FC2ブログ
時計草
 前は 違う色の トケイソウが 家を覆っていた といっても過言ではない

くらいあったのに ばっさり切っとった 友人の家。

 あれ? また 覆われている。 3年で こんなになるから 植えるところ

考えてねといわれて 新芽を 貰ってきた。 紫も いいでしょう。

 
 おばの家では 隣の家に 枝が出ているから 断ってから 切ってあげると 

はさみとごみ袋を 持ち出し 一声かけた 幼馴染の家。

 それからが 大変 口は動くが 手が動きません。

 おばちゃん そっくりになった顔を見つつ 50年前のことを思います。

 叔母は 小さい小紋にとっては 大人です。父母が 遠くで働くことになり

今の 娘の年くらいのときに 独身のに 姪を預けられ 祖母とともに

右往左往 したことでしょう。
  
 年へて 今度は 私が 役に立つ年と成りました。

 一時間たっても ふえぬ袋の中身 

 とうとう 時間だよの声がして おしゃべりも お仕事も 終了です。

 あのころ 走り回った同じ道は 今 足を 目を いたわりつつ

あゆみゆく道です。 

 下校の小学生に お帰りと声をかける道です。

                    
【2010/07/03 05:00 】 | 木  植物 花 野菜 | コメント(18) | トラックバック(0) |
| ホーム |