FC2ブログ
永平寺の車椅子
 道元によって開かれた曹洞宗の大本山 永平寺

 一面の美しい苔  老杉の大木にもまして 素晴らしいのは 

お参りに行った 私どもへの対応です。

 バスは 寺の近くに 乗客をおろします。

 入り口への 高い階段は もちろんあがれませんので、 1時間の時間を 入り口で 

待たしてもらうことにして 拝観を 断りました。

 あとで、添乗員は スロープを登り エレベーターで中に入り 車椅子を借りて 

回ったらどうかと 手配をしてくれました。一度は エレベーターまで行ったのですが

ここで だめと判断 元の位置に戻りました。

 ところが 若く屈強な お坊様が 車椅子を抱えて 階段に立っていたのです。

 断るはずの 私の口から出てきたのは 「ここに返しにくるから 集合場所のバスまで

車椅子を 貸してください」という まことに勝手な お願いです。

 いくつかのやり取りの末 おぼうさまの決断は 自分が坂道の下の集合場所まで

車椅子を押す。車椅子も 自分が 寺まで もってかえるということです。

 しかも寺の門を 出ることは禁じられているので 許可が要るから 

もうすこしまってくれというのです。

 いえ それでは修行に差し支えますと・・・押し問答の末  上の人の許可を取り 

母を乗せた車椅子は  土産物屋の並んだ門前の一番下のバスの停車場まで 

連れて行っていただいたのです。

 石の門の 入り口から 何百メートルでしょうか 若いお坊様は 何年ぶりかの

 門の外なのです。


 しかも 500円の 拝観料は 返してくださっています。

 そして 私も おなかの具合が わるかったのです。

 感謝しても しきれない この場所に あらためて 来たいと 思っています。

 

 

 

  
【2008/07/07 22:13 】 | 旅  趣味 | コメント(30) | トラックバック(0) |
<<なぎさで ドライブ | ホーム | 車椅子を 借りて>>
コメント
お坊様
由緒あるお寺のお坊様ともなると、門から外に出るだけでそんなに大変なのですか!
(実はちょっと出たかったのかな?)
ラストエンペラーの溥儀さんの幼少のころを思い出しました
前途多難な幕開けだった旅行のようですが、なかなか心に残るよい思い出となったようですね
お母様も幸せですね
【2008/07/07 22:32】| URL | kana2 #9fhmHjA6[ 編集] |
今夜、NHKで
鶴瓶の家族に乾杯、という番組で永平寺町が取り上げられていましたがご覧になりましたか?
永平寺に住む人々の真摯な気持ちが伝わってきて、私も思わず訪れたくなりました。
お坊様の修行って、ほんとうに頭が下がるようです。
【2008/07/07 23:41】| URL | 紫 #-[ 編集] |

3回分まとめて読ませていただき、グッときました。
ある意味得がたいすばらしい旅をなさったのですね。

ときに知る人の器の形。
【2008/07/08 00:00】| URL | 葉摘み #-[ 編集] |

旅行中はとかく我慢を強いられてしまう体調の悪さだけど、日頃の行いの良さ?
皆さん、なんて親切なんでしょうv-425 特に若いお坊さんのお母様への
行いは胸にぐっときました。おばさんは優しさに弱くて…、ウルウル。
【2008/07/08 00:19】| URL | バルおばさん #-[ 編集] |
みんなで支えあって美しいと感じました。
心配や不安があったと思いますが思い切って出かけられて良かったですね。
皆様にお世話になったとしてもそれぞれが陰徳です。
姑の脚が悪くて成田山にお参りできなくなって晩年は只管イオンのモールで車椅子を押しながら買い物したことを思い出しました。出来ることを出来るうちにすれば良いと思っています。
【2008/07/08 00:59】| URL | kazumi #-[ 編集] |

車椅子を押すのは意外とコツがいりますね。
助けがほしいときは助けていただくのも徳なのではないかと思うことがあります。
誰しも誰かの役に立てたと思うことで生きている価値に気づけるのではないかしら。。。
永平寺のお坊さんはきっと小紋さんのお母様を助けるコトで自分もシアワセになれたのではないかしらなんて思います。
自分もできることはしたいと思いました。
【2008/07/08 01:21】| URL | hiromi #-[ 編集] |
おはようございます
胸が熱くなりました。
ほんとに行って良かったですね。
【2008/07/08 06:58】| URL | mico #NkOZRVVI[ 編集] |
おはようございます
永平寺の拝観が出来なかったのは残念ですが、
それ以上に人の親切と優しさに触れたことは
何時までも、いい思い出になりますね。

このお坊さん、きっと立派なお坊さんになりますね。
【2008/07/08 07:23】| URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集] |
紫さん
 おはようございます。残念ですが 見損ねました。美しく手入れされた大木の数々 お寺が 住民にあいされていると感じました。
【2008/07/08 07:23】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
バルおばさんへ
 おはようございます。ウルウル ありがとう。体も顔も立派でしたが 決断の顔わすれられません。そうなりたいと思います。
【2008/07/08 07:28】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
葉摘みさん
 おはようございます。はい 得がたい素晴らしいたびでした。人の器 みさせてもらって みられてしまって   日々あらたに。
【2008/07/08 07:29】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
kazumi さん
 おはようございます。長年兼六園といいつづけていたので 行って本当によかったと思います。お義母様 楽しい外出 買い物で とても嬉しかったと思います。
【2008/07/08 07:32】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
hiromiさん
 おはようございます。そうですね お役にたてたり たすけてもらったり。何げないやり取りにでる そのひととなり おもしろくも こわくもありますね。若い彼の 理解あるお寺の 隆盛を祈ります。
【2008/07/08 07:36】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
micoさん
 おはようございます。ありがとうございます。苔の緑と 大木の緑 わすれられない景色となりました。
【2008/07/08 07:38】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
オコジョさん 
 おはようございます。親切と優しさ 外で拝観させてもらいました。堂宇の立派さ 境内の立派さ そしてそこに住む人の行き届いた心に 合掌です。
【2008/07/08 07:40】| URL | 小紋 #-[ 編集] |

曹洞宗 我が家は檀家のそうです
そうか~あの広い寺院拝観はできなかったのですね
でも 素晴らしい思いにふれられて
日頃の精進ですよ小紋親子の^^
日本の美がここにはあるような気がします
今度は元気で小紋親子さん 訪れて下さい
【2008/07/08 07:59】| URL | わらわら母さん #sSHoJftA[ 編集] |

小紋さん よかったですね・・・・。
【2008/07/08 08:56】| URL | ひげ #-[ 編集] |

小紋さん、出発前のアクシデントにひやりとさせられましたが、お母様と永平寺のたびを楽しまれてよかったですね。
読んでいて胸が熱くなることがしばしばでした。本当によかったですね。

世の中親切な方もたくさんですよね。
小紋さんのお母様との旅を読ませていただきながら、後悔の気持ちが・・・・・・私の母はとっても元気だったのにあまり出かけたがらないので一緒に旅をすることもありませんでした。畑の段取りをし、家を閉めてというのが億劫だったのかも知れません。去年突然なくなりましたが・・・・引っ張ってでも行っておけばよかったなと思うこのごろです。
【2008/07/08 10:47】| URL | moka #-[ 編集] |
ほんとうに良かったです!
我が事のように嬉しく思います。
うちは曹洞宗ですので―早朝4時頃にお参りに行きましたが、それは丁重な応対だったのを覚えています。
旅で親切にして頂けるとそれだけでその旅は最高の思い出になりますね。
【2008/07/08 13:42】| URL | Bako #1jhbtX.k[ 編集] |
Kana2 さん
 おはようございます。おかげで 心に残る 良い思い出となりました。 長年おもっていた兼六園への旅 喜んでくれました。 
【2008/07/08 15:09】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
良かったですね~~
おかあさま、とても芯の強い方とお見受けしました。
転んでも起きあがる女性の力強さに感服です。ウチの母なら最初から泣き言ででかけませんでしょう。

永平寺の仏様もお力添えでしょうか・・・思い出に残る良い旅をなさいましたね。

父も病中に車椅子で最後の(鹿児島へ)帰郷をしました。孫たちが助けましたが、喜んでいた顔がいまだに心に残っています。
【2008/07/08 16:58】| URL | われもこう #-[ 編集] |
人徳
永平寺の若いお坊さん、自分たちも外へ、という打算もあったのでしょうが(だって坊さんいうても外に出たいでしょう)、すすんでお世話を申し出るなんて、やっぱり坊さんですね。功徳が得られます。小紋さんたちの人徳のなせるわざでしょう。
そんないい人たちに囲まれた旅行は、ずっと心に残りそうです。

確か実家も曹洞宗だったはず。叔父貴たちが永平寺に参拝がどうのこうのと、小さい頃話をしていましたから。
【2008/07/08 17:01】| URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集] |
わらわら母さん へ 
 ありがとうございます。もう一度 あの場に立ってみたいと思います。楽しみが 一つ増えました。
【2008/07/08 17:08】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
ひげさん
 ありがとうございます。今日のおやつは 桃とシューアイス。一番たくさん食べたのは 母です。
【2008/07/08 17:09】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
mokaさん
 ありがとうございます。まあ突然で お力おとしのことでしょう。うちは 父の死後 出かけられるようになったのですが 高齢です。なるべく たくさんのところに でかけるようにいたします。
【2008/07/08 17:12】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
Bako ちゃん
 ありがとうございます。丁重な応対 親切 ほんまにありがたいですよね。別のところで 木で鼻をくくるような 応対を受けたこともありますので なおさら心にしみました。
【2008/07/08 17:14】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
われもこうさん
 確かに芯がつよく 元気ですので この年まで生き いきいきとしているのかもしれません。お父様 鹿児島への旅 よろしかったですね。父は 京都に行きたいみたいでしたが とても無理でした。その分まで 母を 連れて行ってやりたいと思います。 
【2008/07/08 19:34】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
阿修羅王さん
 お世話になっても 迷惑かけても 心に残る良い経験でした。ご実家は 曹洞宗ですか。叔父様 本山に参るお話を されていたのでしょうね。門徒でなくても 素晴らしい お寺でした。  
【2008/07/08 19:38】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
千里浜の砂ね・・・
お線香立てに灰のかわりに入れてます。
細かくて綺麗で飛ばなくって良いんですよ。
【2008/07/09 11:49】| URL | Bako #1jhbtX.k[ 編集] |
Bako さん
 知らなかった! 今度は行く前に 書いて   いい情報を もらってからにしようかしら。綺麗で 飛ばない ほんまにいいですね。
【2008/07/09 12:40】| URL | 小紋 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mitokomon.blog27.fc2.com/tb.php/837-4d0e451e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |