FC2ブログ
歌舞伎役者が・・・・
三谷幸喜のありふれた生活〈5〉有頂天時代 三谷幸喜のありふれた生活〈5〉有頂天時代
三谷 幸喜 (2006/09)
朝日新聞社
この商品の詳細を見る


 テレビ放映のときは途中から眠り、「有頂天ホテル」は全部

みてないので、つい手に取った本です。

 いろいろなエピソード満載ですが、「底知れぬ歌舞伎役者パワー」の

なかに、題名の、歌舞伎役者が出ていれば、歌舞伎なんですという、

染五郎の言葉があります。

 幸四郎一家の台本を書き、お付き合いもふかく、紙面も沢山さいて

います。

 「ラ・マンチャの男」を博多座で見て、松たか子の体当たり演技に

びっくりしたのですが、そのへんの演技にかける彼女の話題も、

載っています。

 市川亀治郎、小日向文世、甲本雅裕、益岡徹・・・・・
【2007/01/21 06:50 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(5) | トラックバック(0) |
<<かにコロッケ | ホーム | 和也>>
コメント


「決闘!高田の馬場」大評判でしたね。(染・亀・勘太郎。パルコ)
同時期に同じ渋谷のコクーンで、串田和美・勘三郎の「四谷怪談・南版・北版」が出ていて「渋谷の闘い」盛り上がったそうですよ。

野田秀樹・串田和美の歌舞伎、いくつか観ました。
出演者全員が舞台を目まぐるしく走り回る、そのスピード感とせりふのノリが目新しくて、ほんとにおもしろいんですが。
げらげら笑って観終わったあと、連れ合いと顔を見合わせて同時に
「義太夫狂言が観たいね!」
になりました。

三谷歌舞伎は未見・・・(疲れそうなのでパス)
老人力が日を追ってアップしつつある昨今。
せりふを怒鳴る役者、どんどん苦手になってきてます。
浅草歌舞伎も同じ理由で今年からパス。

テレビを観なくなったのも、そのせいかな?

染ちゃんたちが外へ出て、わくわくする芝居で若いひとたちを魅了して、後。
こんどは歌舞伎座や国立で、そのひとたちに、歌舞伎本来の舞台を、じっくり魅せてくれますように!

【2007/01/22 11:23】| URL | #-[ 編集] |


ごめんなさい!
名無しで送信してしまいました。
上のコメント、犯人はワタクシです。
【2007/01/22 11:25】| URL | な・ #-[ 編集] |
な・  様
 ありがとうございます。
 見巧者のな・様 のように、何時の日か、
楽しく見れたらと思います。

 昨日の亀治郎さん如何でしたでしょうか。

 
【2007/01/22 19:28】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
ゆうべは・・

東京のほうにお客さまから連絡があったので、大分に着いたと同時に仕事のはじまり。
大急ぎで作品をセッティングしたりプライスカードを作ったりと、夜遅くなってしまいました。

再放送(忘れないようにせねば!)観ます。

ところで。
けっして見巧者ではないのよ。
今まで見たものが、いつの間にか、自分の中に、ある基準を拵えているらしく。
あとは、気の向くままに、勝手に、あれこれ選択してるだけです。
【2007/01/22 21:49】| URL | な・ #-[ 編集] |
な・  様
 ありがとうございます。
 それはお忙しかったですね。
 九州にお帰りなさいませ。

 たくさんみるということは、本当に大事ですね。
 チャンスを捉えて、いいものをみたいです。

 九響を聞く機会がありました。よかったです。

 
【2007/01/23 05:54】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mitokomon.blog27.fc2.com/tb.php/314-327f4406
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |