FC2ブログ
古いきれ
 少しずつ進むというか 遅々として進まずというか 叔母の家の片づけを

 ぼつぼつ やっています。

 仕立てた着物の端切れが出てくれば これは裂織り用と もらってきますが

 新しい布ですから 使いにくいのです。すくなくとも40年は経っている

 洗い張りされた着物も 何枚も出てきます。

 これは裂織りの材料として 申し分ありません。

 小紋の大おばあ様 みつさんの 葬儀の時の記録も 出てきました。

 みつ女の 一切の記憶がない小紋ですが 

 祖母から その時代にしては 立派な5段の雛が届いておりますから 

 おみつ様の 力も大きかったことでしょう。古い和紙をめくりながら

 在りし日の姿を 追ってみます。

 もうすぐ ひな祭り

 お雛様を 飾って差し上げましょう。
                      2012-02-04 001 003 (640x480)

【2012/02/05 05:00 】 | 布  ソーイング | コメント(20) | トラックバック(0) |
<<リフレッシュ | ホーム | 降る>>
コメント

思い出いっぱいで見ているだけで
楽しいねぇ
あぁぁぁでも見ているだけじゃあかんものね
整理しないと・・・・・・・
【2012/02/05 12:08】| URL | わらわら母さん #sSHoJftA[ 編集] |
わらわら母さんへ
 ああ、ここにあったんだなんて 叔母は毎回言ってます。探す力が無くなります 
 おたがいに 今こそ かたずけてしまいましょう。できたら。 
【2012/02/05 12:58】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
古い布の良さがー
最近 わかってきました!
洗い晒しの、色合いのなんとも言えない風合い良いですね。
針の通りも良いし、出来上がりも味が有ります。
【2012/02/05 18:58】| URL | Bako #1jhbtX.k[ 編集] |
Bakоさん
 女が織って縫って 洗い張りした時代が だんだん遠くなります。
 祖母の洗い張りの手伝いを覚えています。邪魔しただけでしょうが・・・・
 椿の銘仙で 羽織る物作りたいです。
【2012/02/05 19:07】| URL | 小紋 #-[ 編集] |

裂き織りには使いこまれた生地が最適なんですね。柔らかさや味が出てくるのでしょうか。
大おばあさまやおばあさんの思い出をたどりながら、またすてきな作品が生まれることでしょう。見せていただくのを楽しみにしています。
【2012/02/05 20:11】| URL | moka #-[ 編集] |

片づけは思い出の整理も兼ねてるから時間かかりますよね。大おばあ様の記録、歴史ですね。大事に残すもの、処分するもの、仕分けが大変です。ゆっくり楽しみながら進めてください
【2012/02/05 20:17】| URL | みかん #iTeA9T9I[ 編集] |

記憶のないおばあさまでも、お着物を使ってあげることが供養ですよね。
きっと喜んでおられると思います。
【2012/02/05 20:39】| URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集] |
かたずけは大変ですね
でも楽しい思い出等あったらの事かたずけに時間がかかりますね。

断捨利はなかなか出来ません。
小さな切れ端もです。
【2012/02/05 21:01】| URL | hirugao #J7S1TTU6[ 編集] |
mokaさん
ありがとうございます。幾度も水をくぐって やわらかくなった布は 
 肌になじみ暖かいのです。穴の開いた 祖母のらしい縮緬の袷を今
 ほどいています。なんとなく この家に似合わない着物があると 
 形見分けのような気がいたします。
【2012/02/06 05:40】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
みかんさん
 はい、時間がかかります。 すてるのもいちいち 新聞の上に広げて 
 確認してもらいます。叔母の仕事としてさせますから おかげさまで
 たのしみながら 進んでおります。
【2012/02/06 05:43】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
阿修羅王さん
 ありがとうございます。夜行列車で 母の実家であるここに帰る 車内の記憶は
 あるのですが・・・亡くなった後のことかもしれませんね。
 わが手で縫った時代の名残 今小紋の材料として 活用させてもらえます。
【2012/02/06 05:47】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
hirugaoさん
 小豆三粒 包める布は捨てない という記事を持っています。
 が、小紋には もうそれは 不可能になりました。一昨年 段ボール何個分も布を
 好きな人に 寄付しました。でも ・・・端切れ たくさん集まります。
【2012/02/06 05:50】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
こんばんは
母が、施設に入って、主のいなくなった
その家の片づけをしなければなりません。
父のときもそうですがも懐かしいものが出てきます。
でも、捨てるのが仕事でした。

叔母様は小紋さんが裂織り煮使ってくれると喜んでくれそうですね。

お雛様 奇麗になりそうですかね。
【2012/02/06 21:10】| URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集] |

小紋さん、こんばんは

小紋さんの裂織りに行かされる叔母様のお着物、叔母様もお喜びでしょうね
小紋さんのお作品をご覧になって懐かしいと思われる方もいらっしゃいますね

たつくり、とても美しいですね
まるで陶器のようです
お皿に垂れていないとわかりませんね(*^_^*)
【2012/02/06 21:44】| URL | Hulaさん #amXlFcx2[ 編集] |
オコジョさん
 そうなんですよね 主のいない家 よくよく風を入れて手入れしないと 
 かび臭くなりますし古びる。また家で生活できるようになるといいですね。
【2012/02/07 07:55】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
Hulaさんへ
 ありがとうございます。新しいものに生まれ変わりますから
 楽しみです。お雛様色 白 ピンク 萌黄の糸をかけてみました。
 前回はお砂糖を控えすぎて かたまりにくかったのですが
 今回は 飴のようになりました。難しいです(*^_^*)
【2012/02/07 07:58】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
遠い記憶・・・
私の祖父母は仕立物の仕事をしていたので、ふと遠い記憶が甦ってきました。
伸子張りをしていた祖母の手伝いと言うか、やはり邪魔をしていたような(笑)
DNAは私には受け継がれなかったようです。  残念! ^^;
素敵な羽織物楽しみですね ^^
【2012/02/07 14:31】| URL | きつつき #bBmFigmc[ 編集] |
きつつきさん
 風邪に翻る着物 シンシで指をさしたり 懐かしいですね。
 倉庫から  伸子がでてくることがあります。もう本職しか 
 あまり つかわないでしょうね。
【2012/02/07 20:16】| URL | 小紋 #-[ 編集] |

大おばあさまの袖を通されたお着物
小紋さんの裂織りにたくさん生まれ変わるといいですね。
小さかったころ、どこの家でも洗い張りの板が立て替けてある風景がありましたね。
ぬくもりのある柔らかい布 だきしめたくなりますね。
銀色の平安模様に見えますが、帯でしょうか?シテキですね。
【2012/02/08 10:35】| URL | 信さん #-[ 編集] |
信さんへ
 昔の丁寧な仕事や 華やかな帯の色 好みに染めた着尺 見飽きません。
 これは 鶴 なでしこ 波などの刺しゅう入りの半襟です。花嫁が使った
 ものでしょうか。生成りの絽です。なにかにリフォームしたいですね。
【2012/02/08 18:38】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mitokomon.blog27.fc2.com/tb.php/2048-b3722230
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |