FC2ブログ
諸田 玲子
「日月 めぐる」は 一万石の 大名の城下町(城はない)の人々の話 
                
                 
【2011/06/07 05:00 】 | 本 折り紙 美術 | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<背中合わせ | ホーム | 127時間>>
コメント
日月めぐる
こんにちわ

小紋さんは本がお好きなんですね~
この人の本は読んだことはないけど
名前は知っていますよ。
文庫本だしタイトルも良いし読んでみたくなりました。
【2011/06/07 16:23】| URL | hirugao #J7S1TTU6[ 編集] |
一万石
こんにちは

小紋さん
あの頃 一年で一人十石だったそうです
殿様を抱え 暮らし振りを思うと
大変という言葉なんて 言えない暮らし
だったでしょうね

納める・・納税か ため息です。
【2011/06/09 17:06】| URL | tonko #RgyCeBHA[ 編集] |
hirugaoさん
「お鳥見女房」で この作家の名前を知りました。
 江戸時代の いい年の 普通の主婦が主人公で 新鮮でした。
【2011/06/10 18:38】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
tonkoさん
 ほんとに大変な暮らしぶりのようです。給料は 米でもらい お金に換えての生活
 ですから。できるところは切り詰めなければと 思います 電気も 食べることも。
【2011/06/10 18:40】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mitokomon.blog27.fc2.com/tb.php/1906-c2041e85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |