FC2ブログ
シャンプー
初恋のきた道 初恋のきた道
チャン・ツィイー、チャオ・ユイ 他 (2001/08/10)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る


  シャンプーはなにを、おつかいですか。

  昨日チャン・ツィイーのCMが、新しくなっていました。

  ドレスは、黄色。ボトルにあわせて、赤から、しろ、イライザ

 のような服と、少しづつ変化している。

  
  彼女は、「初恋の来た道」のヒロイン。かわいらしく、

 せつなくて、どれだけ涙を、ながしたことだろう。

  初々しい気持ちを、おいかけるカメラ。この子は、売れる。

  新しい人をみて、予想が当たったときは、うれしいものだ。

  

  実は、この映画、しっていたが、みてなかった。ある人の、

 本で見て、あわててビデオ屋に走ったものだ。
  
  ある人とは??
 

  明日その本を、紹介いたします。
【2006/07/27 06:53 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<旅の途中で | ホーム | アオバハゴロモ>>
コメント

チャン・ツイィー。
家人の好きな女優さんのひとり。
インタビューしてみました。
・・どんな映画ですか。
「いい映画ですよ。
珠玉、というよりも、こういう作品で、デビューできたということが、女優にとって、名誉になる。そういう小品です」
・・・好きな場面。
「小学校のシーン。
教科書の素読をする教師の声と中国語が、うつくしかった。
窓のそとで聞いている村人たちも、よかったですね」
・・・mitokomonさんに、ひとこと。
「あの、穴をあけて、針金(?)でくっつけた どんぶり は、あのあと、どうなったのでしょうね?」
【2006/07/30 12:53】| URL | な・ #-[ 編集] |

 おかあさんというより、おばあさんに、そだてられていたようにも
 おもわれます。 繕いにだしたのは、その人。
 多分、その人より、としとったとおもわれるいまも、大切に
 しまわれているでしょうね。
【2006/07/30 17:03】| URL | mitokomon #-[ 編集] |

インタビューのおかげ(?)か。
「初恋のきた道」観ることが出来ました。

学校のシーン、よかった。心が晴れ晴れするような、先生の澄んだ声。懸命さに、思わず笑ってしまう、こどもたちの声も。

雪の山道を、病院のある町から、遠い村まで、歩いて戻ってくる棺。
・・・誰なのか、いつの頃の生徒たちなのか、まったくわからなかったけれど・・・
どこからともなく現れては、次々に交代してゆく担ぎ手たち。先生の死を悼む、四十年の間の、さまざまな年齢の、生徒たち。
言葉も身振りもなく、雪のなかを黙々と、家のある村へ、学校へ、と。棺とともに、戻る。
私は、このシーンが、一番好きでした。

いい映画を教えていただいて、ありがとう!
【2006/08/02 09:38】| URL | な・ #-[ 編集] |

 輝くような春の青春と、雪舞うおしまいの冬。
 
 見事なラストシーンでした。どうしてもと、こだわる母に、当惑する

 息子。一途に思ってきた、初恋の人への、弔いのしかた。

 本当に、泣けます、書いていても。
【2006/08/02 11:27】| URL | mitokomon #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mitokomon.blog27.fc2.com/tb.php/162-40bf7ab5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |