FC2ブログ
相撲
  混戦になって、かなり面白い、今場所です。

  「しこふんじゃった」も、今は、昔。外人の、関取ばかりの、相撲界。
  
  いや、外国で、古いしきたりに、激しい稽古を、言葉を、乗り越えて、築いた、地位である。


  日本人以上に、日本人の、彼らかもしれません。

  はじめての、テレビが、相撲中継だったこともあり、家人が好きなこともあり、毎場所、みているが、1敗、2敗の、力士が、並び、白猫。

  ごひいきは、高見盛、土佐の海だった。いきたい映画は、に、『理由(わけ)」と、こたえた、土佐の海は、わかかった。

  自分の、スタイルかえない高見盛も、かわいい。

  でも、その前に、踊るスタイルが批難された、朝の若は、ほんのちょつと、はやかった。

  おちついて、とってと、いつもおもってた。

  25歳で、横綱で、責任を、こわもてで、乗り切る君は、えらい。

  まけると、うれしいけど。

  若い、新しい人に、賜杯を、抱かせたい。

  

  
【2006/01/20 17:18 】 | 裂織り | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ハウルの動く城 | ホーム | 映画>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mitokomon.blog27.fc2.com/tb.php/32-f7471ef8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |