FC2ブログ
裂織
 平成16年秋、「おいし」での展示会を、何で知ったか覚えてない。

 ふらりとはいったか、着物リサイクルの店に、葉書がおいて

あったのか。

 かんじのいい先生で、実際に織らせてもらえるコーナーもあった。

 こわごわ何回か、布を通したものだ。

 

 ものを大切に扱った時代。

 麻から、木綿へと暖かい生地が出来る。

 江戸の頃、東北の方で、お江戸のほうから木綿が入る。

 めずらしくも、高くもあったろう。着て着て着切って、だめと

判断したとき、今度は、機にかけ、襤褸を、新らしい布に再生する

究極のリサイクルなんです。



 今は着切ることもあまりないでしょうが、ここの家の八端の

座布団の、横にさけたものを、どうしても捨てきれず、仕舞って

いたのを(茶系)、な・さんからの、紫の羽織とあわせて、ベストに

しています。ハハ、みせてないね。

  
 こんな具合に、なんでもあり、どんなふうにもオーケーです。

 ただ厚みがあり、デザインにかなり制限あります。

 はざま着と、裂き織順子さんは、いってます。

 タペストリー、暖簾も、マフラーもいいですよ。


 早くUPの仕方ならわなければ。


 


 織り機も着尺用の本格とちがって、ひざにのる小さいものです。

 幅60センチまでです。

 

 




【2006/10/18 06:50 】 | 食べ物 好きなもの | コメント(6) | トラックバック(0) |
<<すすき | ホーム | 展示会のお知らせ>>
コメント

ご連絡ありがとうございました。
3週間ほど居ますので、チャンスがありお会いできたらいいですね。

裂き織り、いいな~。
実は、今週の金曜日に体験に行くことになっているのですが(裂き織りではなく、ちゃんとした糸を使うようです)、私は大きいものより
>織り機も着尺用の本格とちがって、ひざにのる小さいものです。
そういうのがいいな~。
【2006/10/18 08:18】| URL | こむぎ #-[ 編集] |
こむぎ 様
 ありがとうございます。
 いいチャンスまってます。

 博多駅で博多織の体験コーナーみました。
なんでもやっておくと、いつか役にたつと
おもいます。
 細い糸は、私もしてみたいですよ。
 ドキドキしますね。

【2006/10/18 17:17】| URL | mitokomon #-[ 編集] |
お役にたって、ありがたし・・
歌舞伎座のひとの、黒い裂き織の帯は。
着るひともなく、かといって、気安く捨てるにしのびなかった大昔からの身内のかたがたの、黒羽二重の御紋付(おおきな白抜きの五つ紋)、晴れ着、襦袢、帯で拵えた、とか。

・・・この帯を捲くと、なんだか、ご先祖が守ってくれているようで。落ち着きますねえ。・・・

「ひとり・一族総見」の芝居見物。
そのひとも、帯も。しっとりなじんで、よい眺めでした。

いつか、ワタシも・・・



【2006/10/18 21:33】| URL | な・ #-[ 編集] |
な・ 様
 ありがとうございます。
 いずれ処分せざるをえなくなる着物や、
物たち、そうして身に着けるのは、本当に
いい考えですね。
 そのような、素敵なものが出来るように、
精進したいものです。
 薄くて、汚れて茶色くなった白絣、結構
面白い味でます。朱を二本からませてみました。
【2006/10/19 06:24】| URL | mitokomon #-[ 編集] |

mitokomonさん、こんにちは。

久々におじゃましたので、ようやくかこの日記を読み終え、
この2ヶ月の間にいろいろあったことを知りました。
今はお孫さんも、お母様も、mitokomonさんもお元気に
なられて何よりです。

裂き織、母がしています。
テーブルマットになったものしか見たことがなく
お洋服も出来ると知りました。
我が家では、私の着古しのシャツなどを使うので、
白が多く(笑)。
古布ならいろんな色があり、綺麗でしょうね。
【2006/11/23 15:39】| URL | ひらぽん #mmVObwro[ 編集] |
ひらぽん様
 ありがとうございます。
わあ!同好の士がおられてうれしいです。
よろしくおつたえくださいませ。

 いろいろあった夏と秋。正念場でした。
日ごろぼんやりしているので、ちょっと
きつかったです。
【2006/11/25 18:58】| URL | mitokomon #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mitokomon.blog27.fc2.com/tb.php/233-1e8ebe43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |