カサブランカ
  映画ではありません。  花の百合です。

  去年 売れ残りの苗を買って 植えたと書きましたが

  今年は なんとか無事 花が咲きました。

  是は 一本に10も 花がついています。

  うれしいですが 虫も 百合が大好きで よく食べます。

  芍薬 牡丹 百合と 咲きましたが よたよた歩かないように

  百合の花のように・・・・難しいですね。

                     カサブランカ
【2011/06/29 05:00 】 | 木  植物 花 野菜 | コメント(14) | トラックバック(0) |
忘れられない豆
小さいときは 「なんきんまめ」と よんでいた。

 紫色っぽい色の実と覚えているが 写真の実は 萌黄色である。

 「白花早生ふじまめ」と 「赤花早生ふじまめ」2種類あるので

 両方 蒔きました。

 夏の終わり 秋の初めに JAなどで 売っているのを 何回か見た。

 虫が よく入るのですが わすれられない 味なんです。

 今年は 是非と思っていたので タキイから 取り寄せました。

         白花早生ふじまめ


続きを読む
【2011/06/27 05:00 】 | 木  植物 花 野菜 | コメント(16) | トラックバック(0) |
野の紫陽花
 22日は 絞るほど汗が出た日 蒸し暑い一日だった。

 少し昼寝をしたせいか なぜか 日付がかわっても どうしても眠られずにいた。

 車のドアを バタンバタン言わせる音が続き なにか急を要することが

 起こってる様子。

 そのころ寝てしまい 起きると 近くのおばあさんが 亡くなっていた。

 隣の夫人に 気をかけてもらい続けた 晩年です。

 本当に よくしてあげたと思います。

 家で亡くなると 見つけた人 連絡した人への 事情聴取が長いとか。

 きりっと生きた人も 最後には どなたかの手を煩わせます。

 子供が遠くにいる私達は ご近所とのお付き合いに 気をつけていなければ

 いけません。私どもも いざというとき ちからになる 親戚もありません。 

 ご近所が もしものときの 頼みの綱です。

 お通夜までの時間 前から約束の 紫陽花を見に ちょっと出かけました。

 雨の紫陽花もいいよね との 計画が 暑いこと暑いこと

 短時間なのに しっかり焼けて 帰ってきました。
            DSCN1084.jpg
                               DSCN1091.jpg

【2011/06/25 05:00 】 | これから 健康  散歩 | コメント(18) | トラックバック(0) |
ちょっと一言
 雨が上がったが 蒸し暑い22日  通りすがりに いつも広い田で 熱心に

 農作業をしている姿を見る人が 仕事を終わり 車に積み込んでいたので 

 面識はないのですが つい「よう働きますね」と 言ったら 

「お花好き?」というので 好き好き と答えた。

 写真の グラジオラスを 貰いました。 

 私は お返しに オレンジを あげました。 とてもいい 一期一会 でした。

 会話  大事ですよね。

 物を言っても 一言の返答もなく かつ 適切に仕事する人います。

 いいんだけど なにか 物足りません。

 できたら ちょっと言葉のやり取りがあったら 気持ちが なめらかなのにと

 思います。 年に一度の 健康診断の・・・・場面です。

 肺と胃の検査もしました。 書類をバスに置き忘れたり はめた腕カバー

 したまま 出てきましたが 担当の男の人は にこやかな応答でした。

 私も そうできたらいいなと思いました。  

                        DSCN1082.jpg


 

 

 
【2011/06/23 05:00 】 | これから 健康  散歩 | コメント(34) | トラックバック(0) |
蔓が伸びます
 伸びた蔓の先に芽がつき その形が オリヅルの形にみえる オリヅルラン

 綺麗なのを もらってきても 枯れたり なくなったりで

 縁がなかったのです。

 冬 枯れたので 植木鉢の形のまま 捨て置いたところ

 根がいっぱい巻いていることに気づき 大きめの鉢に植え替えたら

 立派に 芽が出て 葉が出て 蔓が 延びてくるではないですか!

 うれしくて うれしくて・・・とっても うれしいのです。

 八方に蔓がでて 場所を とりますが・・・あっちに動かし こっちに置き

 折らない様に 気をつけています。
                     DSCN1080.jpg

                     
【2011/06/21 05:00 】 | 木  植物 花 野菜 | コメント(18) | トラックバック(0) |
目から
 パンつくり2回目は ロールパンと 水羊羹です。

 45グラム 計って 第一次発酵をしますが そのとき くるくると 6の字を

 書くように 生地を丸めるのが 下手で下手で 「是はやり直しましょう」

 と 言うことで いつも小紋の班は 最後に出来上がります。

 みなさん ご迷惑をおかけいたします

 細長い 3角形にして ロールに巻くのも ずんぐり カタツムリみたいで 

 超下手なんです。

 二次発酵して 焼きあがりますから 出来上がりは まあまあ よかったですが・・・

 監督に徹するか せっかくやる以上 命かけて 練習するか・・・

 そこが問題なんです なあんてね。 

 レタス 胡瓜 トマトを はさんで 美味しかったぁ。

 クープ(切り目)入れて ピザ用チーズを まぶして焼いたのも 美味でした。

 水羊羹は アガーアガー 大納言 白餡 使っています。

 水無月とでも名づけましょうか 和菓子はまず目から

 おいしゅうございました。
                        みずようかん
        16 17 18日と雨ですが おかげで今7時45分は 止んでいます。

           19日は 降りましたが 20日は 朝から あがり
           午後19:00 青空が出ています。
         
   
続きを読む
【2011/06/19 05:00 】 | 食べ物 好きなもの | コメント(22) | トラックバック(0) |
紫陽花づくし
 求菩提山の 谷あいの狭い土地 棚田を囲むように 畦に植えられた 

 紫陽花

 白 水色 ブルー ピンク ボタン色 黄みがかった白・・・

 畦は 床の間のように綺麗に 草を刈られ 蔦をとられ 紫陽花祭りを

 待つだけ。 賑わいを避け まだもう少しのときに 見に行きました。

 小紋お得意の「夢のような」景色が 広がります。

 来週 もう一度 谷の一番上まで 咲いたころ 見に行ってきます。 

  坂に向って たれ下がる花を 上から
                  DSCN1053.jpg
               田植えの終わった水田 みえるでしょ
                               DSCN1052.jpg
                                ミス・紫陽花なのよ

続きを読む
【2011/06/17 05:00 】 | 裂織り | コメント(24) | トラックバック(0) |
寸暇を惜しむ
 寸暇を惜しんで・・・する 根気が だんだん なくなっています。

 処分するつもりの 旅行会社の案内を いつの間にか読みふけり

 デビッド・オースティンの薔薇のカタログに ため息をつき

 四角豆の芽が出なかったので タキイに 注文したら カタログが

 送られてきて これも 見るのが楽しくて 読みふける有様です。

 野菜も花も 充実していて クレマチスや薔薇は 見飽きないので

 あれや これや 印をつけて 楽しんでいます。

 葉や花が りんごの香りのする 家の薔薇は 

 「ワイルド・ローズ スイートブライヤー」と 分かりました。

 福知山の花公園でも 医院の入り口でも見た ピエール・ドゥ・ロンサール  

 中が濃いピンク 周りはピンクの ミミエデン

 萌黄色の薔薇 わかな   シャルル・ドゴールに  サイレントラブ

 ・・・・・・・ あ、見るだけですよ! 見るだけ。

 ま いっかぁ ぼつぼつ いこかで 行きましょう。 

                      
            花より・・・ではありませんが 送られてきた 柿の葉ずし
           
【2011/06/15 05:00 】 | これから 健康  散歩 | コメント(22) | トラックバック(0) |
生々流転
 せいせいるてん  または しょうじょうるてん

 一切のものは うまれてたえず変化し 移り変わっていく・・・

 この題で この意味で いいのか迷いましたが 新旧の交代でもあり・・・

 これからの孫達や 友達の 伸び盛りの子らをみて

 夫婦で旅行して帰ってくると なぜか お通夜 お葬式の 知らせが来ます。

 遠縁の おばあさんが なくなりました。

 何度か倒れて 病院に 出たり入ったりします。

 大たい骨骨折から 病院へ 施設へ あちこち悪くなり 救急病院 

 後は3ヶ月たったら 普通の病院か 施設か。 

 いつだろうか どうしようかと 近くの人も でかけるとか 

 催し物には 気を使いますね。

 一週間に見る 上向きの成長と 生をおわり 完了の死。

 迷惑をかけつつ 誰も 同じ過程をえて 棺の蓋を閉じなければいけない。

 知らぬ間に あそこを打っていた ここで蹴つまづいたと 集ったもので

 話しながら 一ミリずつ そこに向かっていることを 

 改めて確認した 今回です。  
                       
【2011/06/13 05:00 】 | これから 健康  散歩 | コメント(20) | トラックバック(0) |
背中合わせ
 大きな道路を挟んで 背中合わせのところに 屋移りする娘の手伝いに

 行ってきました。

  近いので 大きいもの以外は 自分達で運ぶ と言うのですが

 あるわ あるわ 10年足らずの間に 物が大層 増えております。

 詰めて運んで 出して収納に入れる これがまた 箱の外に マジックで

 書いているのに 要るものが出てこない いらないものは 直ぐ見つかる・・・・

 何日でも 居ってやりたい ばあたんですが 孫の守りに疲れ 

 暑い風呂が恋しい家人は 帰心矢の如し→ → → → → で 

 仕方なく 帰ってきました。

 薬師寺は 法隆寺は 大阪城は と言う 小紋に  

 「どっこも 寄りたくない」 と答える・・・・・・・・は、新大阪で 

 お弁当とビール 神戸プリンを仕入れて さくらに。

 
 たくさんの訪問 コメント ありがとうございました。
 帰りの在来線に 乗ってる間中 大雨 九州はやっぱり 雨~だった♪
                    
                    雨に 地を這う 紫陽花さん
【2011/06/11 05:00 】 | あたらしいもの 孫  | コメント(18) | トラックバック(0) |
諸田 玲子
「日月 めぐる」は 一万石の 大名の城下町(城はない)の人々の話 
                
                 
【2011/06/07 05:00 】 | 本 折り紙 美術 | コメント(4) | トラックバック(0) |
127時間
アウトドア好きの青年アーロンは ユタ州のキャニオンで 大きな石に

右手を挟まれ 身動きが取れなくなる あなたなら どうする! 

そんな あぶないところに 一人で行かない・・・・・正しいです。

でも トイレの前においていた コタツかなんかが トイレのドアに倒れ掛かり

出られなくなり 何日もそこから出られなかったという 報道がありました。

入院中の母親が 娘が病院に来ないのは おかしいといって 

部屋を見てもらい 助かった事件がありましたね。

小紋も 鍵が開かなくて トイレに とじこめられたことがありますよ。

どうして出たって・・・・上のあいたところから 忍者のごとく・・・・・?

この本を読んで 平地にいても 「危機管理」を 考えておかなくてはと

改めて思った小紋です。                                                             
【2011/06/05 05:00 】 | 本 折り紙 美術 | コメント(26) | トラックバック(0) |
 月に一度の博多行きは 直ぐ巡ってきます。

 博多駅名物といいますか 大きな声で おはようございますと 朝の挨拶をする 

 警察官も 新装成った駅で復活しました。

 雑誌から抜けでた様なスタイルの 若い女の子 ひげを生やした その連れも

 まけずに 帽子をかぶって 雑誌から抜け出たような いでたちです。

 コロコロをひいた 海外旅行ぐみ  等々駅は 旅の始まり そして終着駅。

 着いたら クロワッサンいつくかと 桜ひよこを 求めておく。

 お土産を待ってる 年寄りがいるので 帰りに時間がない時の保険です。

 手芸店や 美術館など 何か一つ見て帰りいたい 博多の街ですが

 大丸の「草乃 しづか 刺繍展」に 行ってきました。 

 本やテレビに よく出る草乃刺繍 それは 繊細で 華やかで 豪華

 絵物語のような 着物の数々 帯 日本の紋  屏風

 帰って 疲れて 舞倒れるくらい 凄いものでした。

 優雅な若紫の訪問着姿の 草乃先生を お見かけしました。

                                        


 

 

 
続きを読む
【2011/06/03 05:00 】 | 旅  趣味 | コメント(18) | トラックバック(0) |
 「みるだけ」は 冷蔵庫や ほこりだけでなく 日ごろ通る道の店屋の看板も

 そうなんですよね。 創業安政5年 ただいまは4代目の 表記があります。

 気になって 引いてみました。安政5年は 1858年 安政の大獄の頃。

 1853年に ペリーが来て 大騒ぎになり 将軍の継嗣問題があり・・・・・・

 1860年 上巳の日 桜田門の変 井伊家の部屋住みの身から井伊家を継ぎ 

 大老になった 井伊直弼が 雪の中 暗殺されます。

 そんな時代から 153年 4代にわたって 畳屋の職を ついできた家。

 さすがに 曾祖母は 知りませんが 江戸時代は 

 ほんの少し前なんですよね。 テレビドラマ「仁」は この頃に

 タイムスリップした 医師の物語 荒唐無稽といわば言え あの音楽をきいたら

 チャンネルを合わせずにはいられない 最近の小紋です。 

                     夕焼けの鉄線
   5月15日の白い鉄線 なんとなく仁の 江戸の町の 夕焼けの映像みたいで 
気に入ってます
【2011/06/01 05:00 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(18) | トラックバック(0) |
| ホーム |