FC2ブログ
アンの友達
アンの友達―第四赤毛のアン アンの友達―第四赤毛のアン
村岡 花子、モンゴメリ 他 (1957/01)
新潮社
この商品の詳細を見る


  アン10シリーズのどれも好きだが、ちょっと頑固な人を

 主人公にもってきたこの4の巻も、面白い。

  失恋、音楽、喧嘩、生き方、言葉など、行き違いや、思い違い

 考え方の違いからくる物語が収められてます。

  ここには、アンは完全な脇役。ちらっと名前が出てくる程度

 ながら、モンゴメリの観察力は鋭く、何十年と、よみかえして、

 決してあくことが無く、日々新しい。


  全部いいが、

  
 「ロイド老淑女」の老婦人とシルヴィア、
 
 「ショウ老人の娘」の、ショウとその娘、

 「隔離された家」の、エンジェリナとエイブラハム


  ああ、きりがありません、みんないいです。短編12です。

 どこからでも、読んでみてください。


 
【2006/10/22 08:16 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<食べすぎ | ホーム | ビレロイ&ボッホのカップ>>
コメント

はじめまして!
先日はYOMEカフェに来ていただいて
ありがとうございました。

すし屋のおかみちゃんのお友達なんですよね~~。
あの日はおかみちゃんを独り占めしてしまって
ごめんなさい!

赤毛のアンのシリーズは何度も読んでるけど
忘れてるなあ。
読んでたのは中学生のころ。

もう一度読み返して、心がやわらかかったあのころを思い出したいと思います♪

またお邪魔させてくださいね。
【2006/10/23 01:09】| URL | YOME #-[ 編集] |
YОME 様
 ご訪問、ありがとうございます。
 
 なにかで(忘れるのが早い)、おかみさん
ブログに、いきあたり、楽しくみさせてもらって
おります。東京のあのお店、素敵ですー。
息子につれていってもらおう。

 私も、アンの2冊目があるとしったのは、
中学生の時。田舎からの転校生だったので、
(ギルバートは、アンをやさしく引き寄せた)
なんてとこに、線を引いて貸してくれました。

 あのいじわるのせいで、今があります!

 ははは、ばあちゃん連れて、カナダにいきたいでーす。
 
 よろしくお願いいたします。


 

 

【2006/10/23 05:31】| URL | mitokomon #-[ 編集] |
アン
読みかえしたのですか?

いやはや驚きですなぁ

プリンスエドワード島は
春はいいそうです
但し、ここ日本からは宇宙に
いくように遠方にあるとか・・・・
【2006/10/25 06:04】| URL | tonko #RgyCeBHA[ 編集] |
tonko 様
 おはようございます。

 私の読み返しは、性格と同じでいい加減。

 パラパラめくって、出た所をよんだり、
結果からみたり。アンシリーズは、もっとも
お気に入りのひとつです。

 (リンド夫人は、あの人とあてはめたり)
いつの世も、おしゃべりは、たのしいものです。せめて、日本で、アン生活???

【2006/10/25 08:18】| URL | mitokomon #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mitokomon.blog27.fc2.com/tb.php/237-39533f6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |