 6つ、7つ 違う種類を植えた小紋は ぎざぎざのかわった葉ばかりで

 とうとう花を咲かせなかった 頑固朝顔があるんです。

  もう一度 うえて なんとか 咲いてほしい 咲かせたいと思っています。

  
【2009/03/02 05:15 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(12) | トラックバック(0) |
もう3月
 今週こそ何もないだろうと思っていたら 叔父(姑の妹の夫)が なくなりまして、

通夜だ 葬儀だと忙しく 2月もあっというまに 過ぎ去りました。

 1月は行く 2月は逃げる 3月去る とは よくいったもの そのとおりですね。

 あたふたと過ぎ去る日々 でも春が来て 花を見て 鳥がなく。

 お出かけしたり お客が来たり 忙しいながらも 心躍る出来事もありましょう。

 心無い態度や 出来事で ひとを傷つけたこともあるでしょう 言ってもらわないと

本人には わかりづらいこともあります。

 お棺の蓋を閉じる時は 人生 総決算。

 ぼんやりの小紋も もう少し気をつけて 生きていくことにいたしましょう。
                          ヒマラヤ雪ノ下
  ここら辺では 邪魔になる といいます。 いろいろ世話をかけることをです。

  道を歩く人は ほとんどなく 通るのは車。  

  どんどん高齢の人が増えるいま  なるべく邪魔にならないように 

 自力で動けるように することは いっぱいありますね。
【2009/03/01 06:07 】 | これから 健康  散歩 | コメント(14) | トラックバック(0) |
| ホーム |