FC2ブログ
剣客商売 白い鬼
剣客商売〈5〉白い鬼 剣客商売〈5〉白い鬼
池波 正太郎 (2002/11)
新潮社
この商品の詳細を見る


 幼い頃の味、好み、経験は続くようです。

 この巻「白い鬼」の、殺人鬼金子伊太郎も、幼い頃食べたそばの味を

わすれられず、蕎麦屋に現れたところを、とらえられます。


 冷蔵庫の整理を兼ね、里芋、こんにゃく、金時人参の煮しめを

つくりました。

 こんにゃくを、手でちぎり、茹でて、薄味でにふくめながら、

火をいれ、昆布も油揚げもなしの、簡単煮しめです。


 朝の冷え込みで、熱があるという母に、好物のイカの刺身、

から揚げとともにたべさせましたところ、昔風の煮しめは珍しいと

おかわりしてました。



 インゲンかなにか、青みがないとねと、チェックいれながら。
【2006/11/02 09:15 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<えそ | ホーム | まびき菜>>
コメント
コメント有難うございました♪
こんにちは。私のブログにご訪問&コメントをいただき有難うございました。
「剣客商売」は義父から借りて大分前に読んだのですが、なんだかまた読みたくなりました♪
本は義父に返しちゃったかな~(笑)

美味しいお煮しめでお母様は元気になられたことでしょうね。
里芋が美味しい季節ですからウチも作ろうかと思いました。
でも主人はアッサリでは物足りないので油揚げなどコクの出るものが必要ですけど(苦笑)

他の記事もまた後日ゆっくり拝見させていただきたいと思います。
【2006/11/02 18:59】| URL | ofuu #-[ 編集] |
里芋


私も大好きです。
ちいさいのを皮付きのまま茹でて、軽く塩をふって食べるのも、おいしいですね。

ちいさいころの味というのは、歳をとるほど恋しくなるようです。
母も私も明治のひとに育てられた、田舎育ち。
黒砂糖を、ベーキングパウダーなしの、小麦粉だけの薄焼きに、くるくるっと巻いて食べる「ひやき」は、子供の頃のおやつでした。

ときどき(母が)作ってくれると、町で育った妹も、はふはふ言いながら、先をあらそうように、食べてます。

【2006/11/02 21:45】| URL | な・ #-[ 編集] |
ofuu 様
 ありがとうございます。

 是非およみかえしくださいませ。
  
 昔、普通に食べていたものの味は、今
懐かしく、おいしく、味のない味といいますか、そのものの味がわかりかける年齢に
なったのかもしれません。

 うれしい?かなしい?うれしいことに。
 
【2006/11/03 08:08】| URL | mitokomon #-[ 編集] |
な・ 様
 ありがとうございます。
 里芋に塩ですね。こんど、してみます。

 さつまいもでしたことありますが、コロッケ
のしても、、みごゆくておいしいでしょうね。

 まさにおばあちゃんの味の(ひやき)
 美代ちゃんと、かぶりついて?(しつれい)
いる、ほほえましい絵がうかびますよ。

 ホットケーキの初歩かな。
【2006/11/03 08:14】| URL | mitokomon #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mitokomon.blog27.fc2.com/tb.php/246-9c31d38a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |