FC2ブログ
高台寺
CIMG1090.jpg


 ミニスカートで上った坂を 30年ぶりに訪れましたのは、

鷲峰山(じゅぶさん) 高台寺。秀吉夫人ねねのお寺です。

 豊臣と徳川のいきさつは歴史でしっておられましょうが、豊家を

離れ一人秀吉の菩提を弔うために、1606年開創した寺となって

います。

 政治的配慮 敵方の正夫人 もしかして残党に攻められたら 広い

土地がいる・・・ 家康も深慮の上選びに選んだ土地なのでしょう。

 化野念仏寺で有名な化野とおなじように、亡き人をうちすてる土地で

あったそうな。

 こぐらいお茶席で、お抹茶をいただいているとき、ポロリと落ちた

上等なお菓子の一切れは、誰かにはらわれたのかしら? 

 いえいえ それは がさつなせいよ。

 小堀遠州作のお庭も見事 高台寺蒔絵と称される霊屋(おたまや)

の、蒔絵はすごい。 撮影禁止のところがおおかったので、

パンフレットを。  少しみにくいですが。

CIMG1120.jpg


 はじめの蓮は三室戸寺(宇治)
【2007/07/24 06:59 】 | 旅  趣味 | コメント(20) | トラックバック(0) |
<<三室戸寺 | ホーム | 祇園祭 山鉾巡行>>
コメント
おはようございます
こちらは久しぶりに晴れそうです。

私も知恩院から高台寺へ周りました。
初秋でしたが、茶室や遠州好みの池を見事に
配した庭は素敵で楽しめました。
やはり、もっとも、素晴らしかったのは、
霊屋の高台寺蒔絵でした。
たた、圧倒されてみていました。

京都は素敵なお寺が多いですね。
【2007/07/24 07:55】| URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集] |

京都まで寄られたのですね。
タイミングよく祇園祭も・・・素敵な旅でしたね。。
叔父のお見舞いの帰り、
お祭りが終わった次の日行ったのですが、、
「〝後の祭り〟と言う言葉は、ここから出たんですよ。」
とタクシーの運転手さんに言われました。
知恩院・・・懐かしい京都。思い出の多い京都です。

蓮の花・・・大胆で、脈も綺麗に撮れて素敵ですね。

※流し文字。
↓のタグ(マーキー)をコピーしてやって見て下さい。
数字は流れる速さです。
許可してないブログもあるようですが・・・。
<marquee scrollamount=3>文字</marquee> 
【2007/07/24 09:02】| URL | はな #mQop/nM.[ 編集] |
おはようございまハス
とても充実した素晴らしい旅行だったのでしょうね
京都を散策する時は、歴史的背景をある程度理解しておくと、深みが増しますよね
私が以前友達と京都に行った時は、主に新撰組と坂本龍馬の所縁の地を訪ねました。
あの時は歴史的知識がバッチリだったので、すごく楽しかったです
次に京都に行く時は…っていつだろう?

「化野」は「あだしの」と読むんですよね
これは さだまさしさんの歌 で知りました
さださんの歌の世界、けっこう好きなんです
【2007/07/24 09:15】| URL | kana2 #9fhmHjA6[ 編集] |
仏様のざぶとん
「蓮座」という言葉はこういうものなんだ・・・とシミジミしました。
こういう気持ちをありがとうございます。

高台寺は京都のお茶会に行くと毎回訪れます。
傘亭のあたり、竹やぶの道、遠く町並みを眺め心が休まります。

年を取ると若いころには見えなかったものが見えるようになっていて楽しいですね。

「ひさご」の親子丼、「阿月」のどら焼、「はれま」チリメン山椒etc
高台寺近辺で食の欲も忘れません!
【2007/07/24 11:13】| URL | 葉摘み #-[ 編集] |
オコジョ
 何度か行ってわかることもあれば、後で
ああそうかと、おもうこともありました。
 お金と知恵と時間をかけて、あるいは突貫工事で作られて、後の世に残ったものを大切にしたいですね。 
【2007/07/24 12:52】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
はなさん
 ご教示ありがとうございます。
 後の祭り そうですか。言葉の意味 京都奈良からでたものがおおいですね。古いということだー。京都おすきみたいですね。
 いいですものね。
【2007/07/24 12:55】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
Kana2 さん
 前に化野念仏寺で思ったのは せまいっ
ということでした! すんません。
 新撰組 黒谷界隈は4月にタクシーでまわりました。ええとこですねー。今回、寺田屋のある伏見桃山を通りました。 黄桜!
【2007/07/24 13:03】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
葉摘み さん
 中のところは 落雁でできてる?と、いつも思います。泥のなかから この世のものとは思えぬ美しさが。不思議でたまりません。
 今回 食べる時間はなく とても残念でした。もう一度 お茶券 買って訪れたいです。
 
【2007/07/24 13:07】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |

おとなの旅をなされて充実した旅でしたね
はじめて訪ねたのは、修学旅行でした
大人になって3回 行くたびに学んで訪ねたかったの後悔ばかりです。

高台寺・・ねねさまは
信長にも家康にも一目置かれた
ほんとのおとなの女性だったと思えます
今もどこかにこのようなお方が居られるはず
それは どこでしょうね・・。
【2007/07/24 15:40】| URL | tonko #RgyCeBHA[ 編集] |
京都~
20年前に制服で訪れた京都。
見事になんにも覚えていない・・・
覚えているのは、田舎にはなくてファッション雑誌でみていたかわいいお洋服屋さんで靴を買ったこと。
なんちゅう娘なんだあああ!!こらぁ~!!
オバカな娘です。。。恥ずかしいねぇ。。。
もう一度ちゃんと行きたい・・・
相棒が学生時代を過ごした京都。ゆっくり、じっくり、訪れてみたい。
【2007/07/24 16:37】| URL | こん(ちゃん) #-[ 編集] |

ハスの花の季節ですね~シベまでくっきり写って綺麗。そういえば子供の頃、ハスの種をそのまま食べたような・・淡い記憶がよみがえりました。
さすが歴史に詳しい水戸小紋さん。旅の感想も味わい深い話で素晴らしい~。
【2007/07/24 18:49】| URL | ofuu #-[ 編集] |
tonko さん 
お恥ずかしい限りです。でも、ほんとに良い旅でしたのよ。
 夫亡き後、敵方に保護され、永らえるだけの度胸と捨て身、架け橋となるべく生きたろう晩年 すごかあー と、思っております。
【2007/07/24 19:20】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
こんちゃん へ
 私も中学のときのことは、ぜんぜん。
 息子が神戸、大阪と住み、京都に行く回数が増えました。
 銀閣も ちょこっといったのよ。ある日二人になったら、いっぱい行ってね。 
【2007/07/24 19:24】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
ofuu さん   
実は蓮の枯れたのに、古布を詰めてよろこんでいたのですよ。花よりすんだ後に(シラーみたいでしょ)興味がありましたんです。
 今度蓮の咲く寺をまわりまして、目覚めました。歴史は、受け売りのところばかりで、ございます。
【2007/07/24 19:28】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
教わりました。感謝です。
「高台寺蒔絵」聞いたことはありましたがそういう由来のそういうお宝だったのですね。
秋草と家紋のモチーフが斬新ですね。
今度は是非この目で見たいものです。
私の手作り仲間も蓮の実に綿と縮緬つめて喜んでます。近所の蓮の実狙ってます。(笑)
【2007/07/24 21:56】| URL | オタクのkazumi #-[ 編集] |

パンフレットが懐かしい
女友達3人で1泊2日の旅でした。
お喋りしながら歩いた事を懐かしんでいます。
【2007/07/24 22:02】| URL | みぽはは #YmjtW3u.[ 編集] |

こんにちは。
京都の神社仏閣で一番変ったのはこの高台寺のような気がしますよね。
以前は非公開寺院のひっそりとした感じだったのですが、最近は夜間拝観はするは、特別拝観はするは、レストランを経営するはと多角経営を始めてしまいました。でも、文之助茶屋を追い出して自分の店を出したのはちょっと閉口ですね(笑
【2007/07/24 23:31】| URL | 君平 #3/VKSDZ2[ 編集] |
kazumi  さん
琵琶や、花筏 手鏡でいいから頂戴なんてデザインのもありますよ。ホホ縮緬仲間いらっしゃいますねー。福岡では たくさん頂き 
重宝しています。
 ここにもある 蓮池見ると血が騒ぐ?みたい。
【2007/07/25 05:17】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
みぽははさん
 仲良しと歩くと また違った楽しさ 面白さでしょうね。以前は先生の子供さん 6歳くらいを連れ、今回は家人と。
 一応男連れなんてね。
【2007/07/25 05:20】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
君平 さん  
 そうだったんですか。
 新装成ったみやげ物のお店の名前が
倒変木で、?とおもっていました。なにしろウン十年ぶりでした。外の壁のところで記念写真一枚撮っています。あの頃は非公開だったのでしょうね。竹を見て 筍のことしか考えない無粋な拝観者です。
【2007/07/25 05:27】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mitokomon.blog27.fc2.com/tb.php/488-07578ecd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |