時を超えて
北九州市小倉北区にある 小倉城とお掘は 小紋の好きな場所です。

若いころ この近くで働いていたこともあって懐かしく 

時々 その周りを 散策します。

小倉城庭園の ちりめん細工をみたかったのですが 

今回は 家人の行きたい「松本清張記念館」に 行きました。

ああ、ここも母親を連れてきたと 思い出してしまうのですが

東京 杉並の仕事の城 書斎・書庫・応接室を 再現展示しています。

氏が愛した 東大寺の礎石というのもあって 

とても 大きなものです。

ガラス越しに見える 3万冊の膨大な蔵書に 圧倒されます。

膨大な資料を読み その地に取材に赴き 古代史に精通し

記念館に展示されている本だけで 700冊とか・・・・

目のお悪い氏のための 清張仕様のカメラ 画家のようなスケッチ帳

また行きたくなる場所です。

                        画像-0081
                         小倉城のお堀
【2013/02/17 05:00 】 | 本 折り紙 美術 | コメント(6) | トラックバック(0) |
<<転ぶ | ホーム | ねこ>>
コメント
懐かしいです
昔、若いころよく読みました~
もう読んで読んでという感じでした。

ゆったりとお二人での散策いいですね。
こちらとは最高気温の違いにびっくりです。
今日も寒いです^~

お城のお堀と石垣綺麗に撮れていますね。
【2013/02/17 14:10】| URL | hirugao #J7S1TTU6[ 編集] |
hirugaoさん
ありがとうございます。カメラを持たずに行く小紋ですから 携帯の写真です。
最近はカメラより よく撮れます・・・私は 「球形の荒野」がすきなんですよ。
【2013/02/17 17:50】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
小倉城の
お城と堀の対比がいいですね。

清張の芥川賞は森鴎外の日記を巡る『或る『小倉日記』伝』でしたね。
清張の出身は小倉か広島か議論があるようですが、小倉は育った場所、
縁は深いですね。
彼の作品は、最近の流行作家と違って、深みがありますね。
読み応えがあっていいです。推理小説では夏樹静子と共に好きです。
【2013/02/17 20:29】| URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集] |
オコジョさん
 夏樹さんも博多の人 安部龍太郎も時のひと。夏樹さんは出光の人ですから
 出光佐三の生涯 「海賊と呼ばれた男」の最後に出てきますv-232
【2013/02/18 11:13】| URL | 小紋 #-[ 編集] |

小紋さま 小倉城立派なお城ですね。
お濠のお写真素晴らしいです。

松本清朝の記念館、以前は杉並の実家の近くにありました。
数年前に行ってみましたら、新しいお宅が2軒経っていましたので、ご家族で敷地内にお住まいか思っていましたのよ。

昔から一拍遅れのヒナ、失礼しました。
【2013/02/20 13:12】| URL | ばらくら ヒナ  #-[ 編集] |
ばらくらヒナさん
ありがとうございます。携帯のカメラ よく撮れます! 本で家がきしむ程
だったらしいですよ。杉並のほうに ご家族がいらっしゃるのでしょうか 
わかりませんのですv-87
【2013/02/20 18:20】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mitokomon.blog27.fc2.com/tb.php/2299-60c1bc17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |