高台寺
   
 2日 フェリーで帰る 娘一家に ひっついて 関西に 行ってきました。

 13年ぶり位の 名門大洋フェリーです  うろうろする孫娘の御守 という

 名目で ついて行ったのに  おばあちゃんは 爆睡 爆睡 

猛暑の疲れを 取りました

 4日は 京都 高台寺に お参りしました。

 400年前の 豪華絢爛な金箔を 建築をみて 豊臣の  そして 徳川の

 あれこれに 思いをはせた小紋です。

 お昼は

 竹内 栖鳳の屋敷跡での イタリアンを 楽しみました。

 夫婦とではなく 孫たちとではなく  一人の散策は

 新しい風が こころに入ったようで 非常に爽快で 生き返ったようです。 

  IMG_2330.jpg

       IMG_2331.jpg
  
       IMG_2340.jpg
   
       IMG_2342.jpg

        出口の 竹は 良い色で 見送ってくれます

【2017/08/06 00:00 】 | 旅  趣味 | コメント(8) | トラックバック(0) |
伊都菜彩
     
  「今気になる 道の駅 直売所 弾丸ツアー ! 」   という   バスツアーに
 
    参加しました。

  芦屋(関西ではないです)の  とと市場・・・魚

  遠賀  ぶどうの樹・・・パン  結婚式場  レストラン

  宗像   道の駅むなかた・・・魚 野菜 なんでも

  糸島   伊都菜彩(いとさいさい)・・・・花   ソフトクリーム   野菜 なんでも

  糸島   糸島ハム・・・ハム  パン   ジャム

   ものすごい暑さの中  五か所を回るのです

   写真は 前から行きたかった 伊都菜彩 名物の  お花

   新鮮  安価  仏様用と スプレー薔薇 一抱え買いました。

   むなかたと糸島  今流行りの 販売所  車 車 車  です。 

   あれ  バスの乗り降り  なんともない  足の 調子いいです。

   IMG_2284.jpg
  博多から近く  前原  糸島は 超人気のところです
                IMG_2286.jpg
                  大雨の朝倉の お手伝いの帰りでしょう
                  お疲れさまでした  古賀 SA

【2017/07/18 00:00 】 | 旅  趣味 | コメント(12) | トラックバック(0) |
小鹿田焼
   とびかんな 模様
大分 日田の山奥  皿山に  小鹿田(おんた)焼の 窯元があります。

原田 マハ 「リーチ先生」 に バーナード・リーチが 小鹿田で

陶芸を学ぶ場面が あるのです。

 そうだ   「小鹿田 いってみよう」  

土曜は あまりの蒸し暑さに 

運転手が ノー と言いまして   2日に 行ってきました。

以前も 日田への道の途中までで 行くのをあきらめたことがあるので

今回は  ほんとに行きつくのかねという道を 走ってきました。

小鹿田の 代表的な模様  「とびかんな」 の 皿です。  
続きを読む
【2017/07/03 00:00 】 | 旅  趣味 | コメント(10) | トラックバック(0) |
奈良観光
   興福寺 五重塔
興福寺

三日目の 6日は 朝食後 遠方・用のある人は 帰宅の途に就き

 あとは 観光バスで 東大寺・春日神社・興福寺 を 回ります。

東大寺 南大門の超有名な 仁王像は 唯一 向かい合っていること

解体修理の時わかったのは  四千からの部位に わかれること

南大門から金堂に至る 石の道は この前の修理の時に

真ん中が黒っぽいインドの石をはさんで、 中国の石 韓国の石 そして一番外側が

日本の石を使って 仏教が伝来した  シルクロードを 表している 等々

バスガイドの話は とても為になりました。

しかも 鹿には (南大門から中は 数が少ないのですが) 縄張りがあって

鹿せんべいで釣っても 絶対 門から外 参道の店のある方へは

出ないとか・・・・・・・・・聞いてきました。
続きを読む
【2017/06/13 00:00 】 | 旅  趣味 | コメント(4) | トラックバック(0) |
法隆寺
     法隆寺
  5日 上天気の 斑鳩  

  法隆寺近くの 駐車場にある平宗(ひらそう)で 柿の葉寿司の昼飯です。 

  広大な境内  修学旅行生が いっぱいです。

  小紋も 中学校の 修学旅行で ここに来ました。

  屋根瓦を寄進して エンタシスを堪能 

  丹色のはげかけた

  柱や建物は 歴史を感じて 落ち着きます。
  
続きを読む
【2017/06/11 00:00 】 | 旅  趣味 | コメント(4) | トラックバック(0) |
前ページ | ホーム | 次ページ