FC2ブログ
時は元禄
講談か 浪曲か覚えてないが 「時は元禄15年 雪のちらちら振る夜に」

と 子供のころに言っていたから 昔から忠臣蔵が好きだったのだろう。

2日の夜の長時間ドラマを 見たいと思っていたのだが 長期滞在の

後始末など あれやこれやで 結局ドラマは最後の最後を 

少し見ただけでした。

大石内蔵助が 討ち入りの前に 揺泉院に会いに行く。

他家に奉公と言ったため なじられ 愛想尽かしをされても 上杉の間者の

存在を考え ひたすら耐え忍ぶ。 ここが一番好きなのかもしれない。

屋敷の外に出て 裃姿に傘をさす。雪なのに寒かろうと思うが ここで

もこもこ着ては 絵にならない。颯爽と 去っていく大石 すきだなあ。

討ち入り後の ごめんなさいも 涙を誘う。

内蔵助役は 舘 ひろし。石原軍団には 徳重 聡がいる。

遊びに来た甥は 彼に似ている。。。様な気がする。

                   2012-01-08 001 002 (640x480)
               小紋は緑色が好き スイーティ アボカド
               林檎とキウイを食べてしまって買ってくださいと
               家人に言われる 下に敷いたのは初売りワンコインの
               大判スカーフ 温いです 
【2012/01/09 05:00 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(20) | トラックバック(0) |
| ホーム |