FC2ブログ
戸袋
CIMG0880.jpg


 こんにちわ  戸袋です。

  中に入れる雨戸はありませんが、リフォームの際、貴重だから

 残しときましょうの設計士さんの言葉で、今にいたります。

  たけくらべ  の雰囲気がでましたでしょうか。水仙じゃないと

 だめかしら。 
CIMG0879.jpg


 
【2007/06/14 04:52 】 | 動物 生き物 虫 その他 | コメント(16) | トラックバック(0) |
<<ぬかみそ | ホーム | 馬さん>>
コメント

おはようございます。
戸袋、素敵ですね。
懐かしさに満ちています。
そして、ナデシコの花がかわいいですね。
花器がまた、趣があって良いですね。
手作りのシンプルさが花を引き立てていますね。
【2007/06/14 08:02】| URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集] |

実家の父も戸袋を残していますよ。
アルミの雨戸ですが。。。
廊下が長いので、雨戸の数もとても多い。。
以前は木の雨戸でした。
最後、鍵がついているのですが、うまくはまらないので、億劫がってかけませんでした。
父がそんな手を抜くなら雨戸閉めなくていい!って怒ってました。
【2007/06/14 08:47】| URL | hiromi #-[ 編集] |

磯野波平さんちも雨戸つきだったような気がするけど、戸袋あったかなぁ・・・?
「たけくらべ」には「とぶさん」がでてくるのですね。私の頭の中はスッカラカン。。本、読まなきゃいかんなぁ・・・
【2007/06/14 09:41】| URL | こんちゃん #-[ 編集] |

こんにちは・・・・柱です。

どうです・・・この色艶のいいこと・・・。どこぞの大黒柱にも負けまへんで・・・!!。

毎日、おっかさんに磨かれた、この年輪・・・・
ちょっと鼻がたこうなります。
【2007/06/14 11:43】| URL | ひげ #-[ 編集] |

味のある雰囲気ですねー。
義父母の家も、古くて、ちょっとやそっとの地震や火事では壊れなさそうな古い木が骨組みに使われています。
その古い木の梁などを欲しいと言う人もいるとか・・。
レトロブームでもありますから貴重なんですね。

「たけくらべ」は漫画「ガラスの仮面」でのマヤと亜弓の演技比べだけ印象に残ってますからダメですね^^;
【2007/06/14 14:22】| URL | 猫とガーデニング・・のkazumi #GXgLe/WA[ 編集] |

まぁ、懐かしい!!

しっかりと出来た戸袋ですね
板が厚みがある 設計士さん粋な方で
よかったです きっと小紋さんがそのような
雰囲気をお持ちに見えたのね

板も柾目だし 貴重だからの言葉がピッタリ
です その内、有形文化財として登録される
ことになったら、見にいこうっと(^^)

たけくらべ すっかり彼方に飛んでます
読まなくちゃね^^; 

↑TOPのはわたしにもきてます・・

【2007/06/14 15:01】| URL | tonko #RgyCeBHA[ 編集] |
オコジョさん 
 ありがとうございます。
 撫子はもう一度、さきはじめました。
 そろそろお花がなくなりますから、たすかります。
 
【2007/06/14 17:13】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
hiromi さん
ありがとうございます。 
 鍵がついていたかどうか ちっともおぼえていません。
 大仕事でしたよね。
 かるーい雨戸を、いれてみたい。

 
【2007/06/14 17:18】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
こんちゃん へ
 ありがとうございます。
 たけくらべ はね、好きな女の子のために、水仙のはなを、格子に黙って挿しておくの。
 その格子の雰囲気かなとおもったものだから。とぶさんとは 直接関係なかったわね。
 樋口一葉 もう一度読み直さなければ。
【2007/06/14 17:21】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
ひげ さん
 ありがとうございます。
 ひげさんは、詩人ですね。
 みがいてなくても、カメラは磨いたように、写してくれます。紅殻はうすれていますが、柱など 少しみがきましょうか。
【2007/06/14 17:25】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
kazumi  さん
ありがとうございます。
 梁の大きいのは、どっしりしていいですね。
 ほしがるってもねえ。
 「ガラスの仮面」は、子供とテレビでみてましたが、長かったですよね。
 そこは覚えてません。
 読み直し? することがおおくなるので
どうしましょう。
【2007/06/14 17:29】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
tonko さん
ありがとうございます。
 田んぼかどこかで、こけたといって(転んだ)、パンダみたいになって きたこともある、愉快なかたでしたよ。

 安易に書いては、頭をかいています。
 資料の読み直しが先でした。
 せつない、みどりの気持ちが、思い出されます。
 
【2007/06/14 17:33】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |

雨風に耐えて独特の味になりましたね。
私は大正時代に建った床の間のついた社宅で新婚生活をはじめました。当時は古いのが嫌で外も内も木が削れるほど磨きました。
今ならまた違う住み方ができそうです。
【2007/06/14 17:36】| URL | オタクのkazumi #-[ 編集] |
「手作りオタク日記」のkazumi さん
 ありがとうございます。
 田の字型はプライバシーがないと、結婚当時おもっていましたが、だんだんなれました。 としとってから、なれました。
 ぼつぼつ磨けるところは、みがいていきたいです。でも、
 家の管理にふりまわされるのは困ります。
 
 
 
 
【2007/06/14 18:40】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |

とぶさんこんばんは!
いつまでもお元気でいて下さいね
渋くていいわぁ
縄さんとも絶妙のコンビネーションですよ!
お元気で何よりです

「たけくらべ」
必死で暗記した頃が懐かしい
美しい文章ですよね

【2007/06/15 00:37】| URL | kana2 #9fhmHjA6[ 編集] |
Kana2 さん
 ありがとうございます。
 ははか、叔母かどちらかが作った陶器です。花瓶がないときの、おたすけび瓶ですね。
 七五調というか、はぎれのいい文章が
うかんできます。
 

 
 
【2007/06/15 05:58】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mitokomon.blog27.fc2.com/tb.php/451-6ccd7b26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |