FC2ブログ
ミラノ
  ミラノはファッションの町 おしゃれな街として知られています。

  ビットリオ・エマルエーレ2世ガッレリアは モザイク模様の床とアーチ型の優美な

ガラス天井を備えた アーケードです。

 中央十字路の天井には 四大陸を 象徴的に描いたフレスコ画があります。

 ドゥオモ広場と スカラ広場を結びます。

 ブランドの 商店街といって良いでしょう。

 教会を意味する ドゥオモは各地にありますが ここのドゥオモは 500年の

歳月をかけて作られ 3,400体の彫像 150本の尖塔を持つ

イタリア ゴシック建築の傑作です。 

美しいステンドグラスは いつまでみても見飽きません。

 薔薇窓の美しさも 特別です。

 いつもでも みていたい教会でした。↓の写真です。
                          
  サンタ・マリア・デッレ・グラッツエ教会は 教会付属の修道院の食堂に

 ダ・ヴィンチ生涯唯一の壁画 ルネッサン期の最高傑作最後の晩餐が 

ありますが 事前予約が必要です。

  「ダ・ヴィンチ コード」で人気沸騰 なかなか取れないと 聞きました。

  ここに確実に入れるコースは 旅費が2倍でしたので あきらめました。

  14~15世紀にミラノを支配していた ヴィスコンティ家とスフォルッア家の居城

 だった スフォルツェスコ城も 見所です。
 
  今は市立博物館として ミケランジェロの「ロンダニー二の ピエタ」の展示が。

  外観のみだったので 見たかった!

  
【2008/12/03 12:18 】 | 旅  趣味 | コメント(20) | トラックバック(0) |
<<ヴェローナ | ホーム | 出発>>
コメント

最期の晩餐は残念でした。
そんなに見るのが大変なんですね。

まだまだ続くイタリアのおはなし
おいしいものもでてくるかな~

【2008/12/03 17:29】| URL | parko #-[ 編集] |

小紋さん おばんです・・・・。
いいなぁ・・・いいなぁ・・・。

最後の晩餐の前に立つと・・・自分はなにを思うのやろ・・・?。
【2008/12/03 17:39】| URL | ひげ #-[ 編集] |

小紋さんへ

やじさん喜多さん旅行いいですね
もうブログ4年めですか?凄いですコメント数も多いのにも驚いています
これからもブログ楽しみにしております
【2008/12/03 18:01】| URL | ニュータイガー8 #-[ 編集] |
おかえりなさい^^
いいなぁ♥ いいなぁ♥ 
行きたい所のひとつ・・・^^

お疲れ様でした。小紋さん
やはり遠いですね~
でも、お写真楽しみにしてます^^
そして・・・
小紋さんも^^三周年おめでとうございますe-398
見たら、私より三日先輩でした^^
これからも、仲良く宜しくお願い致します^^
本当に皆様のお陰ですね
少しずつ、お疲れが取れたら、いらして下さい。
プレゼント企画してるので、また良かったらご参加くださいませ^^

【2008/12/03 19:39】| URL | ノエル鷺草 #-[ 編集] |
parkoさん
 忘れるかもわからないので ここで 
 イカ墨のスパゲッティ  ミラノ風リゾットはサフラン入りのような
 サルティンボッカは   子牛にハムを載せて焼いたもの だったような・・・
 ミラノの子牛のカツレツは お皿からはみでそう
 3大ドルチェは  ジェラード  パンナコッタ  ティラミスだったかな
 写真あまり撮ってないので・・・・       
  
【2008/12/03 20:24】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
ひげ
 こんばんわ。見てみたい 気もしますね。この中の一人が 裏切りますと
いわれたときの顔 どんなんでしょうか。
【2008/12/03 20:27】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
ニュータイガー8さん
 ありがとうございます。おかげで4年なんですよ。あっという間でした。
 たくさんコメントいただき 感謝の日々です。
【2008/12/03 20:28】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
ノエル鷺草さん
 まあ 同じくらいにはじめたのですね。こちらこそよろしくお願いいたします。
 ノエルさんに 写真習いに行かなくては! 
 ぷれぜんとは 遅くなったので だめでしょうね。
【2008/12/03 20:30】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
こんばんわ
最後の晩餐
見て見たいです。
モナリザよりも・・・

でも、私にはイタリアはとおいですね。

せめて、目をつぶって、この絵を思い出して見ます。
【2008/12/03 21:28】| URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集] |
ミラノ
ミラノは都会ですよね。
私はドゥオモのすぐそばのデパートでスリにあい、お財布を取られました(>_<)。出て来るとは思えませんでしたが、いちおうデパートの人に届けたら、とても親切に「取ったのはイタリア人じゃないからね、せっかく来たのにイタリアを悪く思わないでね」と慰めてくれたのがかえっていい思い出になりました。
【2008/12/03 21:40】| URL | うさみ #O7xVy9HA[ 編集] |
遥か憧れの地
小紋さんお帰りなさい。お疲れ様でした。
いつか行ってみたい海外ナンバーワンがこのイタリアです。

大雑把な国民性のようでデザイン性や色感のよさは何処から生まれるのか不思議に思えるほどですが、見習いたい箇所もいっぱいです。

和の良さと、こういった海外の良いところをミックスしたような生活が理想ですが、現実は中々・・・。

追:ここ2~3日アクア・アルタと呼ばれる高潮により、ベニスのサン・マルコ広場が過去22年で最高の水位まで水没したといったニュースを聞き知って画面を見るだけでも切ないですね。
【2008/12/03 21:52】| URL | boumama #-[ 編集] |
こんにちは。
イタリアというとブランドという
イメージがありますが、とうとう、
背に腹は換えられないと言うことで、
日本向けだけ値下げという話も出て
いますよね。
今までレートに関係なく一律の値段
だったという方がびっくりでしたが。
【2008/12/03 23:56】| URL | 君平 #FFeI7iKU[ 編集] |
500年かけて作るって!!眩暈がしそうです
ドゥオモは教会のことなんですね。今度作品展用に音楽とお菓子の絵を描きおろしてもらいました。窓の外にはドゥオモ、部屋にはティラミスとエスプレッソマシーンが描かれてます。なんだか嬉しいです。
行く前に相当勉強した方が良いなと思って読みました。歴史長過ぎかもですけど・・・
【2008/12/04 02:17】| URL | kazumi #-[ 編集] |
オコジョ さん
 西洋も日本も 安土桃山の頃は 美術が花開いていますね。
 プリマベーラもヴィーナスも 思っていたより とても大きい絵でした。
【2008/12/04 10:32】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
うさみ さん
 それは災難でしたね。とても多いので 気をつけるように 再三再四言われました
 お馬鹿な小紋は 古布のバックなんか ぶら下げていたので 抱えて回りました。
 ヒースローで80才の人がパスポート取られたそうです。BAは 大使館で書類が
調わないうちは 絶対乗せませんといわれました。
【2008/12/04 10:38】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
boumamaさん
 私の場合は 絶対ここと いっていくわけではないのですが いいところに導かれるように思います。海に囲まれ 農に恵まれ 本当に美しい風土から 歴史から 芽生える感性でしょうかしら。実際に くるぶしまで来る水を見なければ 信じないところですが・・・・コンバース 少し濡れました。
【2008/12/04 10:43】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
君平 さん  
 エトロのマフラーのシルクの房 とても美しいものでした。ちいさいスパンコールが 
いっぱいついて・・・でも こんなの織りたいと思って買いませんでした。
 ヴェニスで 小さいガラス細工の アクセサリーを求めました。
【2008/12/04 10:47】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
kazumi さん
 弥生時代には 文化が爛熟していたという話ばかりです。西→東と すべてが
運ばれていったのでしょうか? 素敵な絵のようで 楽しみです。
 再度のゆっくり好きなところだけ旅   できたらいいですが。
【2008/12/04 14:19】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
こんばんは!
海外旅行は成田に来るだけでもひと仕事ですね(笑)~。
楽しそうな旅行記を読ませていただきました。
この500年をかけた建造物って、人のやることって神業だわ~。
細かい外観も素晴らしい。
そして、ステンドグラスもきっと見入ってしまうの、私でも分かります。
続きを楽しみに・・・。
【2008/12/04 22:46】| URL | おばちま #UwJ9cKX2[ 編集] |
おばちまさん
 福岡から 出ていませんので ちょっと困りますが 帰りの富士山・日本アルプスは
秀逸でした。 こういう楽しみもありますので ひとつたくさん都市を見ることができる 
と思うようにしています。街灯の花はすべて同じ黄色でセンス抜群  
赤いMのマークは 地下鉄のしるしです。
【2008/12/05 10:20】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mitokomon.blog27.fc2.com/tb.php/1018-86fd36f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |