FC2ブログ
国 (こくどう) 銅 (上)
国銅〈上〉 国銅〈上〉
帚木 蓬生 (2006/02)
新潮社
この商品の詳細を見る

 奈良の孫のところにいくと、必ず東大寺にいく。

 二月は二月堂をみたので、今回は本殿を。

 大仏さまに向かって左に、すごく急な木の階段のようなものがあり、

何に使うのかと疑問に思った。


 図書館で前に見ていたが、あまりに厚いので、手にとらなかった

この本ですが、表紙の大仏をみて、借りました。

 
 主人公の国人が、大仏つくりのために都にのぼり、大仏を作る

苦難の物語です。

 ぼろを着て、一椀の粥に飢えをしのぎ、舟に酔いながら、平城京まで

つれていかれる。

 
 あの広大な東大寺の参道。鹿と紅葉の道は、人足たちが、土を運び、

大木を運び、銅をとかし、作り上げた道のあとに出来た汗と涙の道

なのだ。

 春日大社へのうっそうとした道もまた、国人のような、つれてこられ

た、人々の力の結晶かもしれないのです。


 大きな木は、山ほどあったでしょうが、伐るのも運ぶのも、大人数

で、大変な労苦と、危険のもとに、なしとげられた偉業です。


 大きければ、大きいほどその成り立ちの苦労がおもわれ、有難さと

どうやってなりたったのかを、しりたいおばばです。


 木の階段は、落慶式に、でてくるようです。

 


 
【2006/11/30 13:33 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<国 (こくどう) 銅 (下) | ホーム | 江戸の暗黒街>>
コメント
こんばんは~
mitokomon様 こんばんは。
お久ぶりです。そしてコメントありがとうございます。
最近は本をあまり読まなくなってしまいましたが、ある講演で心に残った一節です。
非常に薄い講演集ですが、書店では販売していません。本人も販売する気がないらしいのですが、静かなブームになりつつあると思います。現在80万部の発行だそうです。

「魔法の言葉」について、最近、感動の講演を聴くことがありました。
五日市 剛さんの「ツキを呼ぶ魔法の言葉」です。稀有な運命でイスライルの旅行で体験した「言葉の大切さ」についてです。
ちょっと引用します。

「ツキというものはね、簡単に手に入るものなのよ。」
「ツキを呼び込む魔法の言葉があるのよ。」
「本当?どんな言葉かな。難しい言葉?」
「すご~く簡単で、簡単な言葉よ。」
「何 なに? 教えて下さいよ」
「いいわよ。 誰でもよく使う言葉なんだけど、二つあってね。一つは「ありがとう」、もう一つは「感謝します」ねっ、簡単でしょ。」
「イヤな事が起こっら、「ありがとう」と言うのよ。不幸は重なるというけど、それは間違いなくこの世の法則なのよ。だけど、そこで「ありがとう」というととね、その不幸の鎖が断ち切れちゃうのよ。それだけでなく、逆に良いことが起こっちゃうの。どんな不幸と思われ現象も、幸せと感じる状況に変えてくれる。絶対にね。だから、「ありがとう」という言葉はね、魔法の言葉なよ・・・・。

「何か良いことがあったら、「感謝します」と言ってみてはどうかな。」
「そうそう、この言葉はとても便利でね。たとえまだ起こっていない未来のことでも、良いことを思い浮かべ「感謝します」とイメージしながら言い切っちゃうと、本当にそうなってしまうのよ。何の疑いも不安も心配もなく、力まずに自然とそう思い込めればね。
【2006/11/30 20:42】| URL | kamuri #xJ0Phsuk[ 編集] |
kamuri 様
 ありがとうございます。

 貴重な言葉をおしえていただき、本当に
ありがとうございます。
 心からいえるようにはげみたいです。
 
 この本をよんでいると、食べること、住むこと、たくさんのことに、感謝しなければいけないことに、きずきます。

 素敵な言葉、親切な、心からのコメントに
感謝です。
【2006/12/01 05:30】| URL | mitokomon #-[ 編集] |
言葉
mitokomonさん
kamuriさん

はっとさせられました
簡潔なことばなれどそれが
どんな状況におかれても言えるか
と一瞬かんがえさせられました
間を置くといいますが
返す言葉に間をおいてがいいのか
と思ったのです
これはいじめにも通じますね
 
 ありがとう
 感謝もうします・・
 簡単なのになかなか言えないものです

ありがとうございました
感謝申します
【2006/12/02 03:46】| URL | tonko #RgyCeBHA[ 編集] |
tonko 様
 ありがとうございます。
 いつもコメントいただきまして、とっても
うれしいです。

 kamuri さんから長い良いお話をいただき
何回もかみしめながら、読んでおります。

 食べられることが、当たり前のような今、
奈良時代の人たちの物語が、ずっしりこた
えます。
 屋根があることは、ご先祖様に、たべられることは、主人に、感謝しながら、けんかもしました!すみません。
 
 

 
【2006/12/02 06:22】| URL | mitokomon #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mitokomon.blog27.fc2.com/tb.php/268-4c0ffaa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |