跳ね橋
飛行機が高度を下げて ニース空港に降りようとすると

前の記事の写真のように 地中海の海と 屋根と壁の色の揃った

絵のような紺碧海岸 コート・ダ・ジュールの風景が近づき

感嘆の声が上がります

一日目は ニースから 耶馬溪青の洞門のような 岩をくりぬいた

やっとバスが通るような狭い道を モナコ公国に向かいます。

岩に バスが擦った跡などありますよ。

大公宮殿で 衛兵の歩みぶりを見たり 歩いて裁判所等の公の建物

ゲレース王妃が結婚式を挙げ 眠る大聖堂を見ます。

世界で二番目に小さな国です。

ニース市内 天使の湾と言われる 海岸に沿ったプロムナード・ザングレを

歩けば 早や泳ぐ人 ビキニで 半裸で 太陽の光を浴びる人。

色の白い人は 焼く暇のない貧乏な人と言われるらしく

直ぐ 軽い日射病みたいになる小紋は どこでもタオルで

頬かむりをしたい方なので お洒落に小麦色というわけにはいきません。

でも 毎日が 草取りばさま(おばあさん)ですから 色は黒いんだ!

敗けまっしぇん!

イスラム教徒からの襲撃を防ぐために丘や山頂に築かれた城砦都市

「鷹の巣村」エズを 歩く。日曜日で人が多い 坂できつい 暑い。

ローマが カエサルが サラセンが すぐそばにいる。 

歴史を 読み返さなきゃ。

アルルへは バスで 四時間半かかります。

写真は ゴッホの絵 「跳ね橋」を 復元したものです。

  2014-04-13 001 014 (480x640)
  
【2014/04/16 00:00 】 | 旅  趣味 | コメント(18) | トラックバック(0) |
<<八重の桜 | ホーム | 紺碧海岸>>
コメント

小紋さん おはようございます。

活き活き小紋さんの喜ばれる声とお顔が見えますよ・・・・・。
【2014/04/16 05:11】| URL | ひげ #-[ 編集] |

>活き活き小紋さんの喜ばれる声とお顔が見えますよ(ひげさんのコメント)
景色も浮かぶが浮かぶよ♪この顔(*'▽')

旅はいいねぇ~~
映画の中のあのシーン絵画のあのシーン
現地で見る!こりゃぁ~~たまらんねぇ
【2014/04/16 07:28】| URL | わらわら #sSHoJftA[ 編集] |
素敵だなあ
こんにちは
いいツアーですねえ。
跳ね橋が素敵。
欧州大陸と言うものは異文化交流と異文化との衝突とで育っていったのだなあとつくづく感じますね。
【2014/04/16 09:47】| URL | 遊行七恵 #-[ 編集] |
グレース・ケリー
ご覧になった車の擦った跡は、違うでしょうが、ニースからモナコ方面に少し行ったヴィルフランシュ・シュル・メールの付近に、グレース王妃の事故の慰霊碑があるそうです。いずれにしろ、亡くなったのは、その近くでしょう。本当にきれいな女優さんでした。黙とう。
【2014/04/16 17:08】| URL | cycloo #-[ 編集] |
ひげさん
ありがとうございます。旅は 自分を見つめ あれこれ考えるときでもあります。
パリ七日間・・・いつか 実現するといいなv-233
【2014/04/16 18:28】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
わらわらさん
ありがとうございます。 映画 本 写真 音楽 絵画 見る 知る 聞く
うれしい一週間でしたv-342

【2014/04/16 19:37】| URL | 小紋 #-[ 編集] |

いつかお話した通りに小紋さんの世界が

どんどん広がって行きますね。

旅行記楽しみにしています。

【2014/04/16 19:39】| URL | cureome #-[ 編集] |
遊行七恵さん
ありがとうございます。横に ゴッホの絵の複製が 置いてあるんです。
攻めてこられる 防ぐ 攻めていく 異文化との衝突は 「陸続き」が故に
同じ島国でも 英国と 日本は 少し条件が違うのかな?
【2014/04/16 19:42】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
cyclooさん
ありがとうございます。別荘から 直接スタイリストの仕事に行く王女と
同乗  くるくるまがった道のあの辺と 教わりました。
慰霊碑の事は知りませんでした。
パリ一週間とか 南仏一週間とかの旅 できたら いいな。

【2014/04/16 19:48】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
cureomeさん
ありがとうございます。今日は図書館で だいぶ借りてきました。
読めること 感謝していますv-295
【2014/04/16 19:50】| URL | 小紋 #-[ 編集] |

ほんの少し御無沙汰しておりましたら
その間にこんな素敵なご旅行をされていらしたのですかv-10
素敵過ぎますぅ
うっとり拝見いたしましたe-420
【2014/04/17 00:55】| URL | Hulaさん #amXlFcx2[ 編集] |

小紋さま 海外旅行をお楽しみになって素敵でしたね。私もパリの田舎でミレーの画廊を思い出します。 田舎の風景がなんとも素敵で大好き今も思い出します。
【2014/04/17 10:34】| URL | ヒナ #-[ 編集] |
Hulaさんへ
ありがとうございます。長い間準備したつもりが なにもせず
ぼんやり見てきました。南仏を見たかったので 満足しておりますv-233
【2014/04/17 13:04】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
ヒナ様
ありがとうございます。田舎の風景いいですね 人っ子一人みない距離の長いこと。
国土の広さ 人口の少なさ そしてご多分に漏れず 都会パリの人の多さ
一寸の旅行も いろいろです。次は 美術館めぐりしたいですv-233

【2014/04/17 13:06】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
素適ですね。
ゴッホのアルルの跳ね橋は素適ですよね。
復元されているのですね。
行ってみたいですが・・・
フランスはあまりに遠し…

それに飛行機は何度乗っても、なれません。

九州の出張もわざわざ新幹線を使いましたっけ…(笑)
【2014/04/18 13:09】| URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集] |
オコジョさん
ありがとうございます。田舎なんですが けっこう見物客がありました。
飛行機は 怖くもありますが 好奇心にはかてないのですv-233
【2014/04/18 23:10】| URL | 小紋 #-[ 編集] |

こんばんは~
フランスもイタリアもテレビの映像で楽しむことしかありませんが、歴史文化の異なる国、つながりなどを知ることは心ときめきますね。
強行軍でも行ける時にが実現でき充実した春休みでしたでしょう。
風光明媚な写真を見ていますと、この景色にはフランス語がやっぱりあうなぁ~と思いました(笑い)
【2014/04/19 21:50】| URL | 信さん #-[ 編集] |
信さんへ
ありがとうございます。おかげさまで 見たいものを見ることができました。
メルシー ボン・ジュールだけ おぼえてきましたv-233
【2014/04/20 13:54】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mitokomon.blog27.fc2.com/tb.php/2538-b0c9b857
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |