FC2ブログ
サヤカ
  大分は高崎山に、その猿はいる。

  母親の腹にしがみついて育つ猿にとって、両手の先がないのは、

 死に等しいハンデである。それを、生き抜き手で採る餌を、口で

 なめとる。

  新聞の記事で見た時、神々しいほどの、なにかを感じ、ズット、

 切り抜いて持っていた。格が違うよといった、ものがにじみ出て

 いるのである。もまれぬいた、品?とでもいおうか。


  10歳を越えた去年、おどろいたことに、妊娠・出産したが、

 親にしがみついた記憶のないサヤカは、産んだ子を、しがみつか

 せることができずに、おわる。

  高崎山の係りのひとの、無念さが、にじみ出ていた。

 
  
  そして、頭のいいサヤカは、今年産んだ子を、しっかり守って、

 そだてているのです。

  
  
  5月、高崎山に遊んだときは、C群の、餌場登場まで、待てず、

 彼女にあえなかったです。

  そののち、子供のことを、みましたので、なおさらの感動です。

 

  自立すること、見守ること、てをださないことが、いかに大事か、

 人間を見るまでも無く、よーくわかるサヤカの話です。

 

【2006/08/16 10:43 】 | 動物 生き物 虫 その他 | コメント(8) | トラックバック(0) |
<<70日 | ホーム | あききぬと>>
コメント

そのおかあさん猿は立派ですね。
母なら当然のことですが、動物くんで
そこまで立派に育てるなんて、嬉しく思います。
そして感動ですね。この記事を書いてくださってありがとう。
着物がお好きなんですね~わたしもいろいろ勉強したいのです。
あまり知識がないもので。
【2006/08/16 12:12】| URL | 寿司屋のおかみさん小話 #-[ 編集] |
着物
 ありがとうございます。いつかと、おもっていて、今日に
なりました。

 好きなだけで、着るのが上手なのは、友達なんですよ。
お仕事で、いつもきてらっしゃるおかみさんに、着こなしを、
おしえていただきたいです。
 これからも、よろしくおねがいいたします。
 
 リンクさせてもらいました。
【2006/08/16 14:36】| URL | mitokomon #-[ 編集] |

最近、大分には年に一回ぐらいは行くのですが、高崎山は行ったことがありません。
良いお話を聞きましたので、次回行くときは、温泉だけではなく立ち寄ってみようかしらと思いました。
【2006/08/16 16:16】| URL | われもこう♪ #-[ 編集] |
テレビで見ました。
最初の子、生きようとしている姿。
でも、死んでしまった子。

野性の猿だからと、係りの人が手を出さなかった・・・
動物園なら、子を飼育人が育てるのに なんでぇ~?
なんて思っていました。

今年は育っているんですね。
よかった。
うれしい記事を読ませていただきました。
ありがと♪
【2006/08/16 19:51】| URL | miyo #syYevUeU[ 編集] |

こんにちは。
ご訪問&コメント有難うございました。
人間が他の動物の生き方に干渉してはいけないという事
なんですよね。直後の命は救えても、その後にその分の
しっぺ返しが必ず来る。自然は人間が考えている以上に
厳しいと言うことですよね。
【2006/08/16 20:06】| URL | 君平 #3/VKSDZ2[ 編集] |
われもこう様
  是非お立ち寄りくださいませ。
 見飽きない猿たちです。

 モノレールもできて、母も上まで、あがれました。
 が、海たまごとの、つながりが、不親切です。
 らっこも、かわゆく、有名です。
【2006/08/16 20:14】| URL | mitokomon #-[ 編集] |
miyo様
  高崎山は、餌は、最小限やりますが、ただみるだけ。
 芸もさせないし、手もださない、今回改めて、感動しました。
 なんか好きで、ジーットみるだけ1時間なんてやって、あきれられたこともあります。
【2006/08/16 20:23】| URL | mitokomon #-[ 編集] |
君平様
  かなり厳しいようです。
  
  群れも、A、B、Cとあったのが、A、B合体したり、ボスが
  変わったり、母親に頭のあがらないボスだったり、
  とてもおもしろいんです。

  時間によって、餌場に出てくる群れが、ちがいます。
  
  大分に居たせいか、別府の血がながれているせいか、
  猿の話になると、止まりません。
【2006/08/16 20:30】| URL | mitokomon #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mitokomon.blog27.fc2.com/tb.php/182-19d9fd98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |