FC2ブログ
よのなかなかなかなのよ
 

 小倉で、日豊線からの、乗り換え時間が、2分のリレーつばめ

3号に乗り換えるつもりで、人並みにのまれ、のりおくれました。

 28分待ってのったのが、きらめき1号です。これは、リレー

つばめ3号と、おなじく門司港駅発12両編成です。 

 
 ハウステンボスの模様の入った電車。博多発ハウステンボス行き

は、何本もみましたが、通勤特急のハウステンボス仕様は、初めて。

 8時43分に、博多につきます。

 
 吉塚を過ぎ、そろそろ博多駅というところで、むかって右のビル

マンションでしょうか、「よのなかなかなかなのよ」という、

たれまくというか、横幕をはった、部屋あり。

 気分のいいときは、フムフムとおもい、いまいちのときは、

そうよ、あまくねえぜ!とおもいながら、見る。

   楽しみに、見る。

 
【2006/08/08 09:37 】 | 乗り物 | コメント(12) | トラックバック(0) |
<<訃報 | ホーム | わすれもの>>
コメント

七月は博多の能楽堂から大分・東京。
思いがけない狂言月間となりました。
よかったもの。
「武悪」(萬斎・万作。大分)「棒しばり」(万作・萬斎・石田。東京)

一番楽しみにしていた「金岡」(萬斎・万作。博多)は、恋狂い、のお役。
歌舞伎でいえば、孝夫ちゃん、新ちゃんかな?
・・・「にん」が違う、といおうか。萬斎さん、うつくしいけれど、いっかな、狂いませぬ。
この狂言は、再演に期待。

歌舞伎座の泉鏡花四本立て(玉・海老・猿之助チルドレン)といい。
なかなか、いろいろでござります。



【2006/08/09 15:18】| URL | な・ #-[ 編集] |
狂言
ありがとうございます。

萬斎に付いて、西から東へ。ほんまに幸せな、お人でおます。

鳥肌のたつような、物狂いみたいですー。

山本東次郎さんの、狐釣りみたいな。

江戸にいって、歌舞伎座で、玉さん、海老さんみたいな。

20歳のころ、一度行ったことあり、歌舞伎座。
【2006/08/09 20:13】| URL | mitokomon #-[ 編集] |

現在、鳥肌のたつような物狂い、といえば、吉田簔助さん。文楽。

五月、国立の「生写朝顔日記(しょううつしあさがおにっき)」
むごいほどの、すれ違いドラマ。
ヒロインの朝顔に簔助さん。
怒涛のような、終幕の物狂いが、素晴らしかった、圧巻!と。
日ごろ淡々とした家人から、珍しく興奮した様子のメールがきました。

先日、教育テレビで「仮名手本忠臣蔵」五段目・六段目をやっていました(おかる・簔助さん。ほんとに良かった)が。
「生写・・・」も、いつかは放映してくれるのでは?と。首をながくして待っています。
リクエストしました。
うつむいて、黙って座っているだけで、えもいわれず良い、簔助さん。動けば、なおさら。
なぜか、歌右衛門さんを思い出させる、スリリングさ、でございます。
【2006/08/09 23:36】| URL | な・ #-[ 編集] |

追伸。
九月の文楽。
国立劇場四十周年記念・通し狂言「仮名手本忠臣蔵」
残念ながら、吉田玉男さん、ご病気のため、簔助さんは「おかる」ではなく「大星由良助」。
がっかりしていたので、教育テレビの放映が、ありがたかった!
【2006/08/09 23:48】| URL | な・ #-[ 編集] |
こんばんは
あちこち試行錯誤中なので、URlとHNを変えて訪問して、申し訳ないですが、光流ママor吾亦紅と同一人物です。
この回文、とても面白いですね。声に出して読んでみましたが、笑えます。
その時の気分で、読み手の受け取り方が違うのも、なかなかですね。
【2006/08/10 00:20】| URL | われもこう♪ #-[ 編集] |
われもこう様
 ありがとうございます。なんでも、いいほうにとりたいですが、
そうもいかないとき、これは、かなりききます。
リンクうれしいです。
【2006/08/10 08:54】| URL | mitokomon #-[ 編集] |
な 様
 面をつける、人形をつかう、素顔をさらさないことによって、
なおさらの、表現をすることを、考え出したのは、誰なんでしょうか。
私も、すこしづつ、勉強したいです。

若いころ、思うようにならぬことのあったとき、馬鹿じゃないと
できないでしょうが、手一本10年、あし10年と、インタビューに
こたえていた人のあり。

きりぬいて、大事にとっていました。
【2006/08/10 09:36】| URL | mitokomon #-[ 編集] |

ほんとうに。
文楽の左手(右手は師匠がつかう)は、むつかしい。

簔助さんの左手を観ていて、つくづく、そう思います。
師の芸に、なかなか、ついてゆけない。
精一杯やって「左手、やや情緒たりず」。下手をすれば、左手、脱臼か?骨折?になってしまう。
「左手、がんばれ!」と(心のなかで)声援おくることも、たびたび。

師が使う、かしらや右手と同等に使えるようになったときは、すでに、(いつのまにか)師の芸を継承できているのでしょう。

九月の「仮名手本・・」の「おかる」は、昔、簔助さんの左手だった
桐竹勘十郎さん。めでたい師弟共演です。

そして。ここが、歌舞伎と、おおきく違うところですが。歌舞伎の馬の足は、生涯、主役にはなれないけれど。
文楽の足・手には、夢も希望もあって。
一人前になれば、かしら を使える。実力、芸がよければ、主役をはれる。
文楽は、大阪らしい、実力第一主義。

ところで。な・は、ただいま東京。兼業主婦中です。
半年ぶりで、毎日、スーパーに行ってるよ。
【2006/08/10 10:14】| URL | な・ #-[ 編集] |
スーパー主婦  様
 手10年、足10年は、先代桐竹勘十郎です。今は、息子さんで、
三林京子の弟さんですよね。
昨年12月、博多座に、いけなかったの。

これから、みたいこと、勉強したいこといっぱいです。

御教示よろしく。
【2006/08/10 17:21】| URL | mitokomon #-[ 編集] |

ご招待にあずかり、襲名興行、大分で観ました。

「太閤(?)記」十段目。勘十郎さんは、光秀のお役。
「ゆうがお棚のあちらより・・」
出が、おおきくて、素晴らしかった。

操は、簔助さんでした。
この操が、あんまり良かったので、思わず拍手。同時に、
「キャー。簔助さんステキ!」
と。自分では心のなかで言ったつもりが、声になって出たらしく。(ミーハーって、ほんと、迷惑!)
ご近所、まわりの席のかたがたも、つい、つられたのか、歓声が上がって、拍手喝采。

このあとも、襲名興行らしく、力の入った演目が続き、にぎやかに盛りあがりました。
【2006/08/11 11:42】| URL | な・ #-[ 編集] |


文楽。家人は、ずいぶん前から観ていますが。
な・は新参者。こちらこそ、よろしく!


【2006/08/11 12:49】| URL | な・ #-[ 編集] |
残念
 無理して、いけばよかった博多座。みごたえありの
舞台でしょうに、残念。

 残念といえば、残念模様というのがあって、祝儀なのに、
黒一色。わずかに、八掛に小さい模様ありとか。年齢のいった人
がきる。昔は、本当に地味だったのですね。

そんなののを、てにいれましたが、裂いちゃった。
裂織に使います。

【2006/08/11 18:25】| URL | mitokomon #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mitokomon.blog27.fc2.com/tb.php/174-fb92c9bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |