127時間
アウトドア好きの青年アーロンは ユタ州のキャニオンで 大きな石に

右手を挟まれ 身動きが取れなくなる あなたなら どうする! 

そんな あぶないところに 一人で行かない・・・・・正しいです。

でも トイレの前においていた コタツかなんかが トイレのドアに倒れ掛かり

出られなくなり 何日もそこから出られなかったという 報道がありました。

入院中の母親が 娘が病院に来ないのは おかしいといって 

部屋を見てもらい 助かった事件がありましたね。

小紋も 鍵が開かなくて トイレに とじこめられたことがありますよ。

どうして出たって・・・・上のあいたところから 忍者のごとく・・・・・?

この本を読んで 平地にいても 「危機管理」を 考えておかなくてはと

改めて思った小紋です。                                                             
【2011/06/05 05:00 】 | 本 折り紙 美術 | コメント(26) | トラックバック(0) |
<<諸田 玲子 | ホーム | >>
コメント

小紋さん おはようございます。

危機管理能力が完全に欠如しているおっちゃんですが・・・その本面白そうですね・・・。
【2011/06/05 05:30】| URL | ひげ #-[ 編集] |
ひげさん
 ぜったい おすすめ!
【2011/06/05 08:01】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
楽しそう?!
おはようございます

閉じ込められた経験はありませんが
怖いですね!
危機管理ということ日本ではすっかり忘れていました。
この本面白そうですね。
ちょっと見てみますね。
【2011/06/05 08:55】| URL | hirugao #J7S1TTU6[ 編集] |
hirugaoさん
なにがおきるかわからないこと 今回でよくわかりました。
 気持ちだけでもと 思っていますが・・・
【2011/06/05 14:27】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
こんにちは
どこで、何が起こるかわからない、そのために
びくびくして生きるのはいやです。
だから、「そんな あぶないところに 
一人で行かない」はないですね。

先日も、10日前に熊が出たという貼り紙の
ある山に登りました。
もともと、熊さんの住居に行くのですからも、
出会ったら、出会ったときのこと、あっても
襲われるかどうかは判らない・・・
昨日は町外れに熊の足跡とか・・・

本当にどこで何があるか判らないですね。
【2011/06/05 16:13】| URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集] |

小紋さん

私もトイレに閉じ込められました
あの頃 二世帯でいましたから
孫が帰宅し 住宅会社に電話・・大阪の本社にです
電話はいいものです まもなく来てくれた
忘れることがでません・・

お奨めなんですね よし!
【2011/06/05 16:15】| URL | tonko #RgyCeBHA[ 編集] |
こんにちは。
一人でいかない・・ ですよねぇ~♪
安全を考えるなら、そうなるでしょうし
それより、一人より二人の方が楽しいかなって。。
by aki
【2011/06/05 21:03】| URL | kaboとaki #-[ 編集] |
オコジョ さん
 いたるところにある自然は美しく 動物や植物の住処に 
 お邪魔させてもらっているのかもしれませんね。
【2011/06/05 21:20】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
tonkoさん
大変でしたね お孫さんお帰りでよかったですね。親が洗濯物持って ベランダに
 出たとき 親の真似してカチッと鍵をかける・・・という事故も あるようです。
【2011/06/05 21:23】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
kabo とakiさん
この本では 二人連れに同行を誘われるのですが 行きたいところに行ってから
 あとで合流・・・・の 筈だったのです。自己責任とはいえ つらかったと思います。
【2011/06/05 21:26】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/06/05 23:02】| | #[ 編集] |
事前の情報も大切と痛感しました
危機管理といえば旅行中自由時間の時のこと。
日本語で話しかけてきた親切な若者がいました。通りを案内してくれて「親戚のやっているお店でリンゴティーを」と言われ、ついて行ったら絨毯屋。
客引きだったと判断したのは「悪質な絨毯屋にご用心」と予め知っていたからでした。
ちょっと苦い思い出になりました。
【2011/06/06 01:39】| URL | kazumi #-[ 編集] |
鍵コメさん
 むずかしいことですよね。注意をはらうように 気をつけましょうね。
【2011/06/06 03:54】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
kazumi さん
 そういうことが ありましたか。早めにわかって よかったですね。
 リンゴティーが 高くつきますね。旅行中 きをつけないといけませんね。
 
【2011/06/06 03:59】| URL | 小紋 #-[ 編集] |

今は何があるかわかりませんものね
是非読んでみたいです!

夫が昔ヒューストンに駐在した直後に締め出されたことがあったんです
テラスからお庭に出ると自動で扉が閉まってしまい・・・
小紋さんと同じですトイレの上の小さな窓からはいったんですって
しかもガラスを割って・・・
泥棒と間違えられて、撃たれてもと
夜が明けるまでは庭で過ごしたそうですが・・
無事で良かった~と思いました。
私はお庭に出る時はいつも鍵を持って出ましたよ。(笑)

日本でもそうでした。
今は亡き父はすぐに玄関のカギを閉めてしまう人で
水撒きに出ていた私、しめだされましてね・・・
しかも父は耳が遠くて読んでも何しても聞こえないんです・・
それ以来、いつも鍵は必携でした(笑)
【2011/06/06 11:20】| URL | Hulaさん #amXlFcx2[ 編集] |

危機管理、大切なことですね。
以前、回覧板に助けられたことがあります。

面白そう…と言ってはいけないのかもですが、面白そうな本ですね。今週行く図書館にないかしら…(苦笑)
【2011/06/06 15:10】| URL | green cafe #Tzwnz1rc[ 編集] |
知り合いの女性社長さん
コンベンションセンターの一番奥のトイレに入って、カギがかかってでられなくなって、よじのぼってでられたそうです。齢88歳の時でした。
【2011/06/06 18:20】| URL | あらんだまおばさん #ax4px7aw[ 編集] |
この映画・・・
予告編を見るだけでも怖くて・・・身がゾクゾクしちゃいます。
痛いのは苦手です^^;

何事もなければ、あ~~楽しかったぁ♪で終わるハズのが終わらない・・・普通に電車に乗っていても、道を歩いていても起こりうることではありませんけれど・・・本は大丈夫かもしれないけれど、映画はダメ(汗;
【2011/06/06 23:45】| URL | われもこう #-[ 編集] |
実話ですよね。
こんにちは。
これは落ちてきた岩に挟まれて。。。と云う若者の実話ですよね。先日彼のインタビューが流れました。とっても元気そうで、講演も各所でしているようです。
【2011/06/07 03:49】| URL | yokoblueplanet #-[ 編集] |
おはようございます!
書かれていることは、ユーモアに思えますが(笑)…。
普通である事がいかに有る事が難しい(有り難い)事か?
考えさせられます。
【2011/06/07 09:10】| URL | おばちま #UwJ9cKX2[ 編集] |
Hulaさんへ
 まあ ご主人も Hulaさんも 大変でしたね! 
 鍵は本当に大事 肌身離さず持たなくては・・・
【2011/06/10 17:32】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
green cafe さん
新作映画で知って 本を読みました。たいした若者です!
【2011/06/10 17:33】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
あらんだまおばさんへ
 年から言って 凄い!  私のときも後から男の人がやってみて 
 できないって言ってたもの 火事場の何とかでしょうか。
【2011/06/10 17:35】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
われもこう さん
 目立たないかんじの俳優さんが役ですが・・・・見ることができるかできないか? 
 医療の方面からの記述からも 凄くおおきな怪我と分かりますね。  
【2011/06/10 17:38】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
yokoblueplanetさん
前と同じようにというか もっとかな 精力的に活動して 凄いですよね。
見習うべき点ばかりです。
【2011/06/10 18:32】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
おばちまさん
 実際は にっちもさっちも行かない話なのです。当たり前とか 普通に物事が進む 
 ということは 有り難い ことなのですよね。
【2011/06/10 18:35】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mitokomon.blog27.fc2.com/tb.php/1903-8ab8ca6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |