FC2ブログ
江戸っ子だってねえ
  神田の生まれよ!
 
  寿司食いねえ!

  ちょっと前なら誰でも知ってた 森の石松の 話。

  映画 芝居などで 知ってた金比羅代参

  用のある清水の次郎長の代りに 金比羅さまにおまいりする大事な

 役目ですが お参りが終わり緊張が解けたとき 絶っていた酒を飲む

ことにより お金と命をうばわれます。


 タクシーで婆二人を 365段の中門休憩所に置き(二人の分のお賽

銭握り締め=代参) 急いで本殿まで登りきったとき 思ったのは 

ここに森の石松が 来たのだということでした。

 いくら話で聞いていても ここに立たないと 実感できないんだな

という思いでした。

 娯楽の少ない当時 神社仏閣にお参りすることは 一世一代の命がけ

の大事であります。

 「峠越え」で 当時の旅のたいへんさを知り 団体でひょこひょこ

でていく 有難さをおもっております。
CIMG1702.jpg

 昨日の 門司港の写真です。右奥が和布刈(めかり)、ホテルの後ろ

は関門海峡 見えない向こうは本州 下関 巌流島も。

 金比羅の写真は いいのがありませんでした。 
【2007/11/04 16:06 】 | 旅  趣味 | コメント(14) | トラックバック(0) |
<<襟折り返し ベスト | ホーム | 峠越え>>
コメント
金毘羅様
広沢虎造のこの浪曲は父親が好きでした。
あの語り口は、味がありましたね。
小紋さんも、代参だったのですね。
もっとも、自分の参拝も、しっかりと・・・

やはり、行っていないところは、写真や、テレビの旅番組でみても
行って見ないと、本当のところはわかりませんね。
昔は苦労してたどり着いて、いまより、
もっと感慨深いものがあったのでしょうね。
【2007/11/04 17:08】| URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集] |

大変な石段だと思いましたがお四国参りをしていると金比羅さんをしのぐ石段があります。
金比羅さんは真っ直ぐ高いのでスゴイと思いますが坂道に30段ほどになってたり100段位でジグザグに折れてたりで大変な石段がたくさんあります。
四国はせまくて山が多いせいでしょうか・・
【2007/11/04 17:09】| URL | Bako #1jhbtX.k[ 編集] |
オコジョ さん
 歩いて歩いて 泊まりを重ねて 関所を越えて 苦労して 行ったことでしょう。
 豊かな今 どのようにしての旅かしっかり思いをはせたいと思います。
 
【2007/11/04 17:47】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
Bako さん
 鍛錬 訓練 仏様に少しでも近いところ ありがたみを得るために高いところを選んだのかな?
 資材を運び上げる時間 気の遠くなる時間を 思います。重い足も おかげで 上がるように思いました。
【2007/11/04 17:50】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |

門司港は息子の以前勤務地
行ってしまったよ~好きです^^
「江どこだってねぇ」
「こっちとら深川の生まれよ」
これでもちゃきちゃきの江戸っ子です
あ~~~~でも関西弁を話すあっちゃ!
なんだっけ?二郎長親分 石松さん
わたしゃ思うんです
二郎長親分=小紋さん
石松=わてかなぁ^^;
【2007/11/04 19:35】| URL | わらわら母さん #sSHoJftA[ 編集] |

小紋さん おばんです。

古き時代の色気がいいですね・・・色気ゆうても色恋のな時代が持つ色気とはちがい、時代が持つ色香・・・そんなものが感じられます。
【2007/11/04 19:48】| URL | ひげ #-[ 編集] |
わらわら母さん へ
 あらー 門司港においででしたか ハヤシライス食べた? 谷村新司の行った店
 江戸っ子でしたか かんさいにいると関西弁になりますよね。わたしでよかったら ついてきて くだしゃんせ。 
【2007/11/04 20:08】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
ひげさん
 おばんです。一度言ってみたかった。
 関門海峡を 船でわたるのが いいのよ。
 
 
【2007/11/04 20:14】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |

そうだね

歩くことが、苦労と思わず
返ってみないところまで見えて
よかったのかもしれません

金毘羅さん
何十年も前に行きました
あれは、大変だったと今もわすれません^^
【2007/11/04 23:04】| URL | tonko #RgyCeBHA[ 編集] |

こんにちは。
金比羅さんには、過去3回行ってますが、3回とも、最後まで登りきっています。最初は途中で帰ろうと思っていても途中から意地になりますね。
門司のホテルは魚の形がモチーフのようですね。
【2007/11/04 23:37】| URL | 君平 #3/VKSDZ2[ 編集] |

小紋さん おはようございます。

小さい頃、森の石松を見て涙を流した記憶が・・・・一体幾つの頃・・・・・・。
【2007/11/05 05:30】| URL | ひげ #-[ 編集] |
tonkoさん
 おはようございます。あるくと ゆっくりですから え、こんなものがという発見はありますね。きつかったけれど もう一度おまいりしたい こんぴらさまです。いきたいみせもあります。
 
【2007/11/05 06:24】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
君平 さん
 3回ですか。私も そのくらいいってみたいです。平野の中に 山がある。不思議な象頭山にまたとおもいます。
 あれ魚の。。。今回はうしらからだけ。またハヤシライスたべにいってみてみます。
【2007/11/05 06:27】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
ひげさん
 昔は 歌謡曲・講談・落語・新派に歌舞伎
浪曲と ラジオでなんでも聞いてますから ほんとに 小さい頃でしょう。 
 私も鶴八鶴次郎のラジオ聞いて涙がでましたし、釣忍のせつなさも わかりました。よき情操教育だったのでしょうか。
【2007/11/05 06:33】| URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mitokomon.blog27.fc2.com/tb.php/595-e11ef065
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |