FC2ブログ
看護婦さーーん
家の裏にあるこの椿は 表と同じ種類ですが いつの間にか

咲いて散り 自分を主張することなく 控えめな うつくしい椿です。

肺炎で 叔母が 救急車で運ばれたこともあり 金沢旅行も吹っ飛んだ

緊張の10日間でしたが 浮腫もかなり 改善されました。 

落ち着いてみれば 同室の患者の 観察も始まります。

「看護婦さん 私にも何かください」と 言い続けるのは 100歳近い人

口をしめすのに 小紋が 叔母にやった オレンジの香りがしたのか

そこに立っているのは 誰かと 誰何が始まります。

その前には 「やかましい!」と 叫んでいた・・・・

今までのところと環境が変わり 人が変わる 入院した時は 

具合が悪いですから 何が何だかわかりません

気が付いてみれば 今どこに 何しに来ているのか なんで来ているのか

わからなくて 不安になるようです。

いつ 入院患者になるかわかりません 一人でも耐えられる

精神力 克己力が いるようです。
 IMG_2246.jpg
【2016/03/29 00:00 】 | これから 健康  散歩 | コメント(6) | トラックバック(0) |
| ホーム |