FC2ブログ
絹糸
CIMG0444.jpg

 縦糸にシルク糸を使い、横布は黒。

 喪服や、黒羽織を裂きました。

 黒羽織は地紋入りがおおいですから、黒といってもさまざまです。

 光の具合、黒の年代により、色が異なります。


 これも交互織りで、布と布の間に糸を一本いれています。

 丈長のベストをと思っておりましたが、切るともったいないので、

このままストール兼旅行用ひざ掛けとして使ってみます。

 CIMG0449.jpg

 仏様にあげる前に撮りました。

 今日のピンクのチューリップさんは、おすましです。

 奥さんのすきな(富良野にあこがれて)ラベンダーも、花をつけ

ました。

 車が踏むほど増えて、(伐る伐るというおじさんがいる)ので、

きれいな薄紫で対抗しているんです。
 すみません。ちょっとおでかけしてきます。

 
【2007/04/12 05:26 】 | 布  ソーイング | コメント(22) | トラックバック(0) |
<<一目千本 | ホーム | >>
コメント
お早いのね
投稿時間を見て、のけぞりましたわ(笑)
朝がお早いから、手仕事も素早くできるのですね。

喪服や黒羽織りとは思えないほど、柔らかな色合いです。ざっくりとしたシルクは温かいでしょうね。
【2007/04/12 10:46】| URL | われもこう #-[ 編集] |
素敵ですね・・・
贅沢なひざ掛けですね。
ご自分で織るなんて・・・横糸は裂いた布
始めて知りました。
お近くでしたら、見せて戴き、触って感触を楽しめるのに・・残念です。
でも、色々と拝見させてくださいね。
【2007/04/12 19:00】| URL | etsu #ktzn0Ag.[ 編集] |
柔らかいストール
素的過ぎ・・・

喪服と羽織で いいのが出来ましたね
器用な水戸小紋さん うらやましです
わたしも hosiiです。
【2007/04/12 19:35】| URL | tonko #RgyCeBHA[ 編集] |

本当に黒といっても微妙に色合いが違うのですね。とっても素敵です。
シルクは軽くて暖かいので持ち歩きやすいでしょうね♪

豪華な仏花ですね!仏様もさぞお喜びでしょう。
実家も母が色々花を育てていたので殆ど自宅の花で済んでいたようですが、これほど豪華ではなかったですよ(笑)
ラベンダーも咲いたのですか。いいですね~。
ウチのイングリッシュラベンダーはまだまだのようです。
【2007/04/12 19:46】| URL | ofuu #-[ 編集] |

微妙な色使いがみごとですね。
何故か、ミス・マープルのイングリッシュガーデンを思い浮かべました。
色の感じ?想像する手触りの具合でしょうか?(。-_-。)ポッ
【2007/04/12 22:07】| URL | みかん #iTeA9T9I[ 編集] |

こんにちは。
こんな素敵なPC用のカバーがあるといいなあと思ってしまいました。
お出かけ、気をつけてくださいね♪
【2007/04/12 22:30】| URL | 君平 #3/VKSDZ2[ 編集] |

素敵な貴重なストールですね。
水戸小紋さんの織物を見て田舎での諸々・・・思い出しました。

祖母が蚕を育て、繭にし、煮立ったお湯の中の繭から絹糸をつむぎ・・・。
機織りし、1反の生地に仕立てていく・・・。
教わっておけばよかったなんて・・・。
【2007/04/13 08:00】| URL | はな #mQop/nM.[ 編集] |

こちらはモダンな感じです!
喪服を裂くなんて想像もできません。
黒羽織も大切なものだったのでしょう?
勇気のいる織物ですね。。
仕上がれば生き生きとして美しい色合い。。
悲しみのときの着物が晴れ晴れとして、普段にしてもらえることを喜んでいるようです。
【2007/04/13 08:21】| URL | hiromi #-[ 編集] |

すごいですね、喪服や羽織の糸をリサイクルなんて素敵だし、
根気のいる作業でしょうね。
お母様も手作りのベストもらってきっと嬉しかったでしょう。

織物は子供の頃おもちゃの織り機で織って以来作っていません。
縦糸と横糸の色の組み合わせも難しいんですよね、
黒をベースにモダンな雰囲気で素敵だと思います^^
【2007/04/13 23:06】| URL | 猫とガーデニング・・のkazumi #GXgLe/WA[ 編集] |

こんにちは^^
暖かい色目の素敵なストールですね♪
切るなんて、もったいないので
ストール、ひざ掛けで大正解だと思います。
この大きさを作るのに
どのくらいの時間を要するのか想像したら
気が遠くなりました(^^;)
宝物ですね^^
山桜のイメージのお母様へのベストも
優しい色合いで、水戸小紋さんの
お優しい心を織り込んだようで
とても、素敵だなぁと思いました。
【2007/04/15 14:41】| URL | たま #-[ 編集] |
こんにちは
気遣って下さったこと嬉しく感謝しています。
ありがとうございました。

> 喪服や、黒羽織を裂きました。
を読み、思わず写真をクリックしました。
素敵なストールが出来るのですね
箪笥に眠っている着物も大活躍
とてもとても素晴らしいことね

母も綺麗な花が好きでした
墓前に供える花はランが多いかしら・・・
【2007/04/16 16:22】| URL | みぽはは #YmjtW3u.[ 編集] |
われもこう様
 ありがとうございます。
 光や糸、横糸、裂き巾などで、違ったものが、できます。
 絹は、エジプト綿ほどつやはありませんが、
やわらかくしあがります。
 時代劇に出てくる、羊羹色になった黒地なんか最高の仕上がりです。
【2007/04/16 21:05】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
etsu 様
ありがとうございます。
 着物地、服、シーツ、ハンカチ、スカーフとなんでも使えます。
 シーツは、カバーや、敷物にむきます。
 さわっていただきたいものです。
 写真に撮ってみてもらいたいので、よろしくお願いいたします。


【2007/04/16 21:09】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
tonko 様
 ありがとうございます。
 そういっていただき、うれしいです。
 喪服は、買ったのを裂きました。
 自分のは、なかなか裂けません。
【2007/04/16 21:58】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
ofuu 様
ありがとうございます。
 黒は面白い素材です。
 華やかにも、沈んだ色合いにもできるし、時々黒を無性に織りたくなります。

 ガーベラは義母が植えたのをそのまま、
守っているので、仏花には?ですが、使っています。
 なるべくあるものを使う、けちな私です。
【2007/04/16 22:04】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
みかん 様
 ありがとうございます。
 いつも編み物をしている推理のマープル
でしたでしょうか。
 以前の編み物の毛糸も、今は役に立って
おります。ふといですから、仕上がりが速く、同じベストでも、違った感じに仕上がります。
【2007/04/16 22:08】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
君平 様
 ありがとうございます。
 遊んで遊んで、今日かえってまいりました。

 カバーなどにも、挑戦したいです。
 
【2007/04/16 22:10】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
はな 様
 ありがとうございます。
 ちいさいのと、日常の風景だと当たり前で、
しっかりみてないようにおもったのですが。
 いまでは、貴重な糸繰りもろもろ。
 たぶん、糸を引っ張ってみたことくらいはこどもですから、したとおもいますが、そのことが、頭のどこかにずっとのこっていたのかもしれません。
 蚕を飼った経験が、いまの織りの基礎になっているなら、本当に子供のころって大事ですよね。
 おばあ様の手元をみておられたので、やってみたらできるかもしれません。
 はじめませんか。

 
【2007/04/17 04:53】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
hiromi 様
ありがとうございます。
 意外と、リメイクや裂織りをしている人は、自分のは置いといて、買ったものや、いただくものを材料にしているんです。
 
 喪服はみんなもっているのに、着ることがすくないから、紋の上にアップリケしたりして、日常にモノト-ンの着物として着る工夫も着物の雑誌に紹介されています。
 
【2007/04/17 04:59】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
「猫とガーデニングと私」のkazumi 様
 ありがとうございます。
 子供のころのを、もたれているのなら、十分できますよ。
 毛糸でもあれば、はってみてください。
 横糸が布にかわるだけです。
 いいものができるとおもいます。
 
【2007/04/17 05:05】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
たま 様
 ありがとうございます。
 実は少しいれた赤を織りたくて、始めたのです。
 この色がつかいたいのに、難しくて。少しの量ですごくインパクトがあるので、あつかいにくいです。でも、アクセントになります。
 淡いいろが続くと、黒が使ってくれといいます。
 
【2007/04/17 05:09】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
みぽはは 様
 ありがとうございます。
 やはり手触りがいちばんいいのは、シルク糸ですね。織りにくいから、辛抱がいりますが。
 なにをどうもってきても、なんでもありの裂織りですが、おもいどうりになったとき、ほめられたときはうれしいんです。

 お花は仏前のはなでもうれしいですよね。
 今度、牡丹色のランをかってみます。
【2007/04/17 05:13】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mitokomon.blog27.fc2.com/tb.php/394-7a42531e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |