FC2ブログ
リュック一つ
 四日目は ブルージュから ダイヤモンドの取り引きの中心地

 アントワープへ。港湾都市でもあるアントワープには バロック芸術の巨匠

 ルーベンスが暮らしました。
     
 ノートルダム大聖堂には 「キリストの降架」が 飾られており

 「フランダースの犬」の ネロ少年が 最後に見ることができ 

天に召される 物語で つとに有名ですね。
    2013-04-17 001 043 (480x640) (480x640)
                        2013-04-17 001 044 (640x480) (640x480)
   大聖堂の直ぐ裏側  グローテマルクトの ブラボーの噴水
これは アントワープのいわれを 物語っています。
   市庁舎や ギルドハウスがいっぱいです
     2013-04-22 001 003 (480x640)

  オランダと言えば 風車   キンデルダイクの風車群
  オランダは自転車 歩く道と 自転車道が こんなところにも
  猛スピードで飛ばしますから 自転車道を 歩いたらいけません


  ハーグは デン・ハーグと言われ 政治の中心地です
  平和宮(国際司法裁判所)は カーネギーの寄付によってできています。
  日本大使館もあります。ビネンホフの一角にある マウリッツハウス美術館は
  ただ今 修理中なので 市立美術館で 展示されています。
  レンブラントの出世作「チュルプ博士の解剖学講義」
  「レンブラント自画像」そして フェルメールの 「デルフトの眺望」
  時間が来るまで デルフトを ずーっと 見ていました。
  本で見るより 画面が明るく感じます。 
  最後は一人きりになりました 至福の時でした。
続きを読む
【2013/04/23 00:07 】 | 旅  趣味 | コメント(14) | トラックバック(0) |
| ホーム |