FC2ブログ
蘇芳
信長大志を生きる 信長大志を生きる
谷 恒生 (1991/10)
ベストセラーズ
この商品の詳細を見る


 濃紫(こむらさき)の小袖に、うこん色の武者ばかま、蘇芳いろの

陣羽織を着込んだ15歳の信長が、堺に鉄砲を買いに行く場面から

始まります。


 蘇芳の紅色。

 咲く花は藤紫ですが、染めるとあの濃い紅、臙脂になるので

しょう。

 はるか昔、どうしても欲しい蘇芳染めの紬があり、てにいれました。

 出番はなかなかありませんでしたが、もっているうれしさに満足

でした。

 ひさしぶりにこの本を手に取り、あの着物をさぼして、身に着けて

みようとおもいました。

 少々、すごく、派手なんですが。


 10月ごろ暖かいと、桜や蘇芳が狂い咲きすることがあります。


 今年の蘇芳はどうでしょうか。

 あかるくなったら、木のそばにいってみましょう。

 

 
【2007/03/18 05:57 】 |  映画  音楽 芝居 文楽  | コメント(8) | トラックバック(0) |
<<安乗(あのり)  居眠り磐音江戸草紙 20 | ホーム | 居眠り磐音 江戸草紙  梅雨の蝶   19>>
コメント
スオウ
蘇芳はスオウのことですね

あの花は少ないのか見かけない・・
気がつかないでいる
どちらかかと思います

落ちついた赤ですから
とってもいいと思います
どうぞ仕立ててお召しになった姿を
見せてください お似合いだと
想像してます お着物いいですね(^^*)
【2007/03/18 14:57】| URL | tonko #RgyCeBHA[ 編集] |
素敵ですね
十五歳の信長のいでたち。

水戸小紋さんの、蘇芳のお着物も。わくわくします。
狂い咲き、などと謙遜なさらず、すまして、どうぞ、お召しくだされ。
お顔うつり、かんらずや素晴しい、と確信します。
花の時期に、ぴったりのお色ですね。
幸田文さんが、臙脂の羽織で高遠のお花見においでになった、という逸話を思い出しました。

ついでながら・・・
先日教わった黒川温泉の宿、あいにく、どこも満室でした。12月から予約できるのだそうですね。・・・こちらは、また、のお楽しみに。


【2007/03/18 18:09】| URL | 直次 #-[ 編集] |
tonko 様
 ありがとうございます。
 木に直接へばりついたようにさくので、めだたないかもしれません。

 家のも、小さい小さい蕾がついていました。
 ありがたや。

 上に地味な羽織を着ることにして、ためしてみましょう。
 大枚はらってるし・・・

 
【2007/03/18 19:10】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
直次 様
 ありがとうございます。

 ほんとうに、凛々しい姿が目に浮かびます。

 幸田文さん  晩年のお花見の話だったように思います。高遠も、いってみたい所です。
長野県だったでしょうか。

 黒川は、信じられないくらい予約がいっぱいですね。一月は、たまたま開いていたのでしょうね、寒い時だから。
 みつまたの木が、おおかったです。
紙の産地なのでしょう。

 
【2007/03/18 19:18】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |

何て読むのかわからなかったのですが tonko さんのお陰で調べられました。ブラジルの国名になった木なんですね。染めの材料になるとか一つお利口さんになれました。
【2007/03/18 23:54】| URL | kazumi #-[ 編集] |
kazumi 様
 ありがとうございます。
 このへんには、けっこうある木なので、なにも考えず載せました。ごめんね。

 ブラジルについては、しらなかったので、私も検索してみました。

 花は藤紫ですが、染めは、こっくりした紅のいろ。素敵です。

 
 
【2007/03/19 03:44】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
花蘇芳
染料に使う“スオウ”はハナズオウ(単にスオウとも呼ぶようですが)とは違う植物ではないかと・・・。
樹木の芯に赤色の色素が含まれているのを利用するそうです。
その染汁の色が、花の色に似ているため花蘇芳の名前が付いたとのことです。

ハナズオウの蕾も少しずつ色付いてきました。
【2007/03/20 19:04】| URL | ofuu #-[ 編集] |
ofuu 様
 ありがとうございます。

 そうなんですか。あの花の木からかとおもっていました。
ありがとう。

 あとから葉がでるので、さくらのようですね。

 同じ紫系のいろでも、蘇芳、紫式部、ジャーマンアイリス、
ホトトギス、菖蒲・・・・・と、それぞれ違っていっぱい。
 不思議、不思議です。 
【2007/03/20 20:17】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mitokomon.blog27.fc2.com/tb.php/369-a691a785
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |